アイドリングストップ:欧州新型車22車種のうち16車種に設定

エンジン停止時間を増やし、さらに燃費を改善する新システムも開発

2013/01/30

要 約

主要OEMの2011年の平均CO2排出量と2012年目標との差異 欧州で投入される新型車では、低燃費化を比較的低コストで行うアイドリングストップ機構 (Start/stopシステム) の搭載が拡大している。その背景には、EUが、域内で新車販売される乗用車のCO2排出量を2015年に平均130 g/kmとすると定め、2020年には同95 g/km とすると提案していることにある。2012年以降は、目標値を超過したメーカーは超過量に応じて課徴金の支払いを求められる。

 欧州における2011年の新車1台当たりの平均CO2排出量は135.7 g/km。主要メーカー20社のうち、既に18社は2011年時点で2012年の排出量目標を達成しているが、今後、2015年および2020年の目標を達成するため、さらなる排出量の削減が必要となる。

 Start/stopシステムは、HVやEVに比べてコストが安価で、従来の内燃機関車に搭載することにより、燃費を5-10%改善できる。Start/stopシステムの大手メーカーであるBoschは、2013年には2台に1台が同システムを搭載すると予測している。

 最近のStart/stopシステムは、車両停止前の減速時からエンジンを止め、エンジン停止時間を少しでも長くするシステムが増えている。また、大容量キャパシタを組み込み、補助電源として使用するシステムも導入されている。さらに、高速走行中のコースティング時にエンジンを停止する機構も開発中である。

 2011年夏~2012年末の約1年半に欧州で発売された主な新型乗用車22車種のうち、16車種にStart/stopシステムが設定されていた。Daimlerは新型車5車種の全車に標準装備、BMWも新型車2車種のほぼすべてのグレードに標準装備した。VWは2012年以降に発売したVW車2車種、Audi車2車種の大半のグレードに標準装備。Renault, GM, Fordは発売した車種の一部グレードに標準装備、Volvoは全車種に標準装備した。

 
関連レポート欧州の新型車装備 (1) (2012年9月)、(2) (2012年10月)