ホンダの中期戦略(2):2014年以降北米からの輸出が20万台規模へ

北米とアジアの生産・販売を大幅拡大、ブラジルの開発体制を強化

2012/12/27

要 約

シビック
大幅マイナーチェンジし、2012年11月に
北米で発売したシビック

 ホンダは、2012年9月に、2016年度に成熟市場で300万台、新興国市場で300万台、世界で600万台の販売を目指す中期戦略を発表した(2012年度販売見通しは412万台)。

 本レポート「ホンダの中期戦略(2)」では、海外事業のうち、北米、欧州、アジア地域(中国を除く)、ブラジルでの販売および開発・生産体制拡充計画について報告する。

 北米は、2012年度販売見通し174万台を2016年度200万台に拡大する計画で、2016年度もホンダの最大市場となる見込み。また、円高の影響を避けるため日本からの輸出を減らし、北米を輸出拠点として強化する計画。2014年には北米からの輸出台数が日本から(北米への)の輸入台数を上回り、近い将来20万台規模の輸出を計画。このため大幅な生産能力増強を計画しており、2014年のメキシコ第2工場稼動開始により北米の生産能力は192万台に拡大し、さらなる増強もありうるとしている。

 欧州事業は、2009年度から営業赤字が続いている。ホンダは、新開発ディーゼルエンジンの投入など商品力を強化し、英国工場では次期型フィット(現地名ジャズ)は生産せずに、生産車種をシビックとCR-Vに絞って収益性を回復させる計画。

 中国を除くアジアでは、販売台数を2011年度の約20万台から2016年度120万台に大幅拡大する。東南アジアでは、タイ、インドネシア、マレーシアの生産能力を拡大し、アセアン域内での相互供給体制を確立して、各拠点の生産効率を向上させる。インドでは2013年初めからディーゼルエンジンを生産し、小型車に搭載する。

 ブラジルでは、世界6地域同時開発の一環として開発体制を強化し、ブラジル市場向け小型車はブラジルで開発するとしている。


関連レポートホンダの中期戦略(1):次期型フィットを世界6地域で同時開発(2012年12月掲載)



2016年度に北米で200万台販売を目指す

 北米はホンダの世界販売台数の4割強、売上高の5割弱、営業利益の約4割(2009~2011年度では50%強)を占めるホンダの最大市場。2012年度の販売見通しは174万台。

 2009年のホンダの米国Light-vehicle市場でのシェアは11.0%であった。東日本大震災とタイの洪水があった2011年は9.0%に下降したが、生産体制が回復し2012年1~11月のシェアは9.8%に持ち直した。

 ホンダブランドでは、2012年9月、最大の量販車であるアコードの新型車を発売した。2009~2011年の販売は年30万台を割り込んだが、年35万台の販売を目指す。アコードに続く量販車であるシビックも、モデルチェンジ後1年半であったが、不評であった内装を中心にマイナーチェンジし11月に発売した。アキュラブランドは、今後3年間で全てのモデルを一新する計画。

 ホンダは、2016年度世界販売目標600万台のうち、北米で200万台を販売する構想。ホンダは参入している全セグメントで販売を増加させるが、特にメキシコで2014年から生産するフィット次期型車シリーズを、これまでの年数万台から20万台レベルに引き上げ、アコード、シビック、CR-Vに次ぐ規模の車種に育てるとしている。

ホンダの米国モデル別販売台数

2007年 2008年 2009年 2010年 2011年 2011年
1~11月
2012年
1~11月
RL
ILX(RSX)
NSX
TL
TSX
ZDX
6,262
296
2
58,545
33,037
 
4,517
1

46,766
31,998
0
2,043
0

33,620
28,650
79
2,037


34,049
32,076
3,259
1,096


31,237
30,935
1,564
1,046


27,954
27,389
1,478
361
9,766

31,326
26,723
725
Acura Car 98,142 83,282 64,392 71,421 64,832 57,867 68,901
MDX
RDX
58,606
23,356
45,377
15,845
31,178
10,153
47,210
14,975
43,271
15,196
38,683
13,620
45,785
25,496
Acura Truck 81,962 61,222 41,331 62,185 58,467 52,303 71,281
Acura計 180,104 144,504 105,723 133,606 123,299 110,170 140,182
Accord
Civic
Crosstour
CR-Z
FCX
Fit
Insight
S2000
392,231
331,095


10
56,432
3
4,302
372,789
339,289


11
79,794
0
2,538
290,056
259,722
0
0
5
67,315
20,572
795
282,530
260,218
28,851
5,249
17
54,354
20,962
85
235,625
221,235
17,974
11,330
2
59,235
15,549
5
217,958
200,690
16,679
10,766
2
54,097
14,859
3
302,444
284,791
18,665
3,949
5
45,666
5,536
 
Honda Div. Car 784,073 794,421 638,465 652,266 560,955 515,054 661,056
CR-V
Element
Odyssey
Pilot
Ridgeline
219,160
35,218
173,046
117,146
42,795
197,279
26,447
135,493
96,746
33,875
191,214
14,884
100,133
83,901
16,464
203,714
14,247
108,182
102,323
16,142
218,373
11,534
107,068
116,297
9,759
196,787
11,518
95,579
104,656
8,291
255,919
3
116,854
103,482
12,515
Honda Div. Truck 587,365 489,840 406,596 444,608 463,031 416,831 488,773
Honda Div.計 1,371,438 1,284,261 1,045,061 1,096,874 1,023,986 931,885 1,149,829
米国ホンダ合計 1,551,542 1,428,765 1,150,784 1,230,480 1,147,285 1,042,055 1,290,011
ホンダのシェア 9.6% 10.8% 11.0% 10.6% 9.0% 9.0% 9.8%
米国全体需要 16,154,064 13,245,718 10,431,509 11,589,844 12,778,885 11,535,196 13,136,306

資料:Automotive News、米国全体需要はLight-vehicleの販売台数。

 



2014年以降北米から20万台を輸出、日本からの北米への輸入台数を超える見込み

 ホンダは、2012年12月に米国からの輸出累計台数100万台達成を記念し、出航セレモニーを行った。現在、米国内の4拠点で生産している「アコード」「シビック」「パイロット」などの11車種を世界40カ国以上に輸出している(北米地域外への輸出台数で、NAFTA内のカナダ・メキシコへの輸出は除く)。2013年以降、米国でのみ生産している車種やアキュラブランド車を中心に輸出を拡大していく。

 ホンダの、北米からの輸出台数は、2011年に5.3万台、2012年は約10万台、メキシコ工場が稼働開始する2014年には日本からの輸入台数を上回り、近い将来約20万台に達するとしている。

 一方、米国販売での北米生産車比率は2012年1~11月には90%に達し、さらに中期的に95%を目指すとされ、日本からの輸入台数は大幅に減少する見込み。

北米からの輸出を強化、2014年に日本からの輸入を超える見込み

2007年 2008年 2009年 2010年 2011年 2012年 2014年
以降
日本からの輸出総台数 707,049 650,308 250,268 305,412 235,087
(内)北米向け 414,227 346,975 144,696 199,445 161,553
米国販売車北米生産比率 76.2% 77.0% 84.3% 87.0% 85.1% 90.0%
北米生産台数と北米からの輸出
北米生産台数 1,432,731 1,421,427 1,030,958 1,287,775 1,103,127
北米生産能力 163万台 192万台
北米からの輸出 5.3万台 約10万台 約20万台
資料:ホンダの月別生産・販売・輸出実績リリース
(注) 1. 米国販売車北米生産比率は、米国での「北米生産車販売台数/輸入車を含む総販売台数」。北米はメキシコを含む。2012年の米国販売車北米生産比率は1~11月実績。
2. ホンダはアキュラブランドを、現在販売している北米・中国で強化するとともに、ロシア、ウクライナ、アラブ首長国連邦、サウジアラビア、ブラジルなどに展開する計画。これらの多くが、北米から輸出される見込み。

 

 



北米の生産能力を強化

 ホンダは、北米での販売拡大と輸出余力を創出するために、生産能力を大幅に拡大する。

 2012年のホンダの北米生産能力は163万台、アラバマ工場で4万台増、インディアナ工場で5万台増やし、さらに生産能力年20万台のメキシコ第2工場が稼働する2014年には192万台に増強される。

 しかし以上の計画を実施しても、シビックやアコードの販売が伸びればまだ生産能力不足が予想され、米国・カナダの工場のさらなる増強もあり得るとしている。

 また、ホンダはメキシコ第2工場が軌道に乗った後に、年産20万台の第3工場を建設する計画と報道されている。

ホンダの北米生産能力増強

メキシコ 第2工場  800百万ドルを投資して、メキシコに年産20万台の完成車工場を建設中。2014年からフィットおよび派生モデルを生産し、米国を中心に供給する。
アラバマ工場  2013年初めに400百万ドルを投資し、オデッセイ、パイロット、リッジラインを生産しているアラバマ州Lincoln工場の年産能力を4万台増の34万台として、アキュラMDXの生産をカナダ・オンタリオ工場から移管する。V6エンジン搭載車の生産をアラバマ工場に集約し効率を高める。(注3)
インディアナ工場  2013年初めに、40百万ドルを投資して、年産能力を20万台から25万台に増強し、シビックを増産、シビック・ハイブリッド車の生産も日本から移管する。
メキシコ 第3工場  ホンダは、メキシコ第2工場が軌道に乗った後、第2工場と同じ年産20万台規模の第3工場を建設し、2016年にも生産開始する方針と報道されている。実現すると、北米の生産能力は212万台に拡大する。
(注) 1. 上記は、完成車工場での生産能力増強。ホンダはこの他に、オハイオ州のAnnaエンジン工場、同州Russells Pointトランスミッション工場などで、パワートレインおよび関連部品製造能力を増強している。
2. オハイオ州のMarysville工場は、ホンダアコードと姉妹車のアキュラTLを生産している。2012年1~10月にアコードを33.6万台生産した(前年同期は19.5万台)。さらに日本の狭山工場で、2012年半ば以降輸出用アコードの生産を中止したため、新型アコードの輸出車生産もMarysville工場が全面的に担当することとなり、大幅増産している。Marysville工場の年産能力は44万台。
3. 現在日本の狭山製作所から輸出しているCR-Vの生産の一部を、カナダ工場に移管する(CR-Vの2012年1~11月米国販売25.6万台のうち3.9万台が日本からの輸入車)。カナダ工場は、シビック、CR-Vの4気筒車生産に特化する。

 

 



次期型シビックとアコードを北米で開発

 ホンダは、グローバル規模で開発の現地化を進めている。また、フィットのようなグローバルモデルは、世界6地域で同時に開発する方針。

 また、北米をアキュラブランド車開発と生産の拠点とし、今後3年以内に全モデルを一新すると発表している(2012年1月発表)。

 次期型シビックとアコードについても、世界販売の半分以上を販売する北米で開発する計画。

シビックとアコードの次期型車を北米で開発

 ホンダは、2016年頃に発売する次期型シビックとアコードから、開発業務を米国に移し、北米事業を強化する方針。また両モデルは、世界販売の半分以上を北米で販売し、日本で開発する意味が薄れたとしている。
 ホンダは、米国子会社の「ホンダ R&D アメリカズ(Honda R&D Americas, Inc.)」で次期型シビックの開発に着手した。車体や内装の設計から調達部品の選定まで米国人技術者を中心に行う。近く次期型アコードの開発も開始する。
 従来は、ホンダ子会社の本田技術研究所に約9,000人の技術者を集め、世界各国向けの新車開発を担当してきた。今後は、研究所から海外向けの車の開発を徐々に切り離し、先端技術を世界各地に提供する役割を強化する方針。
 ホンダは、米国の開発体制は、日本から赴任した約200名を含め約2,000名の技術者を抱え、ガソリン車についてはパワートレインも含め十分な開発力を持つに至ったとしている。電動車両については、今日まで日本に集中してきたので、次期型シビックやアコードの開発に向け、電動車両開発の設備とノウハウを米国に移管する方針。

(注)ホンダは2012年1月に、3モーター方式のハイブリッドシステムを搭載する次期型アキュラNSXを米国で開発し、米国で生産することを発表している。

 



欧州事業:商品力を強化し、2015年までに英国工場フル稼働を目指す

 ホンダの欧州事業は、欧州の景気低迷とユーロ安のため下降を続け、英国工場の稼働率は5割程度で、ホンダの業績は2009年度から営業赤字が続いている。

 1シフト制の生産が続いていた英国工場は、新型シビックと新型CR-V生産開始を機に2ラインとも2シフト体制に戻した。2012年度欧州販売は20.5万台を目指す。

 英国工場では、次期型フィット(現地名ジャズ)は生産せず、シビックとCR-Vに生産を絞り、それぞれにディーゼルエンジン車やシビックワゴンなど有力な派生車を設定し生産する。2015年までに英国工場の年産能力25万台をフル稼働させる計画。

ホンダの欧州事業業績

2008年度 2009年度 2010年度 2011年度 2011年
4~9月期
2012年
4~9月期
2012年度
見通し
生産台数(台) 174,535 99,346 139,114 104,748 39,153 78,502
日本からの輸出(台) 142,008 45,725 40,614 31,996 16,195 9,448
販売台数(台) 350,000 249,000 198,000 158,000 75,000 83,000 205,000
所在地別売上高(百万円) 1,278,902 825,472 699,298 580,792 295,470 292,450
同上営業利益(百万円) 10,201 (10,872) (10,203) (12,109) (10,133) (16,359)
為替レート(1ユーロ) 142円 130円 114円 108円 113円 101円 103円

資料:ホンダの連結決算資料、四輪車生産・販売・輸出実績のリリース

 

欧州での事業体制の強化

英国工場の2ラインを
2シフト体制
 英国工場は、2ラインとも1シフトで生産していたが、2011年末に2本あるラインのうち1本を2シフト制にして、新型シビックの生産を開始した。 2012年11月に、もう1本のラインも2シフト制にして、新型CR-Vの生産を開始した。
新開発
ディーゼルエンジン
 2013年初めに、新開発1.6Lディーゼルエンジンをシビックに搭載する。 2013年秋にCR-Vにも搭載する。
シビックワゴン  2014年に、欧州専用のシビックワゴンを発売する(2012年9月開催のパリモーターショーにスケッチを出展した)。
シビックType-R  シビックのスポーツタイプ車Type-Rを、2015年をめどに発売する。
生産車種を2車種に
絞り、効率アップ
 英国工場では、シビック、CR-V、フィット(現地名ジャズ)の3車種を生産しているが、2014年に投入する次期型フィットは英国工場で生産せず、中国広州市の輸出専用工場からの輸入を増やすなどで対応する計画。生産車種を2車種に絞り、同時にシビックとCR-Vの派生車の生産を増やし効率を向上させる。
フル生産を目指す  2015年までに、生産効率を高めながら、英国工場を25万台のフル稼働とする方針。

 

 



アジア:生産体制を強化、アセアン地域内の相互供給を拡充

 ホンダの中期戦略では、中国を除くアジアの販売を、2011年度約20万台から、2016年度120万台に拡大する計画。

 タイ、マレーシア、インドネシアで完成車生産能力拡大を計画し、タイ工場からシビック、シティやブリオをインドネシアに輸出するなど、アセアン地域内での完成車相互供給を前提に、各拠点の生産車種を絞り効率を高める。タイを重要な輸出拠点として、今後も増強していく見込み。

東南アジア各国での生産能力を増強

タイ:2013年中に29万台に増強、さらに新工場建設も検討
タイ工場の
生産再開と能力増強
 タイ工場では、洪水の影響で2011年10月4日に生産を停止したが、2012年3月26日に生産を再開した。ホンダは、約250億円を投資して大半の設備を入れ替え、生産管理用コンピューターを上層階に移すなどの改造を行って再開にこぎつけた。タイ工場の年産能力は24万台。
 ホンダは、タイ工場の年産能力を、2013年度中に約29万台に引き上げる計画。20億~30億円を投資して、溶接や塗装工程の設備能力を増強する。 さらに、現工場の操業は維持しながら、2015年稼働をめどに、タイ国内の他地域に新工場を建設することも検討している。
フィットHVを生産  2012年7月、タイ工場でフィットHV(ハイブリッド車)(現地名ジャズHV)の生産を開始した。タイ国内で年間 1万台の販売を目指し、またオーストラリアやニュージーランドに輸出する。
ブリオ アメイズを発売  2012年11月、新型小型セダン「BRIO AMAZE(ブリオ アメイズ)」を発売した。2011年5月に発売した5ドアハッチバック「BRIO」のプラットフォームをベースとし、1.2Lエンジンを搭載し、全長3990mmのコンパクトなサイズとした。BRIOに引き続き、タイ政府からエコカーの認定を受けた。価格は日本円換算で約118万円から。
インドネシア:新工場を建設し、年産能力を3倍の18万台へ
年産能力を3倍の
18万台へ
 ホンダは、約270億円を投資して、インドネシアの既存工場敷地内に年産12万台の新工場を建設する。2014年3月に生産を開始し、同国での生産能力は現在の6万台から18万台に拡大する。2012年8月に輸入販売を開始した「ブリオ(BRIO)」は、2013年から既存工場で、2014年から新工場で生産する。インドネシアを、タイに次ぐ中核拠点に育成する。
現地調達率を
80%に高める
 また現地での開発力を高め、効率的な生産体制を構築し、さらに現在約50%である部品の現地調達率を約80%まで高めることにより、高品質な製品をスピーディーに、手頃な価格で提供するとしている。
CR-Zを投入  ホンダは、2013年初めに、インドネシア市場にハイブリッド車CR-Zを発売する。東南アジアでCR-Zを販売するのは、タイ、マレーシア、シンガポールについで4カ国目。日本で2012年9月に発売した、リチウムイオン電池を搭載するモデルを投入する。
マレーシア:生産能力を10万台へ倍増
第2ラインを建設  2012年7月に、マレーシア・マラッカ州の既存工場内に、第2ラインの建設を開始した。投資額は約87億円。マレーシア工場の年産能力は、現在の5万台から2013年内に10万台に倍増する。第2ラインでは、フィット(現地名ジャズ)など小型車やハイブリッド車を生産する。
ハイブリッド車を組立  2012年春に、フィットHVの輸入販売を開始し、2012年にHV 1万台販売を見込む。フィットHVは、2012年末に既存ラインで組立を開始し、2013年に第2ラインに移管する予定。 マレーシアは、東南アジア最大のハイブリッド車市場で、ホンダは2011年にインサイトを4,600台販売した。

 

インド:2016年度30万台販売を目指す

 インドでは、2013年初めから現地生産するディーゼルエンジンを小型車に搭載する。インドでの販売を、2011年度の約5万台から2016年度30万台に引き上げる方針。

インド合弁会社を
完全子会社化
 ホンダはインドでの四輪事業を再編した。ウシャインターナショナル(Usha International)が所有していた、ホンダのインドにおける現地生産販売会社の株式の3.16%をホンダが買い取り、社名を、旧 Honda Siel Cars India Ltd. からHonda Cars India Ltd. に変更した。ホンダは、完全子会社とすることにより、意思決定の迅速化を図る。
販売車種を見直し  ホンダは、インドでの販売車種を見直す方針。2011年4月に北米に投入した新型Civic、2012年秋からグローバルに投入を開始した新型Accordはインド市場に投入せず、旧型の生産を継続する(両モデルとも年間販売台数が1,000台前後であり、生産の打ち切りも検討する)。2011年9月に投入したBRIOなど、小型車に経営資源を集中する。
ディーゼルエンジン
を生産
 またホンダは、ディーゼルエンジンを持たないことでインドでの販売が出遅れている。300億円を投資して、インド子会社の第2工場(ラジャスタン州に建設した。エンジン部品などを生産しているが、完成車工場の稼動は延期されている)敷地内に生産設備を導入し、1500ccディーゼルエンジンの生産を2013年初めから開始し、インドで販売する全小型車に搭載する計画。

 

 



ブラジル:R&D体制を強化、アキュラブランドも投入

 ホンダは、2012年10月開催のサンパウロモーターショーで、ブラジルの研究開発体制を強化する方針を発表した。世界6地域で同時並行開発する「グローバルオペレーション改革」の一環。またブラジルではフィットよりワンランク下の低価格車市場が大きいが、アジア市場向けエントリーカーのブリオをそのまま持ってくるのでなく、体制を大幅強化するブラジルの開発部門が開発するとしている。

ブラジルの開発体制を強化、アキュラブランドも投入

研究開発を強化  ホンダは、今後2年間にブラジルに約40億円を投資して、現地開発を強化すると発表した。新研究開発施設を2013年中に完成させるとともに、開発担当者の数も現在の約100人から数百人規模に拡充する。
 今回の強化は、全世界6地域が同時に新車開発を行う「グローバルオペレーション改革」の取り組みの一環で、現地ニーズを反映した設計開発や、現地調達部品の採用拡大などを通じ、ブラジルの顧客のニーズに応える新車種を開発し投入していく。
アキュラ車を
2015年に投入
 ホンダは、2015年にブラジル市場にアキュラブランド車を投入すると発表した。2012年10月開催のモーターショーには、アキュラNSX、RDX、ILXの3車種を参考展示した。商品供給は、米国からの輸入が中心になるとしている。

ブラジル専用モデルを投入

FIT twist  ホンダは、2012年10月開催のサンパウロ国際モーターショーに、ブラジル開発部門が初めて開発したモデル「FIT twist」を出展し11月に発売した。Fitをベースに、専用フロントグリルやルーフレールを採用し、スポーティーなイメージを高めたブラジル専用仕様車。
フレックス
フューエル車
 さらに、 2013年発売予定のCR-V Flex、2000ccエンジンを採用した新型Civicなど、ブラジル市場で主流のフレックスフューエルに対応するラインアップを発表した。
アルゼンチンからブラジルへ「シティ」の輸出を開始
 2012年7月、ホンダのアルゼンチン工場は、ブラジル向けシティの輸出を開始した。2012年末までに、「シティFFV(Flexible fuel vehicle)」約6,500台(150百万米ドル相当)を輸出する予定。ホンダがアルゼンチン生産車を海外輸出するのは初。

 

 



ホンダの世界生産台数と、所在地別売上高・営業利益

ホンダの地域別生産台数

(台)
2007年度 2008年度 2009年度 2010年度 2011年度 2011年
4~9月
2012年
4~9月
国内生産 1,296,682 1,148,361 901,775 912,307 870,455 294,234 483,184
北米
(内)米国
1,441,265
1,019,135
1,251,029
857,802
1,152,009
827,946
1,291,556
963,911
1,229,005
905,869
454,438
344,742
814,670
580,642
欧州 247,189 174,535 99,346 139,114 104,748 39,153 78,502
アジア
(内)中国
819,251
492,008
828,851
512,076
991,999
652,596
1,085,457
687,632
834,409
636,054
399,122
270,019
609,896
349,795
その他 151,096 171,521 159,401 147,928 96,007 44,225 89,426
世界生産 3,955,483 3,574,297 3,304,530 3,576,362 3,134,624 1,231,172 2,075,678

資料:ホンダの月別四輪車生産・販売・輸出実績

 

ホンダの所在地別売上高と営業利益

(100万円)
2008年度 2009年度 2010年度 2011年度 2011年
4~9月期
2012年
4~9月期
売上高 日本
北米
欧州
4,162,587
4,779,124
1,278,902
3,305,777
3,908,216
825,472
3,611,207
4,147,897
699,298
3,362,952
3,714,756
580,792
1,430,711
1,528,073
295,470
1,931,744
2,269,473
292,450
アジア
その他地域
1,608,231
1,144,220
1,518,580
896,491
1,841,167
982,083
1,490,478
893,132
781,236
474,310
1,052,271
450,014
消去または全社 (2,961,823) (1,875,362) (2,344,785) (2,094,015) (909,312) (1,288,757)
連結 10,011,241 8,579,174 8,936,867 7,948,095 3,600,488 4,707,195
営業利益 日本
北米
欧州
(161,616)
79,702
10,201
(29,135)
236,379
(10,872)
66,118
300,922
(10,203)
(109,834)
223,293
(12,109)
(81,203)
66,218
(10,133)
91,025
108,966
(16,359)
アジア
その他地域
103,603
135,062
113,006
45,808
150,637
69,549
76,870
56,956
46,976
38,808
68,154
22,819
消去または全社 22,691 8,589 (7,248) (3,812) 14,424 2,275
連結 189,643 363,775 569,775 231,364 75,090 276,880

資料:ホンダ連結決算資料
(注)中国合弁事業の現地生産による売上高と営業利益は上表には含まれず、合弁会社でのホンダの持分利益が連結業績の営業外損益に反映されている。

関連会社持分利益 99,000 93,200 139,700 100,400 44,200 48,200
(内)アジア 97,500 90,800 111,100 87,900 44,200 46,200


(参考資料)ホンダの決算発表資料、プレスリリースと各紙報道

                     <自動車産業ポータル、マークラインズ>