TU-Automotive Detroit 2017: コネクティビティの展望と課題ならびにテクノロジー

コネクティビティの拡大で重要性が高まるセキュリティとユーザーエクスペリエンス

2017/07/11

要約

 TU-Automotive Detroit 2017は6月7日から8日にかけて米国ミシガン州Noviで開催された。この2日間に来場者は3,000人を超え、約150人のプレゼンターと130社以上の出展があった。 TU-Automotive Detroit 2017でのプレゼンテーションのトピックは多岐にわたり、各セッショングループでビジネス戦略、市街地でのモビリティ、ユーザーエクスペリエンスなどを主要テーマとしながらも、コネクティビティが自動車マーケットに与える影響が依然として大きな論点となった。プレゼンテーションの各種テーマの中には、サイバーセキュリティの問題、V2Xコミュニケーション、コネクティビティの新しいテクノロジーなどがあった

TU-Automotive Detroit 2017 exhibition floor
TU-Automotive Detroit 2017 exhibition floor

 TU-Automotive Detroitで行われたディスカッションセッションに焦点を当てる3編のレポートのうち、2番目となるこのレポートでは、コネクティビティが自動車市場に与える影響に関するプレゼンテーションを、様々なコネクティビティ・テクノロジーと併せて報告する。前回第1回のレポートは ビジネスモデルと戦略を中心に報告した。第3回目のレポートでは自動走行技術とユーザーエクスペリエンスに焦点を当てて報告する予定。

関連レポート: TU-Automotive 2017
エコシステム変革期の事業戦略と事業機会