自動車のコネクティビティ技術が提供する新たな収益源と利便性

企業・個人・社会を潤すコネクティッドシステムの潜在能力:TU-Automotive Detroit 2015より

2015/07/06

要 約

TU-Automotive Detroit exhibition floor
TU-Automotive Detroit exhibition floor

  2015年のTelematics Update Detroit(TU-Automotive Detroit) は2015年6月3日・4日に米国ミシガン州Noviで開催され、会期中、3,000人以上が来場。展示会と討論セッションでは、テレマティクス、モビリティ、自動運転車という3つの主要テーマが取り上げられた。モビリティと自動運転車は今年初めて採用されたテーマだが、展示とディスカッションは、今回もテレマティクスとコネクティビティに関するものが多く、これらをテーマとしたプレゼンテーションが、いくつか同時に行われることもしばしばあった。


 本レポートは、コネクティッドカーが企業・顧客・社会に提供する、以下のような新たなビジネスチャンスと利便性、それに伴う問題を取り上げる。

  • 自動車の診断を行い、故障を見つけるとドライバーに知らせ、ディーラーで修理を受けるよう促す。その結果、ディーラーを潤すようになる。

  • 路面状態に関する情報をクラウドに送り、他の車や地域の交通規制当局と共有する。

  • 路上の駐車スペースの空き状況などに関する情報を提供することにより、交通渋滞を低減する。


 本レポートは、TU-Automotive Detroitの討論セッションについて報告する3本のレポートのうちの2本目である。1本目は、自動運転車に関する考察や概念の概要を紹介した。まもなく掲載される予定の3本目は、インフォテインメントシステムおよびサービスの改善に関する問題を取り上げる。


関連レポート:
自動運転技術実現への社会的な課題と、ドライバーの関与のありかた:TU-Automotive Detroit 2015