LMC Automotive 2017年3月自動車市場月報(グローバル)

2017年3月の世界販売は5.0%増の929万台。米国市場が前年割れも、その他ほぼ全地域で販売増加

2017/04/13

グローバル販売状況と直近の市場予測

※当レポートは自動車、パワートレイン分野の市場予測サービス専門の調査会社 LMC Automotive によるライトビークル市場トレンドレポートをマークラインズが翻訳したものです。

世界全体

  • 世界全体のライトビークル販売台数は拡大基調を維持し、2017年3月は前年同月比5.0%増の929万台となった。3月の季節調整済み年率換算販売台数は9,400万台/年となり、2月の数値(9,600万台/年)からはやや低下した。
  • 主要国の実績を見ると、3月は米国と中国で季節調整済み年率換算販売台数がやや減少した。一方で西欧市場は堅調な伸び率を維持したほか、これまで低迷が続いてきたロシアとブラジルでは販売に改善傾向が現れた。



解説

北米

  • 米国の3月のライトビークル販売台数は前年同月比2.6%減の155.4万台、季節調整済み年率換算販売台数は1,660万台/年となった。金利、燃料価格、失業率が低い水準にある一方で消費マインドは高く、マクロ経済の状態は自動車市場にとって好ましい状況が続いている。ただ、いくつかの要因が自動車販売への重しとなっている。3月のフリート販売が占める比率は、各社の在庫削減の動きを背景に2月よりも低下した。また、新車と中古車の価格差が広がっていることを背景に、中古車市場が拡大を続けている。このほか、サブプライムローンのデフォルト率が上昇しており、2007~2009年の水準に近付いていることは注視を要する。
  • カナダの3月のライトビークル販売台数は前年同月比7.0%増の18.8万台となり、3月として過去最高を記録した。

欧州

  • 西欧の3月のライトビークル市場は、多くの国でディーラー営業日が1日もしくは2日多かったことが寄与し、全体で前年同月比9.6%増の201.5万台と増加基調を維持した。3月の季節調整済み年率換算販売台数も1,650万台/年と高い水準にあり、市場が金融危機前の水準に向けて堅調に回復していることを示している。消費者信頼感と失業率の改善を背景にした経済の回復が、自動車市場に好影響を与えている。
  • ロシアの3月のライトビークル販売は前年同月比9%増と高い伸び率を示したほか、季節調整済み年率換算販売台数は160万台/年となった。東欧全体の3月の販売はチェコやポーランドなどの好調も寄与し、前年同月比7.2%増の36.3万台となった。

中国

  • 速報値によると、中国の3月の季節調整済み年率換算販売台数は2,670万台/年となり、春節の影響を調整した2月の数値から8%低下した。2017年第1四半期平均の季節調整済み年率換算販売は2,790万台/年となり、2016年第4四半期の水準(3,060万台/年)から低下したほか、2016年通年の販売実績(2,800万台)もわずかに下回っている。ただ、2017年第1四半期累計の販売台数は、前年同期比で6%近い伸び率を示しており、経済の先行きの不透明さや小型車向けの減税率が年初より半減されたにもかかわらず、底堅い成長率を維持している。
  • 中国では、3月に中国人民銀行が米FRBに追随し、金融機関向けの金利を引き上げて資本流出の抑制を図っている。また、中国政府は不動産購入に関わる資金の貸出と購入に規制を導入し、加熱する不動産市場の沈静化を目指している。こうした動きは、信用拡大や個人消費の抑制につながり、最終的に自動車販売へもマイナス影響を及ぼす可能性が懸念される。

アジア(中国以外)

  • 日本の3月の季節調整済み年率換算販売台数は510万台/年と堅調に推移し、2月の水準から1%増加した。3月単月の販売も前年同月比9.4%増の68.4万台と好調な伸び率を示した。円安を背景にした企業信頼感の改善が支えとなり、2年連続で縮小していた販売(特に小型商用車)にようやく回復の兆しが現れている。
  • 韓国の3月の販売は、大統領の弾劾を巡る政治の混乱や北朝鮮との軍事的緊張の高まりにもかかわらず、堅調に推移した。旧式のディーゼル車を対象とした買い替えインセンティブ制度を支えに、3月の季節調整済み年率換算販売は前月に続き190万台/年の水準を超え、高いレベルを維持した。

南米

  • 年初から前年割れが続いていたブラジルでは、3月は季節調整済み年率換算販売台数が230万台/年と直近19ヵ月で最高となるなど、改善傾向が見られた。3月単月の販売も前年同月比6.4%増となり、2014年12月以来初めて前年比増を記録した。ただ、労働市場の悪化が続いているほか、融資条件も厳格化されたままであり、依然として自動車市場が本格的な回復局面に入ったとは言い切れない。
  • アルゼンチンでは、政府による緊縮財政政策にもかかわらず、3月の季節調整済み年率換算販売台数は90万台/年と2013年12月以来で最高を記録した。融資条件の緩和や通貨の安定、また投資家の強気の姿勢が現れる株式市場を背景に、自動車市場の回復は勢いを増している。

グローバルライトビークル販売

販売(台) 季節調整済み年率換算販売(台/年)
2017年
3 月
2016年
3 月
増減 2017年
累計
2016年
累計
増減 2017年
3 月(*1)
2017年
累計(*2)
2016年
通期(*3)
増減(*4)
WORLD
9,291,550
8,847,595
5.0%
23,747,015
22,568,355
5.2%
94,027,346
94,798,750
93,336,274
1.6%
USA
1,553,936
1,594,946
-2.6%
4,026,165
4,083,044
-1.4%
16,550,513
17,193,445
17,538,559
-2.0%
CANADA
187,540
175,198
7.0%
421,440
402,831
4.6%
2,137,013
2,068,427
1,947,684
6.2%
WESTERN EUROPE
2,014,763
1,838,630
9.6%
4,405,225
4,104,104
7.3%
16,499,870
16,479,923
15,770,677
4.5%
EASTERN EUROPE
363,132
338,857
7.2%
870,993
831,045
4.8%
4,220,298
4,188,037
3,900,884
7.4%
JAPAN
684,462
625,932
9.4%
1,561,205
1,451,028
7.6%
5,119,270
5,078,657
4,903,736
3.6%
KOREA
165,610
170,208
-2.7%
419,333
415,056
1.0%
1,909,449
1,801,384
1,783,990
1.0%
CHINA
2,487,936
2,427,959
2.5%
6,923,997
6,561,354
5.5%
26,659,003
27,890,750
28,021,288
-0.5%
BRAZIL / ARGENTINA
257,989
227,446
13.4%
680,696
619,792
9.8%
3,195,988
2,856,002
2,662,121
7.3%
OTHER
1,576,182
1,448,419
8.8%
4,437,962
4,100,101
8.2%
17,735,942
17,242,123
16,807,335
2.6%
注記: (*1) 当該月の販売実績をベースとした季節調整済み年率換算販売台数。
(*2) 当年累計期間の販売実績をベースとした季節調整済み年率換算販売台数。
(*3) 2016年通期(1~12月)の販売実績。
(*4) 2017年累計の季節調整済み年率換算販売の対前年実績比増減率。
販売報告の遅い国々や推測したものは“Other(その他)”に含まれる。
東欧はトルコを含む。
中国のデータは、ライトビークルの輸入推計を含む。

LMC Automotive社による、モデル別、パワートレインタイプ別(エンジン、トランスミッション)などのより詳細な予測データ(~2024年)もご提供 しております。詳しくはこちらをご覧ください。

また、LMC Automotive 社はお客様からのご要望に応じた個別のコンサルティングサービスも提供しております。
お気軽にお問い合わせ下さい。

●お問い合わせ先

マークラインズ株式会社営業部
TEL: 03-5785-1382
Email: LMC@marklines.com