日本の新車販売(上):2015年の市場見通しと自動車税制改正

2014年は消費税増税前の駆け込み需要で556万台

2015/02/02

要 約

 2014年の日本の新車販売は、日本自動車工業会の2014年当初の予測(485万台)より70万台以上も上回り、 前年比3.5%増の556万台と8年ぶりの水準を記録。2014年4月の消費税増税前の駆け込み需要が想定以上で、その後の反動減、増税後の需要減退を上回ったことが要因。また、軽自動車の販売が好調で2年連続で過去最高を更新する227万台を記録したことが販売台数を引き上げた。

 2015年の国内販売については、エコカー減税の基準引き上げの影響や、消費税増税後の需要減が懸念される。各団体・各社の2015年の見通しは前年比10%以上の減少(全需換算で500万台レベル以下)から4%減程度(同530万台レベル)となっている。  
 本レポートでは日本市場の2015年の見通し、2014年販売実績及び自動車税制の改正について報告する。



関連レポート:
・日本の新車販売(下):乗用車市場、スズキ・ホンダがシェア拡大
軽乗用車とハイブリッドモデルで6割超を占める

日本の新車販売台数