インド:市場拡大を見込んで、各社が小型乗用車を投入

スズキは2013年度に生産能力を170万台に拡大、Daimlerは商用車工場を新設

2011/03/24

要 約

 以下は、インドにおける主要自動車メーカーの新型車投入計画と生産体制を中心とした動向である。

 今後も拡大が予想されるインド市場には、各社が競って新型車を投入している。インド乗用車市場は50万ルピー以下の小型車が中心で、45%のシェアを有するMaruti Suzuki をはじめ、各社が低価格小型車を投入する。一方、Maruti Suzuki のSwift DzireやトヨタのEtiosのように、やや高めの価格で高品質の小型車の投入も拡大している。

 生産体制の動向では、2010年にインドで121.4万台を生産したMaruti Suzuki が、年産25万台の工場を2つ建設して、2013年度の生産能力を170万台に引き上げる。Daimler は商用車工場を建設し、新ブランドで中大型商用車市場に参入する計画。PSAは乗用車工場を新設して、インド市場に再参入する。また、トヨタ、現代自動車、GMはエンジン工場を新設する。

 2010年4月~2011年 2月のインド総生産台数は335.1万台 (前年同期比 28.1%増)、国内販売は287.3万台 (29.6%増)で、生産・販売とも大幅に増加した。輸出は47.0万台で、5.6%増加した。

 (注) レポート末尾に、メーカー別乗用車販売台数を掲載した。