日系メーカー、2016年の中国新車販売は各社が過去最高を更新

[ 中国 ]

・日系メーカーが発表した2016年通年の中国新車販売は、日産、トヨタ、ホンダ、マツダの各社が過去最高を更新した。2015年10月にスタートした小型車減税やSUV人気が年間を通じて追い風となった。日系首位は2015年に続き日産が維持したが、勢いに乗ったホンダがトヨタを抜いて2位につけ、トヨタは3位に順位を下げた。
・日産は6日、2016年通年の中国新車販売が前年比8.4%増の135万4,600台になったと発表した。主力セダン「シルフィ(Sylphy、軒逸)」」やSUV「エクストレイル(X-Trail、奇駿)」等が年間を通じて販売を牽引し、過去最高を更新して日系首位の座を維持した。12月単月の新車販売は前年同月比2.1%増の16万2,500台。
・トヨタの2016年通年の中国新車販売は8.2%増の121万4,200台となった。ホンダの浮上で日系3位に順位を下げたものの、通年目標の115万台を上回り過去最高を更新した。小型車減税の対象となる「カローラ(Corolla、卡羅拉)」や「レビン(Levin、雷凌)」が年間を通じて好調だった。12月単月の新車販売は6.7%減の11万3,800台。
・ホンダの2016年通年の中国新車販売は24.0%増の124万7,713台となり、トヨタを抜いて日系2位に浮上した。販売台数の内訳は広汽ホンダが8.3%増の65万2,006台、東風ホンダが47.4%増の59万5,707台。モデル別では「シティ(City、鋒範)」や「ヴェゼル(Vezel、繽智)」、「CR-V」、「XR-V」、「シビック(Civic、思域)」等が好調。12月単月の新車販売は3.4%減の13万2,891台。
・マツダの2016年通年の中国新車販売は21.4%増の28万5,653台となった。2016年はスカイアクティブ技術搭載車が好調に推移し、過去最高を更新した。12月単月の新車販売は42.0%増の3万5,593台。
トヨタ(中国)のリリースをみる
ホンダ(中国)のリリースをみる
マツダ(中国)のリリースをみる

中国、台数に関するニュース

中国、台数に関するレポート