Continental蕪湖工場、SCR尿素噴射システムの生産開始  [ 中国 ]

Continentalは、2015年8月6日に蕪湖工場で新しい生産ラインが稼働し、空気補助式SCR尿素噴射システムの量産を開始したと発表した。この生産ラインの年産能力は10万台超。このシステムの噴霧粒度は平均30ミクロン以下。エンジンコントロールシステム、エンジンコンディション情報認識、尿素水噴射量測定、加熱コントロール、故障診断などの機能を統合できる。(2015年8月17日付け各種リリースより)
<2015年08月17日(月)>