LMC Automotive2016年6月自動車市場月報(グローバル)

6月販売は5.5%増の797万台。1~6月累計は3.6%増の4,592万台

2016/07/14

グローバル販売状況と直近の市場予測

※当レポートは自動車、パワートレイン分野の市場予測サービス専門の調査会社 LMC Automotive によるライトビークル市場トレンドレポートをマークラインズが翻訳したものです。

世界全体

  • 2016年6月の世界全体のライトビークル市場(乗用車・小型商用車を指す。中大型商用車を除く)は堅調さを維持し、季節調整済年率換算販売台数は9,200万台/年弱と3ヵ月連続でほぼ同水準となった(6月の速報値ベースの季節調整済み年率換算販売台数は9,180万台/年)。
  • 6月も西欧と中国がグローバル市場の拡大を支える構図が続いたが、米国市場は減速がより鮮明となった。また、ロシアとブラジルは安定化の傾向が続いた。



地域別販売状況と直近の市場予測

北米

  • 米国の6月の販売台数は151.3万台、季節調整済年率換算販売台数は1,660万台/年となった。年率換算販売は減速しつつあるが、6月単月の販売はディーラー営業日が前年より1日多かったことが寄与し、前年同月比で2.5%増となった。自動車メーカーの販売奨励金は前年から台あたり平均で135ドル(4.3%)増加したが、平均実売価格も前年比で840ドル上昇した。労働人口の増加が停滞する中で消費者マインドは最近のピークであった2015年9月以降緩やかに下降している。
  • カナダの6月の販売台数は19.1万台、季節調整済年率換算販売台数は197万台/年となり、6月として過去最高を記録した前年の水準から更に7.4%増加した。1~6月の累計販売台数は前年同期比6%増となり、2016年通年の販売も過去最高を更新する可能性が高まっている。

欧州

  • 西欧の6月の販売は引き続き堅調であった。季節調整済み年率換算販売は1,570万台/年となり、1~6月の平均値とほぼ同水準であった。しかしながら、6月23日に英国で実施された国民投票でEU離脱派が勝利したばかりであり、この影響は過小評価出来ない状況となっている。特に英国の自動車市場では、今後数ヶ月に渡ってネガティブな影響を受けることは不可避と見られる。一方で英国の国民投票の結果が、EU経済に深刻な打撃を与えない限りは、他の西欧諸国の自動車販売への影響は限定的と見られる。
  • ロシア市場は引き続き安定化の傾向を示している。6月の季節調整済み年率換算販売台数は138万台/年となり、4月および5月の数字をわずかに上回った。ただし、低い販売水準で安定化しつつあるものの、本格的な販売回復には依然として時間を要する見通しである。一方で他の中東欧諸国の自動車市場は引き続き堅調であった。

中国

  • 速報値によると、中国の6月の販売は引き続き堅調に推移し、季節調整済年率換算販売台数は5月とほぼ同水準の約2,700万台/年となった。ただし、乗用車系の販売が好調を維持する一方で、小型商用車系の販売が低迷する傾向は続いており、1~6月累計の乗用車販売が前年同期比約11%増となった一方、小型商用車は約11%減となった。
  • 経済面を見ると、英国の国民投票の結果を受けて中国元が対米ドルで下落しているが、中国株式市場の指標はほとんど反応していない。EUは中国にとって世界第二位の輸出市場であり(輸出規模は第一位の米国と比較してもほぼ同水準)、欧州経済の落ち込みが深刻化した場合、中国の輸出部門への打撃が想定される。また、世界経済全体の先行きが不透明さを増しており、これが企業及び消費者信頼感の減退につながった場合、自動車市場へも悪影響は不可避となる。

アジア(中国以外)

  • 日本の6月の季節調整済年率換算販売台数は470万台/年となり、5月とほぼ同水準であった。6月は軽自動車の販売が燃費不正問題の影響を受け前年同月比18%減となった一方、登録車の販売は3%増と堅調であった。世界経済の不確実性の高まりを背景に、政府は消費税の増税を2017年4月から2019年10月に延期している。
  • 韓国の6月の季節調整済み年率換算販売台数は、同月末の消費税減税の打ち切りを前にした駆け込み需要により、過去最高となる210万台/年に達した。英国の国民投票の結果を受け、韓国中央銀行は金利引き下げを実施したほか、政府は自動車販売に対する税制優遇措置の再導入を検討している。

南米

  • ブラジルの季節調整済み年率換算販売台数は6月に下げ止まりを見せた。6月の同台数は200万台/年と5月からほとんど変化がなく、1~6月の平均ともほぼ同水準であった。また、6月単月の販売を見ても、前年同月比の減少率は改善しつつある。しかしながら、経済は深刻な不況に見舞われており、自動車市場の急回復は期待し難い状況となっている。
  • アルゼンチンの6月の季節調整済み年率換算販売台数は61.6万台/年となり、2ヵ月連続で減速した。最近のアルゼンチンペソの急落と政府による補助金打ち切りから6月のインフレ率は前年比40%に達しており、個人消費の減退を招いた。

グローバルライトビークル販売

販売(台) 季節調整済み年率換算販売(台/年)
2016年
6 月
2015年
6 月
増減 2016年
累計
2015年
累計
増減 2016年
6 月
2016年
累計
2015年
通期
増減
WORLD
7,968,186
7,552,491
5.5%
45,917,687
44,322,652
3.6%
91,790,529
90,959,737
89,199,227
2.0%
USA
1,512,626
1,475,062
2.5%
8,638,848
8,509,980
1.5%
16,634,678
17,163,085
17,444,835
-1.6%
CANADA
191,088
177,686
7.5%
988,972
932,484
6.1%
1,966,235
1,959,119
1,896,788
3.3%
WESTERN EUROPE
1,562,743
1,478,452
5.7%
8,401,661
7,740,480
8.5%
15,676,054
15,705,989
14,830,982
5.9%
EASTERN EUROPE
357,384
347,494
2.8%
1,852,514
1,877,798
-1.3%
3,914,195
4,020,136
3,921,646
2.5%
JAPAN
408,280
434,900
-6.1%
2,466,344
2,633,680
-6.4%
4,723,661
4,702,057
4,934,715
-4.7%
KOREA
181,962
157,190
15.8%
913,911
839,155
8.9%
2,102,984
1,860,782
1,798,047
3.5%
CHINA
2,093,348
1,822,729
14.8%
12,970,724
12,055,256
7.6%
26,970,224
26,054,369
24,924,220
4.5%
BRAZIL / ARGENTINA
216,463
259,329
-16.5%
1,271,350
1,567,980
-18.9%
2,657,171
2,661,363
3,085,141
-13.7%
OTHER 1,444,293 1,399,649 3.2% 8,413,364 8,165,840 3.0% 17,145,325 16,832,837 16,362,852 2.9%
注記: 最後の列の増減は、季節調整済み年率換算の販売累計の平均と昨年1年間の販売と比較したものである。
販売報告の遅い国々や推測したものは“Other(その他)”に含まれる。
東欧はトルコを含む。
中国のデータは、ライトビークルの輸入推計を含む。

LMC Automotive社による、モデル別、パワートレインタイプ別(エンジン、トランスミッション)などのより詳細な予測データ(~2023年)もご提供 しております。詳しくはこちらをご覧ください。

また、LMC Automotive 社はお客様からのご要望に応じた個別のコンサルティングサービスも提供しております。
お気軽にお問い合わせ下さい。

●お問い合わせ先

マークラインズ株式会社営業部
TEL: 03-5785-1382
Email: LMC@marklines.com