Hyundai/Kia の新型車装備:Kia K9に先進的な安全・運転支援装備を搭載

直噴/直噴ターボエンジンの搭載拡大、8速ATの採用開始

2012/08/30

要 約

本レポートでは、現代自動車グループ (現代自動車と起亜自動車) が2011年夏以降の約1年間に発売した新型車7車種について、主要装備とエンジン/変速機の設定状況をまとめた。(新型車7車種には、新モデルとフルモデルチェンジ車のほか、大幅な改良を加えた2車種を含む。)

 主要装備の設定状況では、起亜自動車が新型フラッグシップセダンK9に、先進的な予防安全装備や運転支援装備を数多く搭載。現代自動車は、中型クロスオーバーSUVのSanta Feや欧州向けに開発した初のDセグメント車 i40 に、新開発の走行安定性装備や快適装備を搭載した。

 エンジン/変速機の設定状況では、現代/起亜自動車とも直噴ガソリンエンジンの搭載が拡大。直噴技術とターボを組み合わせた直噴ターボエンジンの設定も拡大した。変速機では、新開発の8速ATをGenesis CoupeとKia K9に採用した。

Kia K9
Kia の新型フラッグシップセダン K9 (レスポンス提供)
関連レポート: 

米国の新型車装備 (2012年5月掲載)、日本の新型車装備 (2012年2月掲載)、

欧州の新型車装備 (1)(2011年9月掲載)、(2)(2011年10月掲載)

Hyundai/Kia が2011年夏以降に発売した新型車

Segment Brand Model 概要
B Hyundai 新型 i20  2008年発売の欧州市場向けBセグメントハッチバック車にマイナーチェンジを加え、2012年春に発売。Bセグメントとして初めて、現代自の新デザイン言語 'fluidic sculpture (流れるような彫刻)' を採用。パワートレインと装備も更新した。
C Hyundai 新型 i30  現代自の欧州部門が開発した欧州向けモデルの2代目。2012年初頭に5ドアハッチバック、7月にワゴンを発売。'fluidic sculpture' を採用。チェコ工場で生産する。年販目標は12万台。
Kia 新型 cee'd  欧州市場向けに開発した5ドアハッチバックとワゴンの2代目。初代は2007年に投入。2代目も引き続きスロバキア工場で生産する。Hyundai i30とプラットフォームを共用。
D Hyundai 新型 Santa Fe  中型クロスオーバーSUVの3代目。'fluidic sculpture' を採用。2列5人乗り。新たに、ホイールベースを拡張した3列7人乗りを設定。米国では2列5人乗りを Santa Fe Sportとして2012年8月に、3列7人乗りを Santa Fe として2013年1月に発売する。
新型
Genesis Coupe
 現代自初の後輪駆動セダンGenesisのクーペモデル。2008年に発売した初代モデルに大幅なマイナーチェンジを加え、2011年末に韓国、2012年初に北米に投入した。
i40  2009年に発売した新型 Sonata のプラットフォームをベースとする中型セダンとワゴン。現代自にとって欧州向けに開発した初のDセグメント車。'fluidic sculpture' を採用。2011年7月にワゴン、秋にセダンを発売。
E Kia K9  起亜の新型フラッグシップセダン。起亜ブランド初の後輪駆動セダンで、現代自の大型セダン Equus のプラットフォームを採用。全長5090mm。最高級車としてBMWやM-Benz車と競合させる方針。2012年5月に韓国に投入。同年第4四半期から 'Quoris' 名で海外市場に投入し、2014年半ばに北米にも投入する見込み。


新採用された先進装備:トルクベクタリングシステムや予防安全システム

 走行安定性装備では、ESCと電動パワーステアリングを協調制御する Vehicle Stability Management (VSM) の設定が小型車にまで拡大。また、VSMとエンジントルク、ブレーキを協調制御するActive Cornering Control(従来のトルクベクタリングシステムと同機能)を、現代自がSanta Feに初採用。燃費向上装備では、欧米向けモデルにアイドリングストップ機構 Intelligent Stop & Go の搭載が拡大した。

 衝突安全性装備では、中型車以上に、助手席乗員の体格によってエアバッグの展開を停止するAdvanced Dual Front AirbagsやDriver's Knee Airbagの搭載が拡大。

 運転・駐車支援装備では、Kia K9に、自動ブレーキを含む予防安全システムAdvanced Vehicle Safety Managementを搭載。システムが駐車スペースを検知し、ステアリング操作も自動化したSmart Parking Assist System、電動パワーステアリングのアシスト量を選択できるDriver Selectable Steering Mode/Flex Steerの搭載が拡大した。

 視認性確保では、ステアリング操作に連動してヘッドライトの光軸を調整し、常に進行方向を照射するAdaptive Front Lighting の搭載が拡大。Kia K9にはFull LED Headlampsを設定した。

 シートでは、後席にヒーターを内蔵するHeated Rear Seats、前席に冷風機構を持たせたVentilated Front Seatsの搭載が拡大。

 快適・利便性装備では、運転席と助手席の空調を個別に調整するDual Zone Climate Control、ステアリングにヒーターを組み込んだHeated Steering Wheelの搭載が拡大。北米市場向けモデルには、現代自が米国向けに開発したテレマティクスシステム Blue Link を搭載した。

Hyundai/Kia が最近の新モデル・新型車に設定した主な先進装備

Hyundai Kia
走行安定性
(燃費向上を含む)
Vehicle Stability Management (VSM) Santa Fe, i40, i30, i20 cee'd
Active Cornering Control All Wheel Drive Santa Fe
Intelligent Stop & Go i40, i30, i20 cee'd
衝突安全性 Advanced Dual Front Airbags Santa Fe, Genesis Coupe
Driver's Knee Airbag Santa Fe, i40, i30
運転・駐車支援 Advanced Vehicle Safety Management K9
Driver Selectable Steering Mode/Flex Steer Santa Fe, i30 cee'd
Smart Parking Assist System i40 cee'd
視認性確保 Adaptive Front Lighting System i40 K9, cee'd
Full LED Headlamps K9
シート Heated Rear Seats Santa Fe, i40 K9
Ventilated Front Seats i40
快適・利便性 Dual Zone Climate Control Santa Fe, i40 cee'd
Heated Steering Wheel Santa Fe, i40 cee'd
Blue Link (telematics system) Santa Fe, Genesis Coupe

 

 



エンジンと変速機:直噴/直噴ターボエンジン、低燃費ディーゼルエンジンの搭載拡大

 現代自動車グループは、自社開発した初の直噴ガソリンエンジン2.4L GDI をはじめ、1.6L、3.3L、3.8Lの直噴エンジンを開発し、Hyundai Santa Fe, Genesis Coupe, i40と Kia K9, cee'dに搭載。Santa FeとGenesis Coupeには、直噴技術とツインスクロールターボを組み合わせた2.0L Turbo GDIも設定した。

 欧州向けモデルのHyundai i40, i30, i20とKia cee'dにはディーゼルエンジンも設定。Hyundai i20には欧州で開発した1.1L CRDiを搭載し、CO2排出量を84g/kmに抑えた。

 変速機では、Genesis Coupeが新開発の8速ATをオプション設定。Kia K9は8速ATを標準装備した。

D/Eセグメント:Hyundai Santa Fe, Genesis Coupe, i40 と Kia K9 のエンジン/変速機

Santa Fe、Genesis Coupe は北米仕様、i40は欧州仕様、K9は韓国仕様の装備。
◎は全仕様に標準装備、○は一部仕様に標準装備、△はオプション設定。
Hyundai Kia
Santa Fe Genesis
Coupe
i40 K9
1.6L Petrol GDI with D-CVVT (135PS) (Gamma)
2.0L Petrol Turbo GDI (Theta II) ○(5人乗り)
2.4L Petrol GDI with D-CVVT (Theta II) ○(5人乗り)
3.3L Petrol GDI V6 (Lambda II) ○(7人乗り)
3.8L Petrol GDI V6 with D-CVVT (Lambda, 348ps/334ps)
3.8L Petrol MPI V6 with D-CVVT (Lambda, 290Ps)
1.7L Diesel CRDi (115PS)
6-speed manual transmission
6-speed automatic transmission
6-speed automatic transmission with SHIFTRONIC
8-speed automatic transmission
8-speed automatic transmission with SHIFTRONIC and paddle-shift
資料:現代自動車英国/米国公式サイト、現代/起亜新車発表資料
(注) 1. D-CVVT は Dual Continuously Variable Valve Timing。吸排気バルブの開閉タイミングを可変にし、排出ガスの低減とパワーの増大を図る機構。
2. 2.0L Turbo GDI (264hp) を搭載したSanta Fe Sport (5人乗り) は、Hyundai のクロスオーバーとして初めて直噴とターボを組み合わせたモデル。同エンジンが採用するツインスクロールターボは、排気通路の流路を 2つに分け、低速域では1つの流路に、中高速域では2つの流路に排気を通す。排圧を調整することにより、低速域でのレスポンスとパワーを高め、高速域では排気干渉を防ぐ。同エンジンを搭載した Santa Fe Sport のEPA高速燃費は31mpg。
3. 2.4L GDI は、Hyundai が独自開発した直噴ガソリンエンジンで、D-CVVT および VIS (Variable Intake System, 可変吸気システム) を採用。VISは、エンジンの回転数に応じて、吸気管の本数・長さ等を変え、吸入する空気量を調節して、吸入効率を最適にする。最高出力は190hp、最大トルクは181lb-ft。同エンジンを搭載する Santa Fe Sport (5人乗り) の EPA高速燃費は AT搭載の CUV/SUV ではトップの 33mpg。
4. 3列7人乗りのSanta Fe が搭載する3.3L GDI は、直噴技術を採用したV6エンジン。エンジンの排気量を大きくせずに、出力 (290hp) とトルク (252lb-ft) の拡大、燃費改善 (推定混合燃費 22mpg)、排出ガス低減を図る。
5. Hyundai Genesis Coupe が搭載する改良型 3.8L GDI 直噴エンジンは、最高出力が旧型比14%増の348hp、最大トルクが11%増の295lb-ftに向上。D-CVVT と VIS も採用する。
6. Hyundai i40が搭載する 1.6L Petrol GDI は、直噴と D-CVVT技術により排出ガスと騒音・振動を低減している。
7. Hyundai i40 の低燃費モデルBlue Drive (アイドリングストップ機構搭載) のうち、1.7L CRDi ディーゼルエンジン搭載車は、CO2排出量が113g/km、欧州複合モード燃費が65.7mpg(UKガロン)。 *1mpg(UKガロン) = 0.83mpg(USガロン)
8. Kia K9 が搭載する3.8L GDI/MPI エンジンは、いずれもD-CVVT と VIS を採用し、パワーと効率性を向上させた。K9の海外モデル Quoris は、まず 3.8L MPI を搭載し、発売後 2年目から直噴技術を採用した3.8L GDI も搭載する。
9. Kia K9 が標準搭載する新開発の8-speed automatic transmission は、shift-by-wire 技術を採用し、ジョイスティックでの操作が可能。
10. Hyundai Genesis Coupe がオプション設定する新開発の 8-speed automatic transmission は、ロックアップ機構付きトルクコンバーターを採用。パドルシフト式のマニュアルモード (SHIFTRONIC) 付き。

 

Cセグメント:Hyundai i30 と Kia cee'd のエンジン/変速機

i30とcee'd は欧州仕様の装備。◎は全仕様に標準装備、○は一部仕様に標準装備、△はオプション設定。
Hyundai Kia
i30 cee'd
1.4L Petrol with CVVT (100PS)
1.6L Petrol with CVVT (120PS/135PS)
1.6L Petrol GDI with CVVT (120PS/135PS)
1.4L Diesel CRDi (90PS)
1.6L Diesel CRDi (110PS/128PS)
6-speed manual transmission
6-speed dual-clutch automated manual transmission
6-speed automatic transmission
資料:現代自動車英国公式サイト、起亜自動車英国公式サイト、新車発表資料
(注) 1. Hyundai i30/Kia cee'd が搭載する改良型 1.6L ディーゼルエンジンは可変ジオメトリーターボ付きで、最高出力は110ps/4000rpm、最大トルクは260Nm/1900rpm。同エンジンを搭載した 5ドアハッチバックモデルのCO2排出量は97g/km、欧州複合燃費は76.3mpg(UKガロン)。
2. Kia cee'd には、Hyundai i30にはない、1.6L GDI 直噴ガソリンエンジンと6速デュアルクラッチATとの組み合わせも設定されている。

 

Bセグメント:Hyundai i20 のエンジン/変速機

i20 は欧州仕様の装備。◎は全仕様に標準装備、○は一部仕様に標準装備、△はオプション設定。
Hyundai
i20
1.2L Petrol
1.4L Petrol
1.1L Diesel CRDi (U-II)
1.4L Diesel CRDi
5-speed manual transmission
6-speed manual transmission
4-speed automatic transmission
資料:現代自動車英国公式サイト、新車発表資料
(注) 1. 1.1L CRDi 3気筒エンジン (U-II) (75PS) は、Hyundai 欧州 R&D センターの Diesel Center of Excellence で開発したクリーンディーゼルエンジン。同エンジンを搭載した Hyundai i20 Blue Drive車(アイドリングストップ機構搭載)は、欧州複合燃費が 88.3mpg(UKガロン)、CO2 排出量は 84g/km で、英国で販売されるディーゼル車ではトップ。
2. 改良された1.4L CRDi 4気筒ディーゼルエンジン (U-II) (90PS) を搭載したHyundai i20 Blue Drive車は、欧州複合燃費が76.3mpg(UKガロン)、CO2排出量は96g/km。1.1Lおよび1.4Lディーゼルエンジンは、CO2排出量が100g以下であるため、英国の道路税およびロンドンの渋滞税 (congestion charge) は免除される。

 

 



各モデルの主要装備設定状況

 Eセグメントでは、起亜自動車のフラッグシップセダンK9が、Advanced Vehicle Safety Management、Advanced Smart Cruise Control、All-LED Headlamps、Head-up Displayなど多数の先進装備を設定した。

Eセグメント:Kia K9 に設定した主な先進装備 (新車発表資料より抽出)

Advanced Smart
Cruise Control
 Kia車では初搭載。フロントバンパーに設置されたレーダーにより、前方174mの範囲を常にモニターし、先行車との距離を予め設定した距離 (時速90kmの場合52m, 30m, 32m, 25mから選択) に自動的に維持する。先行車が止まると自動的に停止し、停止時間が3秒以内の場合は自動的に再始動する。3秒以上停止した場合は、アクセルペダルを踏むかシステムのスタートボタンを押して、再始動する。
Advanced Vehicle
Safety Management
 ESCやPre-Safe Belt、様々な警報システムを統合した予防安全システムで、衝突リスクを検知すると3段階で警報を発する。(1)リスクが低い時は、液晶ディスプレイとヘッドアップディスプレイに警告を表示 (2)リスクが高まると、警告音を出すとともに、ドライバーのシートベルトを振動 (3)衝突が避けられない時は、自動ブレーキをかけて衝突時の速度を低下させ、シートベルトを巻き上げて乗員の体を保護する。
Blind-Spot Detection  リヤバンパーの両端に設置されたレーダーにより、車両後方70m、車両側面から4mの範囲をモニターし、車両の斜め後方の死角部分 (4m x 6m) に他車が進入すると、ドライバーに警報を発する。時速30km以上で作動。
Lane Change
Assistance
 上記レーダーにより、隣接する車線の後方70mに他車が高速で近づいてくると、ドライバーに警報を発する。さらに他車が近付いてきて、回避行動をとらなければ衝突が4, 5秒以内に起こるとシステムが判断すると、該当する側のドアミラーに△の警告マークを表示し、ヘッドアップディスプレイにも警告を表示する。ドライバーがこれらの警告に反応しないと、警告音を発する。
Lane Departure
Warning System
 カメラにより、前方の道路の車線区分線と車両の位置をモニターし、時速60km以上で意図せず車線を逸脱した場合、警報を発する。
Around-View Monitor  車体に設置された4つのカメラにより、車両の周囲360度の状況を、8種の画像モードでモニターに表示する。4つのカメラの画像を同調させ、上方から車両を見下ろすバーチャル映像を表示することもでき、駐車時の操作が安全・容易になる。時速20kmを超えると自動的に作動が停止する。
Four Driving Modes
(Eco, Normal, Sport, Snow)
 道路状況や走行スタイルにより、ドライバーがサスペンション、ステアリング、エンジン、トランスミッションの設定を4つのモード (Eco, Normal, Sport, Snow) から選択できる。たとえば、後輪駆動車は雪道で発進時にスリップしやすいので、Snowモードではエンジンの回転数を抑えて発進する。
Adaptive Full
LED Headlamps
 Kia車では初搭載。オプション設定。
Heated & Ventilated
Rear Seats
 VIP仕様として、後席にオプション設定。
Head-up Display  韓国内生産車としては初搭載。オプション設定。フルカラー。


 Dセグメントでは、現代自動車の中型クロスオーバーSUV Santa Feが、VSMとエンジントルク、ブレーキを協調制御するActive Cornering Control、電動パワーステアリングのモードを選択できるDriver Selectable Steering Modeをオプション搭載。後輪駆動のスポーツクーペGenesis Coupeは、ESCの作動モードを選択できるDriver-Selectable 3-Stage ESCを設定。現代自初の欧州向けDセグメント車i40は、ステアリング操作を自動化したSmart Parking Assist Systemを設定した。

 

Dセグメント:Hyundai Santa Fe, Genesis Coupe, i40 の主要装備

Santa Fe、Genesis Coupe は北米仕様、i40は欧州仕様の装備
◎は全仕様に標準装備、○は一部仕様に標準装備、△はオプション設定。
Hyundai
Santa Fe Genesis
Coupe
i40
走行安定性
(燃費向上を含む)
ESC/ABS/EBD/Brake Assist
Vehicle Stability Management (VSM) (注1)
Traction Control System (TCS)
Hill-Start Assist Control (HAC)
Downhill Brake Control (DBC)
Active Cornering Control All Wheel Drive (注2)
Active Eco System (注3)
Driver-Selectable 3-Stage ESC (注4)
Limited-Slip Differential
Intelligent Stop & Go
衝突安全性 Advanced Dual Front Airbags
Front Airbags
Front Side/Curtain Airbags
Driver's Knee Airbag
Active Front Head Restraints
運転・駐車支援 Emergency Stop Signal
Blind-Spot Detection
Driver Selectable Steering Mode (注5)
Rearview Camera
Smart Parking Assist System (注6)
視認性確保 HID Headlights with Auto Levelling
Adaptive Front Lighting System
Automatic Headlights
LED Daytime Running Lights
Electrically Adjustable & Heated Door Mirrors with LED Indicators
Electrically Folding Door Mirrors
Front Fog Lights
Auto-Dimming Rearview Mirror (注7)
Rain Sensing Front Windscreen Wipers
Automatic De-fog System for Front Windscreen
シート Driver's Seat with Electric Adjustment (10 directions)
and Memory Function (2 settings)
Front Passenger's Seat with Electric Adjustment
Heated Front Seats
Heated Rear Seats
Ventilated Front Seats
快適・利便性 Dual Zone Climate Control
Heated Steering Wheel
Cooling Glovebox
Keyless Entry with Engine Start/Stop Button
Bluetooth with Voice Recognition
Eco Drive Indicator
Blue Link (注8)
資料:現代自動車英国公式サイト、現代/起亜新車発表資料
(注) 1. Vehicle Stability Management (VSM) は、ESCと電動パワーステアリングを協調制御することにより、異なる性質の路面が混在する場所で (片側が濡れて滑りやすい路面、片側が乾いた路面など) 加速・制動を行う場合、車体姿勢を安定させ、事故を防止する。
2. Active Cornering Control All Wheel Drive は、VSM と共にエンジントルクとブレーキを協調制御するシステム。車の走行状況を常時監視・分析することにより、必要な車輪にトルクを配分する。また、コーナリング時には、内輪にブレーキをかけることにより、安定したコーナリングを可能にする。トルクベクタリングと同機能。現代自としては Santa Fe が初採用。
3. Active Eco Systemは、Ecoボタンを押すと、アクセルレスポンスやトランスミッションのシフトポイント、エアコンの作動等が、燃費優先に変更される。社内テストでは、最大7%の燃費が向上。
4. Driver-Selectable 3-stage ESC は、道路状況やドライバーの嗜好に応じてESCの作動モードを次の3段階から選択することができる。(1) ESCフルモード (初期設定)、(2) ESC中間モード (ドライバーのパワートレイン操作を優先するが、ESC/TCSのブレーキ機能は維持)、(3) ESCオフモード (あらゆる状況でドライバーの操作を制止しない)。
5. Driver selectable steering modeは、ドライバーの嗜好や道路状況に応じて、電動パワーステアリングのアシスト量を、Comfort, Normal, Sportの3モードから選択することができる。Normalは多様な道路が混在している状況に適する。Comfortは市街地走行や駐車時に適し、ステアリング操作に必要な力がNormalより10%少ない。Sportは高速道路や曲がりくねった道路に適し、ステアリング操作にはNormalより10%多い力が必要。
6. Smart Parking Assist System は、縦列駐車を行う場合、センサーにより駐車スペースを検知し、ステアリング操作を自動で行う。ドライバーはアクセル/ブレーキ制御のみを行えばよい。
7. Hyundai i40が搭載する Auto-dimming rearview mirror には小さなディスプレイが組み込まれており、Rearview Camera の映像が表示される。
8. Blue Linkは現代自の米国向けテレマティクスシステムで、車内のrearview mirrorに設置されたボタンやスマートフォンから接続できる。安全、サービス、インフォテインメントの機能を統合し、メールの音声再生、インターネット検索、音声による道案内、毎月の車両報告、車両の遠隔スタート、自動衝突通知、緊急時の救援要請等が可能。


 Cセグメントでは、姉妹車のHyundai i30/Kia cee'dが、アイドリングストップ機構、Heated Font Seats、電動パワーステアリングのモードを選択できるFlex Steerを搭載。Kia cee'dは、Parallel Park Assist System, Lane Departure Warning System, Dual Automatic Air Conditioningも設定した。

 

Cセグメント:Hyundai i30 と Kia cee'd の主要装備

i30とcee'd は欧州仕様の装備。
◎は全仕様に標準装備、○は一部仕様に標準装備、△はオプション設定。
Hyundai Kia
i30 cee'd
走行安定性
(燃費向上を含む)
ESC/ABS/Brake Assist
Vehicle Stability Management (VSM)
Electronic Brake-force Distribution (EBD)
Intelligent Stop & Go (ISG)
衝突安全性 Front/Front Side/Curtain Airbags
Driver's Knee Airbag
運転・駐車支援 Reversing Camera System
Front and Rear Parking Sensors
Parallel Park Assist System
Hill-start Assist Control (HAC)
Lane Departure Warning System
Flex Steer (Normal, Comfort & Sport Modes) (注1)
Electric Parking Brake
Emergency Stop Signal
視認性確保 LED Daytime Running Lights
Xenon Adaptive front Lighting System with Automatic Levelling
Automatic Headlight Control
Electrically Folding, Adjustable &
Heated Door Mirrors with LED Indicators and Kerbside Lights
Electrically Folding, Adjustable & Heated Door Mirrors
Automatically Folding Door Mirrors with Puddle Lamps (注2)
Front Fog Lights
Cornering Lights
Rain Sensing Front Wipers/Front Wiper De-icer/Automatic Defog System
Auto-dimming Rear-view Mirror
シート 10-way Power adjustable Driver's Memory Seat
Heated Front Seats
快適・利便性 Dual Automatic Air Conditioning
Rear Air Ventilation
Cooling Glovebox
Heated Steering Wheel
Keyless Entry with Engine Start/Stop Button
Bluetooth with Voice Recognition
Gear Shift Indicator
資料:現代自動車英国公式サイト、起亜自動車英国公式サイト、新車発表資料
(注) 1. Flex Steer は、Dセグメントの Driver selectable steering mode と同機能で、ドライバーの嗜好や道路状況に応じて、電動パワーステアリングのアシスト量を3モードから選択することができる。
2. Automatically Folding Door Mirrors with Puddle Lamps は、Smart Keyを所持した持主が駐車してある車に近づくと、ドアミラーが自動展開し、ドアミラーの下に設置されたパドルランプが点灯して足元を照らす。


 Bセグメントでは、小型ハッチバックのi20が、ESCと電動パワーステアリングを協調制御するVSMを標準装備したほか、アイドリングストップ機構、Automatic Headlightsを設定。一部仕様に標準装備したAuto-Dimming Rearview Mirrorには、小さなディスプレイが組み込まれ、後退時にはRearview Cameraの映像を表示する。

 

Bセグメント:Hyundai i20 の主要装備

i20 は欧州仕様の装備。◎は全仕様に標準装備、○は一部仕様に標準装備、△はオプション設定。
Hyundai
i20
走行安定性
(燃費向上を含む)
ESC/ABS/EBD/Brake Assist
Vehicle Stability Management (VSM)
Intelligent Stop & Go (ISG)
衝突安全性 Front/Front Side/Curtain Airbags
Front Passenger Airbag Deactivation Switch
運転・駐車支援 Rear View Camera
Reversing Sensors
視認性確保 LED Daytime Running Lights
Front Fog Lights
Automatic Headlights/Electric Headlight Beam Levelling
Electric Heated & Folding Door Mirrors with Integrated Side Indicators
Auto-Dimming Rearview Mirror with Video Display
Rain Sensing Wipers
快適・利便性 Keyless Entry with Engine Start/Stop Button
Bluetooth with Voice Recognition
Eco Drive Indicator
Glove Compartment with Cooling Function

資料:現代自動車英国公式サイト、新車発表資料

                     <自動車産業ポータル、マークラインズ>