ZF、ドイツで新型8速デュアルクラッチトランスミッションの生産を開始  [ ドイツ ]

ZFは、ドイツのBrandenburg工場において、新型の8速デュアルクラッチトランスミッション (8DT) の生産を開始したと発表した。ZFとPorscheのエンジニアは、この8DTをベースとして二輪および四輪駆動システム向けのハイブリッドトランスミッションのモジュラーキットを開発した。この8DTの生産に向けて、同拠点には100百万ユーロ超が投じられている。同工場では、乗用車用マニュアルトランスミッションやデュアルクラッチトランスミッションの開発・生産を行っている。従業員数は1,200名で、トランスミッションの生産能力は1日あたり600基超。また、2008年から7速デュアルクラッチトラ...
<2016年06月16日(木)>