中国の日系部品メーカー (4): 華中地域/西南地域の動向

今仙電機/東プレ/ニッパツ/ニフコ/ヨロズ/河西工業/日立化成/ユニプレス/NTN/太平洋工業/フタバ産業

2012/07/25

要 約


 本レポートは、中国地域別に分け、日系部品メーカーの近年の動向をまとめたシリーズ調査レポートの4本目。2012年6月までの約2年間の、華中地域の湖北省、河南省及び湖南省、西南地域の重慶市及び四川省における日系部品メーカーの動向を、MarkLinesの独自調査を踏まえてまとめた。

 
 日系部品メーカーの主な納入先である日産及びホンダは、近年の生産販売好調を受けて、華中地域における既存工場の拡張及び新工場・新生産ラインの建設を加速している。

  日産は、湖北省襄陽市での工場を増強して、年産能力を2011年末の10万台から2012年末までに25万台に拡張。河南省では、既存の2工場を拡張して年産能力を、2011年末時点の21万台から2012年末までに38万台に引き上げる。一方、2015年ごろの稼働を予定する、年産能力20万台規模の新工場の建設を検討中とされる。

  ホンダは、湖北省武漢市で第2乗用車工場を、2012年7月に稼働。第1工場と合わせて、武漢市での年産能力を10万台増の34万台に引き上げた。今後、同第2工場の拡張を通じ、2013年には36万台、2015年までに48万台へ拡大していく。

  日系部品メーカーはこのような動きに追随して、同地域において、既存工場の拡張や新工場・新ラインの建設が相次いでいる。

  また、四川省成都市に工場を拡張しているトヨタや、重慶市に新工場建設を計画しているスズキなどに対応するため、古河電工、正田製作所、マブチモーターなどは生産・販売体制の強化を進めている。

 トヨタ/日産/ホンダの中国での生産台数

関連レポート:日系部品メーカー動向レポート

中国(華南地区-広東省)編 (2012年7月)、

中国(華東地区)編 (2012年6月)、

中国 (東北/華北地区)編 (2012年5月)、

米国編 (2012年7月)、欧州編 (2011年11月)、

ASEAN  (インドネシア、ベトナム、マレーシア他) 編 (2012年6月)、
タイ編 その一 (2012年6月)/ その二(2012年7月)、
インド編 (2011年12月)、 メキシコ/ブラジル編 (2011年12月)

 華中の地図



華中地区-湖北省: 今仙電機/東プレ/ニッパツは新工場建設、ニフコ/ヨロズは新工場稼働

今仙電機: 武漢市で、シートアジャスト生産を開始

 今仙電機は2011年3月、武漢市に生産孫会社「武漢今仙電機有限公司(Wuhan Imasen Electric Industrial Co., Ltd.)」を設立。資本金は5,000万元 (今仙電機60%、広州今仙電機40%出資)。2012年5月に稼働し、今後、段階的に広州子会社から武漢孫会社に、東風日産乗用車の襄陽工場と東風ホンダ(武漢工場) 向けのシートアジャスターなどの生産を切り替えていく。

エイチワン: 武漢市で工場拡張、生産ライン自動化も強化

 エイチワンは、小型セダン/SUVの骨格部品を生産する、武漢子会社「武漢愛機汽車配件有限公司」の工場を拡張する。新工場建設を通じ、既存工場と合わせて、年産能力を2011年3月時点の24万台分から2013年3月までに36万台分に引き上げ、将来的には更に48万台分に拡大していく。従業員は同約990名から1,120名に増員する。設備投資では次世代の自動溶接ラインを増設、溶接ラインのロボット数は現行の60台から62台に増やす。

河西工業: 襄陽市で新工場建設を検討

 河西工業は2011年11月、周辺に日産およびホンダの合弁工場を有する湖北省の襄陽市を最有力候補地として、新工場の建設を検討すると明らかにした。詳細およびその後の進捗は明らかにされていない。

カルソニックカンセイ: 襄陽市で既存工場拡張

 カルソニックカンセイは2012年4月時点、広州子会社の襄陽分工場「康奈可(広州)汽車科技有限公司襄陽分公司」(Calsonic Kansei (Guangzhou) Corporation Branch, Xiangyang plant) を拡張中。売上倍増のため、新工場建屋の建設や、コックピットモジュール/フロントエンドモジュールなどの生産ラインを増設する。

スタンレー電気: 武漢市で開発機能有する新工場を建設

 スタンレー電気は2011年10月、武漢市に、自動車用照明製品/電子機器製品/金型及び関連製品の開発および生産販売を行う子会社、武漢斯坦雷電気有限公司(Wuhan Stanley Electric Co., Ltd.)を設立した。資本金は3,000万米ドルで、スタンレー電気の中国事業統括 (上海) 会社が 35%、広州子会社 (広州斯坦雷電気有限上司) が50%、広州汽車集団の部品子会社が15%出資。2013年1月に稼働する予定。2013年度の売上目標は約70億円で、2014年度は約85億円。

東プレ: 襄陽市で自動車用プレス部品の新工場建設に着工

 東プレは2012年2月、襄陽市に、生産子会社「東普雷(襄陽)汽車部件有限公司」(Topre (Xiangyang) Auto Parts Co., Ltd.) を設立。2014年1月に稼働し、内陸部向けに自動車プレス部品を生産する。
 資本金は20億円 (投資総額約50億円)。稼働初年度(2015年3月期)の売上は25億~35億円、2016年3月期は約50億円になる見込み。

南部化成: 孝感市でバンパー/バックミラー等の樹脂部品生産を開始

 南部化成の広州子会社 (広州南部工程塑料有限公司)は2011年4月、孝感市に分工場「広州南部工程塑料有限公司孝感分公司」(Guangzhou Nanbu Plastics Co., Ltd. Xiaogan Branch) を設立。2011年秋に稼働し、樹脂部品 (バンパー/バックミラー等) の生産を開始した。型締め力250~1,300トンまでの射出成形機4台を導入し、月産能力は自動車約10万台分。主に、東風日産乗用車及び東風ホンダに納入。

ニッパツ: 襄陽市でシート構成部品生産の新子会社を建設

 ニッパツ (日本発条:NHK) は2010年11月、襄陽市に、シート構成部品生産の子会社「湖北日発汽車零部件有限公司」(NHK Seating (Hubei) Co., Ltd.) を設立。2013年1月は従業員120名体制で稼働する予定。資本金は1.8億元(投資総額2.615億元)。2013年度の売上は14.65億元の見込み。
 また同社は、湖北省武漢を最有力候補地として、内陸ならびに東北部地域にある日系メーカー向けに、懸架用コイルバネの新工場を建設することを検討中とされる。新工場建設への投資総額は土地/建物/設備投資で約20億円になる見込みと報じられている。

ニフコ: 鄂州市で自動車用ファスナー等生産を開始

 ニフコの香港子会社 Nifco (HongKong) Ltd.は2011年秋、鄂州市で、生産子会社「利富高(湖北)精密樹脂制品有限公司」(Nifco (Hubei) Co., Ltd.) を稼働。ファスナー等の自動車用合成樹脂成型部品の生産を開始した。製品は主に日産やホンダの中国現地工場に納入。
 同社は2011年末、同工場に追加設備投資を行うため、300万米ドルの増資を実施。資本金を1,000万米ドルに拡大した。新工場の従業員数は2011年末時点合計70名。

日本特殊塗料: 武漢で自動車用防音部材生産を開始

 日本特殊塗料は2011年6月、武漢子会社「武漢日特固防音配件有限公司」を稼働。シート状の制振材や防音材などの生産を開始した。工場建設への投資総額は1,400万米ドル。年産能力は最大で完成車30万台分。

ファルテック: 湖北省を有力候補地として新工場建設を検討中

 ファルテックは、中国で新工場建設や既存工場拡張により、中国での生産性向上や金型等の現地調達を推進し、今後、現地製品を日本に輸出していく計画。海外売上高比率を、2012年2月時点の約10%から、2015年に30%に引き上げる。
 同社は2012年2月、湖北省 (有力候補地域) などが位置する華中地区で、新工場建設を検討していると明らかにした。詳細は明らかにされていないが、同新工場は2014年頃に稼働する予定とされる。
 これに加えて、2012年2月時点、自動車のライン装着部品を生産する佛山既存子会社(佛山発尓特克汽車零部件有限公司)の2期工場建設が進められている。

ブリヂストン: 武漢市で自動車シート用ウレタンフォーム生産を開始

 ブリヂストンの武漢工場「普利司通(武漢)化工制品有限公司」(Bridgestone (Wuhan) Chemical Products Co., Ltd.)は2012年4月に稼働し、自動車シート用ウレタンフォームの生産を開始した。年産能力は約完成車30万台分。新工場は、中国で広州工場に次いで2番目のウレタンフォーム工場。
 新工場への設備投資は約10億円 (1,100万米ドル)。敷地面積は2万㎡。2012年4月時点の従業員数は約80名。

ヨロズ: 武漢市で自動車用足回り部品生産を開始

 ヨロズは2011年10月、武漢子会社「武漢萬宝井汽車部件有限公司 (Wuhan Yorozu Bao Mit Automotive Co., Ltd.)」 (ヨロズが51%、宝鋼金属が25%、三井物産が24%出資) を稼働し、足回り部品の生産を日産の鄭州工場/襄陽工場、ホンダの武漢工場など向けに開始した。2013年には、華中地域にあるその他の完成車メーカー向けにも供給し、フル稼働とする。


華中地区-河南省:河西工業/ニッパツ/日立化成/ユニプレスは新工場建設、NTN/タチエスは新工場稼働

NTN: 洛陽市でベアリングの新工場稼動

 NTNは2012年6月、洛陽市の合弁会社「恩梯恩LYC (洛陽) 精密軸承有限公司」(NTN-LYC (Luoyang) Bearing Corp.) を稼働。洛陽市周辺の自動車メーカー向けに、第2/第3世代ハブベアリングやニードルローラベアリングの生産を開始した。新会社の資本金は7,380万米ドルで、2011年1月に中国軸受大手の洛陽LYC軸承と折半出資で設立。稼動当初の従業員数は100名弱。2015年は従業員約600名体制で、売上高約70~80億円を目指す。

河西工業: 開封市で自動車内装部品工場建設

 河西工業は2012年1月、開封市に、生産子会社「開封河西汽車内飾件有限公司」 (Kaifeng Kasai Automotive Interior Trim Parts Co., Ltd.) を設立した。2013年末に稼働し、日産の現地工場向けにドアトリムなど内装部品を生産する。年産能力は自動車約15万~20万台分。2015年3月期の売上は2.4億元見込まれる。
 新会社の資本金は約 7.5億円 (投資総額約 9億円)で、河西工業が 10%、広州河西汽車内飾件が 50%、海南鈞達汽車飾件が 40%出資する。河西工業の中国工場としては、広東省広州および安徽省に続く3社目。

カルソニックカンセイ: 鄭州市の既存工場拡張

 カルソニックカンセイの広州子会社「康奈可汽車科技(広州)有限公司」(Calsonic Kansei (Guangzhou) Corporation)は、中国での売上倍増のために、湖北省の襄陽分工場に加えて、河南省の鄭州分工場「康奈可(広州)汽車科技有限公司鄭州分公司」(Calsonic Kansei (Guangzhou) Corporation Branch, Zhengzhou Plant)でも拡張。2012年4月時点、工場新建屋の建設および生産ラインの増設を行っている。
 同鄭州分工場は2010年に稼動を開始し、鄭州日産向けでコックピットモジュールやフロントエンドモジュールなどの生産を開始している。

鬼怒川ゴム: 鄭州市で、2013年稼働のサテライト新工場を建設へ

 鬼怒川ゴムは2012年4月、鄭州市でサテライト新工場を建設する計画を明らかにした。新工場は2013年に稼働し、主に、鄭州日産汽車や東風日産乗用車の鄭州工場など向けに車体シールからはじめ、型物部品等を生産していく。新工場への投資総額は10億円強とされる。
 また、同社は、安徽省の蕪湖市 (鳩江区) で、100%子会社「鬼怒川橡塑(蕪湖)有限公司」(Kinugawa Rubber (Wuhu) Co., Ltd.) を設立し、2012年8月に稼働。奇瑞汽車向けなど、車体シールや防振ゴム等自動車用を中心とするゴム/合成樹脂部品を生産する予定。

注:鬼怒川ゴムは2012年7月時点、建設している日産の大連乗用車工場への供給体制の構築についても検討している。

タチエス: 鄭州市で自動車用シート合弁会社を稼働へ

 タチエスが50%出資する自動車シート会社 (鄭州泰新汽車内飾件有限公司) は2011年4月、東風汽車グループと Lear が折半出資する東風李爾汽車座椅有限公司と、合弁会社「鄭州東風李爾泰新汽車座椅有限公司」(Zhengzhou Lear DFM Taixin Automotive Seating) を設立。新会社は2012年3月に稼働し、鄭州日産汽車や東風日産鄭州工場(Venuciaブランド車を含む)向け、自動車用シートの生産を開始した。
 新会社の資本金は5,000万元 (鄭州泰新汽車内飾件有限公司 49%、東風李爾汽車座椅有限公司 51%出資)。稼働当初の年産能力は自動車12万台分。2013年度の売上は3.4億元の見込み。

ニッパツ: 鄭州市にシート生産新会社を設立

 ニッパツは2011年12月、鄭州市に、生産子会社「鄭州日発汽車零部件有限公司」(NHK Seat (Zhengzhou) Co., Ltd.) を設立。2014年2月に従業員114名体制で、自動車用シートの生産を開始する計画。資本金は8,200万元 (投資総額1.46億元)。2015年は売上5.06億元を目指す。

日立化成: 鄭州市に樹脂成形部品生産会社を設立

 日立化成は2011年5月、鄭州市に、全額出資の子会社「日立化成工業 (鄭州) 汽車配件有限公司」(Hitachi Chemical (Zhengzhou) Co., Ltd.) を設立した。2014年1月に稼働し、自動車内外装用樹脂成形品の生産を開始する。本格稼働に向け従業員約220名体制を構築。資本金は2,300万米ドル (投資総額約19億円)。

富士機工: 鄭州市でシフター/機関駆動部品合弁工場を建設へ

 富士機工は2012年11月、鄭州市に、合弁会社「鄭州常富汽車配件有限公司」(Zhengzhou Jofu Auto Parts Co.,Ltd)を設立する予定 (2012年3月発表)。2013年に稼働し、日系及び地場メーカー向けに、シフター製品および機関駆動部品を生産。資本金は250万米ドル (富士機工67%、台湾常裕富士機工33%出資)。2013年12月期の売上は1,000万元、2018年は1億元の見込み。

ユニプレス: 鄭州市に、車体用プレス部品生産の子会社を設立

 ユニプレスは2012年3月、鄭州に、完全子会社「鄭州優尼冲圧有限公司」(Unipres Zhengzhou Corp.) を設立した。資本金は2,000万米ドル (投資総額50億円)。2013年8月に稼動し、鄭州日産を含む河南省などにある自動車メーカー向けに、車体用プレス部品の生産を開始する。従業員は約200名採用の予定。2014年度の売上は140億円の見込み。新工場には大型トランスファープレス (3,000トン級TRF) を導入する予定。

注: ユニプレスは2012年5月時点、隣接している広州子会社2社 (広州優尼冲圧有限公司と広州優尼精密有限公司) に、2,000トン/2,500トン/3,000トン級の大型トランスファープレスが導入済み。

 



華中地区-湖南省: 太平洋工業/フタバ産業は長沙で新工場建設

太平洋工業: 長沙市に、プレス部品生産の合弁会社を設立

 太平洋工業は2011年11月、半谷製作所などと、長沙市に、自動車用プレス部品生産の合弁会社「長沙太平洋半谷汽車部件有限公司」を設立した。工場建設は2013年度中に着工し、車体プレス部品の一貫生産体制を構築する。資本金は180万米ドル(投資総額約20億~30億円)。資本構成は太平洋工業グループ 47%、半谷製作所 47%、メタルワン 6%。
 新工場建設に先立ち、同合弁会社は、三菱自動車の長沙新合弁工場の初モデル向けプレス部品 (約50品目) を供給するため (受注済み)、2012年7月から貸工場で車体部品の溶接体制を整えて、グループの天津 (既存) 工場からプレス品を受けて部品を溶接・組立てて対応する予定。

フタバ産業: 長沙市に、マフラーや排気システムなど生産の子会社を設立

 フタバ産業は2012年1月、長沙市(経済技術開発区)で、全額出資で子会社「長沙双叶汽車部件有限公司」(Changsha Futaba Auto Parts Co., Ltd.) を設立した。2012年8月に、マフラー、排気システム、ガソリンタンク、インパネ、バンパーなどの生産を開始する。稼働当初は主に三菱の長沙工場に納入。
 資本金は10億円。工場建屋は約5,400㎡。設立当初の従業員数は87名で、2012年末までに110名に増員する予定。

 



西南地区-重慶/四川省: 古河電工は現地生産事業強化、正田製作所は生産増強へ

古河電工: 重慶ワイヤーハーネス関連会社を子会社化

 古河電工は2011年6月、ワイヤーハーネス生産の関連会社「重慶長華汽車線束有限公司(Chongqing Changhua Automobile Harness Co., Ltd.)」に15%追加出資して、グループの出資比率は50%から65%に拡大し、同社を子会社化した。提携先「重慶長安汽車電器有限公司」から持ち株の譲渡を受けた。従業員は342名(2010年12月時点)。2010年度の売上は約6,500万元。
 古河電工は今後、同子会社製品の販売地域を現行の華中地域中心から重慶/四川省を含む西南地域に、販売先も日系メーカー中心から地場メーカーに広げていくなど、中国での更なる拡販を図る。
 また、古河電工は2010年、天津市で、ワイヤーハーネスの設計開発、マーケティングを行う子会社「古河汽車部件設計開発(天津)有限公司」(FACD)を設立した。2010年12月時点の従業員数は8名。資本金は9,000万円で、古河電工が 60%と、古河AS が 40%出資している。

正田製作所: 成都工場シャフト部品の生産能力を10%増強へ

 正田製作所は2012年2月、取引先である日系1次サプライヤーの増産に対応するため、成都子会社「成都正田車用部品有限公司」 (Chengdu Shoda Auto Parts Co., Ltd.) のステアリング向けシャフト部品の年産能力を、現行比10%増の330万個に拡大する計画を明らかにした。これに伴い、従業員も75名から90名に増員する。冷間塑性加工機 (油圧式2~3台) を内製し、日本製に加えて現地メーカー製 NC旋盤 (6~7台)、およびブローチ盤 (1台) を導入。投資総額は通常の半分以下に抑える。

マブチモーター: 重慶市に上海販売子会社の分拠点を開設

 マブチモーターは2011年11月、重慶市に、上海販売子会社「万宝至馬達(上海)有限公司」(Mabuchi Motor (Shanghai) Co., Ltd.) の販売分拠点「万宝至馬達(上海)有限公司重慶分公司」(Mabuchi Motor (Shanghai) Co., Ltd. Branch) を開設した。香港/上海/深圳に続き4拠点目となる、2012年内に本格的に業務を開始する (2012年4月時点テスト営業中)。
 なお、マブチモーターの香港子会社は2011年5月、江西省の贛州に生産子会社「万宝至馬達(江西)有限公司」を設立した。2012年の10月に工場建設を竣工し、翌11月からは試験的に自動車など向けの小型モーターの生産を開始。2014年には本格的に量産を開始し年間生産量1.3億個/年生産高7億元以上を目指す。
 また、同江西省の鷹潭工場「万宝至馬達(鷹潭)有限公司」は2012年内に、2期工場建設を完工して生産能力を倍増する計画。


(参考資料:各社広報資料、各紙報道、ヒアリング調査)

                     <自動車産業ポータル、マークラインズ>