上海モーターショー2017(2):日韓メーカーの展示取材

各社ともSUVを中心に新モデルを発表

2017/05/17

要約

 上海モーターショー2017レポートの第二弾では、前回の欧米メーカー編に続き、日本及び韓国のメーカーが発表した環境対応車ならびにコンセプトカーを含む初公開モデルを中心に報告する。

 日本メーカーは、中国市場専用モデルや中国で人気の車型SUVの展示に力を入れていたが、欧米メーカーや中国メーカーに比べてブースに人出が少なく、全体的に静かな印象を受けた。韓国メーカーは、米国の高高度防衛ミサイル(THAAD)の韓国への配備の影響を受け、プレスデー当日はブース周りの警備が強化されるなか、新型モデルが発表された。

 日産は小型SUVのKICKSとピックアップトラックのNAVARAを中国で初披露。ホンダは、CR-V Hybrid とAcura TLX-Lのプロトタイプをワールドプレミアした。トヨタは、マイナーチェンジした新型コンパクトクロスオーバーSUVのLexus NXと、TNGA(Toyota New Global Architecture)を採用した中国人デザイナーによるコンセプトカー2台をワールドプレミアした。マツダは、輸入車となるCX-3とMX-5 RFで若い世代にアピール。三菱自は、展示車両のコンセプトカー及び量産モデルのほとんどをSUVが占めた。SUBARUは、社名変更後初の中国でのモーターショーで、安心と安全をアピールするとともに、SUBARU GLOBAL PLATFORMをベースとしたXVの中国への導入を発表。現代自及び起亜自は、中国市場向けを意識した小型SUVとセダンモデルを初披露した。

東風汽車の合弁企業が多く集まった7.2ホール 展示会場を繋ぐ内部通路



関連レポート:

上海モーターショー2017(1)欧米メーカーの展示取材:VWグループが3ブランドのEVコンセプトを発表、DaimlerはA-Sedanのコンセプト、FordはPHVの量産モデルを公開