Tesla:Model 3の生産遅延、高度な生産自動化を推進

2019年にトラックと小型SUVのEV投入を計画

2017/12/26

要約

  Tesla(2017年2月にTesla Motorsから社名変更)は2017年7月に、ベース車価格35,000ドルという手頃な価格(affordable)のEVコンパクトセダンModel 3を発売。量産型のEVを通して、世界の持続可能エネルギーへのシフトを加速させるというTeslaのミッションを達成する上で、重要なステップとなった。受注も順調で、2017年8月時点で約45.5万台に達し、2018年には年50万台を生産する計画だった。

  しかし、Fremont乗用車工場と電池工場Gigafactory 1の生産工程で生じた問題により生産は遅延。週当たりの生産ペースを5,000台とする時期を2017年内から2018年3月末に遅らせた。Teslaはサプライチェーンや生産プロセスに基本的な問題はなく、高度に自動化された生産ラインの一部に障害があるとして、その解消を進めている。

  TeslaはEVラインアップを拡充し、すべての主要セグメントに参入するとしている。2019年には、Teslaにとって初の商用車となるセミトラックトレーラーSemiと、Model 3ベースの新型コンパクトSUV Model Yを投入する計画。2017年11月に概要を発表したSemiは、既にWalmart等の小売りチェーンから複数台を受注している。

  Teslaは2015年10月から、SAE基準でレベル2の自動運転機能を提供する初代AutopilotをModel SとModel Xで利用可能とした。2016年10月からは完全自動運転機能対応のハードウェアを、Model 3を含むTesla車全車に搭載。完全自動運転の実現にはまだ時間がかかるが、初代Autopilotの機能を強化したEnhanced Autopilot(この機能もレベル2)の利用が可能となっている。また、Teslaは自動運転用の半導体の自社開発にも取り組んでいる。

  Teslaの2017年1-9月の販売台数は73,150台で、2017年通年のModel SとModel Xの販売台数は10万台に達する見込み(2017年11月時点での同社予測)。2017年1-9月の売上高は前年同期比79.6%増の84.7億ドルとなったが、研究開発費や設備投資費の増加に加え、Model 3の生産遅延等により、営業損失は4.0億ドルから10.3億ドルへ、純損失は5.5億ドルから14.7億ドルへ拡大した。しかし、2017年第3四半期のModel SとModel Xの受注が過去最高となり、Model 3の受注も増加しているため、Teslaは生産の問題が解決すれば業績は好転するとしている。

Model 3 Model 3
2017年7月に発売した量販車Model 3 (写真:Tesla) Model 3 車両組立ライン
(動画:Tesla Q3 2017 Update Letter)

 


関連レポート:
電動車(xEVs)とリチウムイオン電池の動向(その1) (2017年3月)
Tesla Motors:計画を2年早めて2018年に50万台生産を目指す (2016年10月)