Johnson Controls、米国で衝突試験施設を開設  [ 米国 ]

Johnson Controlsは、米国のミシガン州Plymouthの自動車用シート部門本部で衝突試験施設を開設したと発表した。面積6,000平方フィートの同施設には、Seattle Safety製のスレッドシステムServoSledを設置。ドイツのBurscheid、中国の長春や上海、横浜にある試験施設とグローバルに連携しながら、精密かつ標準化したシートの安全性試験を行うことが可能になる。(2014年8月12日付プレスリリースより)
<2014年08月12日(火)>