三菱ふそうのすべて

 生産拠点一覧
検索条件が指定されていません
カーソルを合わせてクリックすると拠点概要が表示されます
 ニュース
2022年09月07日(水)

・三菱ふそうトラック・バスは97日、フルモデルチェンジした電気小型トラック「eCanter (eキャンター)」次世代モデルを発表した。日本国内向けは2023年春に発売する予定。
・次世代モデルではモーターを後軸に統合したeアクスルを新たに採用し、ドライブトレインをコンパクトな構造にすることで、シャシーラインアップの大幅な拡充を実現した。国内市場向けモデルは28バージョン、海外市場モデルは約80バージョンのシャシーラインアップを展開し、より幅広い物流ニーズに対応する。
・また、現行モデルの車両総重量(GVW)7.5トンクラスに加えて、国内モデルでは最小5トンから最大8トンクラスまで、海外モデルでは4トンから8トンクラスまでのバリエーションを展開。キャブバリエーションも拡充し、小回りのきく標準幅キャブ(1,700mm)のほか、より多くの荷箱容積が確保可能な拡幅キャブ(2,130mm)を新たに追加した。さらにホイールベースも最小で2,500mmから、最大で4,750mmまで展開する。
・バッテリーはホイールベースに応じて1個から最大3個まで搭載可能なモジュール方式を採用。定格容量41kWhのバッテリー1個を搭載した車両は約80km2個搭載した車両は約140km3個搭載した車両は約200kmと航続距離の延長を実現した。
・次世代モデルでは先進安全装備も大幅に拡充し、安全運転サポートをさらに強化した。FUSOブランドの小型トラックでは初となる、被害軽減ブレーキ機能を有する巻き込み防止機能「アクティブ・サイドガード・アシスト1.0」を新たに搭載。運転時の死角になりやすい車両の左側を監視して、左折巻き込み事故のリスクを低減し、衝突時の被害を軽減する。
・他にも衝突被害軽減ブレーキ「アクティブ・ブレーキ・アシスト5 (ABA 5)」やドライバー注意監視システム「アクティブ・アテンション・アシスト」など、各種先進安全装備を新たに搭載したという。

※画像をクリックすると拡大します
三菱ふそうのリリースをみる

2022年08月04日(木)

・イベコ傘下でパワートレイン事業を担当するFPT Industrial は8月1日、三菱ふそうトラック・バスとの契約を2030年まで拡大・延長することに合意し、15年間途切れることなく続いてきた提携関係を祝った。
・両者の提携契約は2007年に初めて締結され、FPT Industrial は2010年以来三菱ふそうに50万台以上のF1Cエンジンを納入してきた。記念式典は2022年7月15日、イベコのグループデーBEYONDの最中に開催された。
FPT Industrial press release

2022年08月02日(火)

・三菱ふそうは7月27日、インドネシアの正規代理店であるPT Krama Yudha Tiga Berlian Motors (KTB)が8月よりインドネシア・バリ島の顧客のもとで電気小型トラック「eキャンター(eCanter)」の実証実験を行うと発表した。インドネシアで「eキャンター」の実証実験を行うのはこれが初めて。
・この取り組みは、バリ島で開催された日系自動車メーカー5社(トヨタ、日産、三菱自動車、いすゞ、三菱ふそう)の現地法人の共同プロジェクト「EVスマートモビリティー・ジョイントプロジェクト」の共同記者会見の中で発表された。各社が主力の電気自動車(EV)を提供し、インドネシアにおけるEVエコシステムの将来性を調査・検証する。
・インドネシア政府は2015年に「2030年までに温室効果ガス排出量を29%削減する」という目標を掲げ、実現に向けて電気自動車(EV)の導入を支援するさまざまな政策を打ち出してきた。
・今回の実証実験で、「eキャンター」はバリ島のデンパサール地区で、工場の原材料の配送や郵便物の配達に使用され、顧客ニーズや電気トラックの運用における潜在的な課題を洗い出す。

※画像をクリックすると拡大します
三菱ふそうのリリース