Continental、新型ターボチャージャーをFordに納入  [ ドイツ ]

Continentalは、Fordの1.0Lガソリンエンジン「EcoBoost」に新型ターボチャージャーが採用されたと発表。このエンジンは2012年4月に発売されたFord「Focus」に搭載されている。また、今秋発売されるFordのMPV「B-MAX」をはじめ、年内には「C-MAX」および「Grand C-MAX」にも採用される予定。この新型ターボチャージャーは、同社のパートナーであるSchaefflerがドイツのLahr拠点で生産を行っており、年産能力は最大2百万ユニットとなる。(2012年7月26日付プレスリリースより)
<2012年07月26日(木)>