GM:引き続き収益性を重視、2016年の利益は約10%増の見込み

モビリティの未来を見据え、自動運転車、カーシェアリング、配車サービスに投資

2016/06/15

要 約

GMの連結業績
2017年型GMC Acadia
2017年型GMC Acadia (デトロイトモーターショー2016)

 GMは、リコール問題が一段落した2015年には収益が改善、2016年第1四半期も好調な業績を維持している。中核事業である自動車事業の成功を背景に、未来のパーソナル・モビリティに対応するため、最先端技術やイノベーションに投資を行っている。

 パーソナル・モビリティの変化をリードする上で重要な分野が、インターネット接続、自動運転、カーシェアリング、電動化等である。GMは、2016年初頭に独自のカーシェアリングサービスを立ち上げたほか、配車サービス会社Lyftと戦略提携を結んだ。また、自動運転技術を開発するCruise Automationの買収も計画している。

 GMの2015年の世界販売台数は前年比0.3%増の995.8万台で、3年連続で過去最高。北米ではピックアップやSUV、中国では高級車やSUVの販売が好調で、南米やロシアの低迷をカバーした。売上高は2.3%減となったが、調整後EBIT(利払税引前利益)は前年の65億ドルから108億ドルへ、純利益は28億ドルから97億ドルへと増加し、いずれも過去最高。2016年第1四半期は、販売台数は1%減となったが、売上高は4.3%増、調整後EBITと純利益も前年同期を大きく上回り、好調を維持している。

 2016年は、重要な新型車の投入、コア事業での効率改善、隣接分野での事業拡大により、さらに業績が改善する見通し。調整後EBITは2015年を上回り、調整後1株当たり利益は5.25-5.75ドル(2015年は5.02ドル)を見込んでいる。


関連レポート
デトロイトモーターショー2016: 市場回復に自信を示す米国メーカーは高級車と高性能車を出展 (2016年2月)
北京モーターショー2016  欧米メーカー編:各社が中国専用モデルを強化 (2016年5月)