Key Safety Systems、タカタの資産および事業を1,750億円で取得  [ 日本 ] [ 米国 ]

Key Safety Systemsは、タカタの資産および事業の取得について最終合意に至ったと発表した。タカタが相安定化硝酸アンモニウム(PSAN)を使用したエアバッグインフレーターの製造および販売に関する一定の資産・事業を除く実質的全資産を取得する。買収価格は総額約1,750億円。タカタのPSAN関連事業は、事業譲渡完了後、再編後のタカタグループの下で運営されるが、最終的には清算される予定。今回の最終合意は、2017年6月26日に両社が公開した基本合意に基づくもの。譲渡による売却代金の多くは、米国での訴訟による罰金と自動車メーカーのための補償基金などに充当される。タカタは日本における民...
<2017年11月21日(火)>