SAE 2011 World Congress: 自動車メーカーの展示取材

Charging forward togetherをテーマにChevy Volt、日産 LEAFなどのEVが出品

2011/04/28

要 約

 以下は米国デトロイトで開催されたSAE 2011 World Congress (2011年4月12日~14日,以下SAEショー)で、自動車メーカー6社 (GM, Ford, Chrysler, Hyundai/Kia, ホンダ,日産)が展示紹介した新技術、新車両の概要である。

 今年のテーマは"Charging forward together"。会場には充電(Charge) して走る電動車両を普及させ、停滞していた景気から前に突撃 (Charge) しようという意気込みが感じられた。今年の自動車メーカーのブースは昨年と同数の6社であったが、サプライヤーの出展数は景気の回復を反映し、昨年の約100社から約140社に増えた。だが一昨年は約300社であったことから、景気回復は道半ばと言えよう。

 自動車メーカー各社が出展した内容は次の通り。(順不同)