Johnson Controls、リチウムイオン電池事業で東芝と協業  [ 米国 ] [ 日本 ]

東芝インフラシステムズは、Johnson Controls Power Solutionsと車載システム向けリチウムイオン電池事業で協業することに合意したと発表した。両社はJohnson Controlsの米国ミシガン州Holland工場でリチウムイオン電池の製造および鉛蓄電池と組み合わせた車載向け製品の開発・製造を行う。東芝が開発したSCiBは、負極にチタン酸リチウムを採用することにより、急速充電性能、長寿命性能、低温下でも短絡や劣化の原因となるリチウム金属が析出しにくい低温性能、高い安全性能などの特長を持っており、Johnson Controlsはこれまでに培った鉛電池の技術と実績を...
<2018年11月28日(水)>