上海モーターショー2021:上汽、東風、一汽

上汽は五菱宏光MINIEV CABRIOを初披露、東風はコンセプトカーを多数出展、一汽は紅旗のコンセプトモデルを発表

2021/05/20

要約

上汽集团展台
上汽グループの展示エリア

  2021年4月19日、第19回上海モーターショー(会場:国家会展中心、National Exhibition and Convention Center)が開幕した。4月19日と20日はプレスデー、4月21日~23日は業界向けの公開、4月24日~28日は一般公開となった。本レポートでは上海汽車(以下、上汽)グループ、東風汽車グループ、中国一汽(以下、一汽)グループの展示内容を、新エネルギー車(以下、NEV)モデルを中心に一部ガソリン車モデルも紹介する。

 上汽グループは、地元開催ということもあり160余りの新型車を出展。そのうちコンセプトカーを含む10余りのモデルは初公開された。栄威(Roewe)は新たにMEシリーズを正式に発表した。智己汽車(Zhiji Motor)は今回のショーで初出展し、ハイエンド電動車ブランドのR汽車は3モデルを展示した。また、上汽GM五菱汽車が公開した小型EV「宏光MINIEV CABRIO」が人気を博していた。

 東風汽車グループは、東風風神、東風風行、風光など多くのブランド車を披露した。風神ブランドは、東風「奕炫(Yixuan)MAX」を世界初公開。東風「eπ2021」、風光「S-007」、ファミリー向けの風行モデルなど多くのコンセプトモデルを展示し注目を集めた。その他に、グループ傘下のハイエンドインテリジェント電動車ブランドの嵐図汽車(VOYAH)が量産モデルのSUV「嵐図FREE」を初出展した。

 一汽グループは自主ブランドの紅旗のみのブース出展となった。紅旗ブランドの発表会では、新たなコンセプトモデルEV-ConceptとL-Conceptを披露するともに、電動EVセダンE-QM5を披露したほか、新型モデルの中・大型の電動SUV  E-HS9などのモデルを展示した。また、紅旗ブランドの最新の研究開発テクノロジーを会場で共有した。



関連レポート:

上海モーターショー2021:北汽、長安、広汽、奇瑞 (2021年5月)
上海モーターショー2021:中国新興EVメーカー (2021年5月)
上海モーターショー2021:外資メーカーの新エネルギー車 (2021年4月)
上海モーターショー2021:Geely、長城汽車、BYD (2021年4月)
中国政府系大手メーカーの新エネルギー車 (2020年10月)