CATARC提携レポート 中国新エネルギー車動向 2014年12月

2014年11月はEV・PHVバス生産の拡大により、新エネルギー車生産が拡大

2015/01/08

中国国内生産 (概要)



このレポートは北京CATARC科学技術センター*のレポートをマークラインズが編集・翻訳したものです。


図1 電動車の車種別生産台数 (2014年1~11月)

 2014年11月の中国における電動車生産台数は過去最高を記録した9月に次ぐ10,361台となり、前年同月比で4.2倍増、前月比で14.2%増となった。内訳は、EVとPHV(新エネルギー車)が前年同月比で7.6倍増、前月比で2.2倍増の9,975台(うち、鉛蓄電池搭載の乗用EVは959台、同特殊車両は176台、リチウムイオン電池搭載車は8,838台)、HVが386台である。EVとPHVはHVの26.7倍の生産規模となった。

 11月の電動車生産を車種別に見ると、乗用車は6,798台(うち乗用EV・PHVは6,523台、乗用HVは275台)で65.6%、バスは3,056台(うちEV・PHVバスは2,945台、HVバスは111台)で29.5%、EV特殊車両は507台で4.9%を占めた。また、乗用HVと乗用EVは前月から減少したが、HV・PHV・EVバスおよびEV特殊車両は増加した。EV・PHVバスは公共交通機関としての導入が進んでいるため、11月の生産は前月比2.1倍増の2,945台と、2014年9月に次ぐ規模となった。EV特殊車両も前月比で倍増している。


図2 ハイブリッド車と新エネルギー車の生産比率推移
(2014年1~11月)

図3 新エネルギー車の車種別生産比率推移
(2014年1~11月)