AlcoaとPhinergy、空気アルミニウム電池を共同開発へ  [ 米国 ]

Alcoaとイスラエルのクリーンテクノロジー会社Phinergyは、空気とアルミニウムで発電するPhinergyのEV用バッテリーの開発を共同で進めることで合意した。新たな材料や生産プロセス、部品などを共同で開発し、EVの走行距離を1,000マイルまで伸長する空気アルミニウム電池の製品化を目指す。Phinergyの空気アルミニウム電池は、空気と水を使ってアルミニウムに貯蔵した電力を放電する技術。バッテリーに使用する50個のアルミプレートは1個につき車を約20マイル動かすことができるため、走行距離は約1,000マイルに伸びるという。Alcoaは、米国ペンシルベニア州のPittsburgh郊...
<2014年02月05日(水)>