ルーマニア

 サプライヤー

検索結果 311


部品メーカー名 所在地 主要部品メーカーレポート 所在国
595° Advanced Lightweight Solutions - Brașov Strada Alunului 10, Brașov - 500483, Romania image
ACS SRL Strada GARII , no.1 125200 Pogoanele Judetul Buzau Romania image
Adient Automotive Romania - Craiova Henry Ford (1863-1947), nr.29, 200745 Craiova, Dolj, Romania image
Adient Automotive România – Metal Bradu Zona Comercială, nr.16, Comuna Bradu, Judeţul Arges, Cod Poştal 117141, Romania image
Adient - Pitesti Str. Nicolae Balcescu, no.64, Pitesti, 110087 Romania image
Adient - Poiana Lacului Poiana Laculu 1, Poiana-Lacului 117555, Romania image
Adient - Timisoara Calea Sagului DN 59, Timisoara, 1900 Romania image
Adler Pelzer Pitesti WDP Industrial Park, Cladirea 2 - A1 Bucuresti-Piteşti, km 102, 17545, Oarja / Arges, Romania image
AEC EWA Automotive SRL Aleea Uzinei, 1, 505800 Zărnești (Brașov) Romania image
AECTRA Plastics S.R.L. Stefanestii de Jos, 077175, Linia de Centura Street, No.16, Ilfov County, Romania image
 生産能力分布
検索条件が指定されていません
image
 ニュース
2024年01月18日(木)

・フォードは1月15日、欧州で小型MPVの新型「トルネオ クーリエ(Tourneo Courier)」と小型バンの新型「トランジット クーリエ(Transit Courier)」を発表した。両モデルとも、ルーマニアにあるFord Otosanのクラヨバ(Craiova)工場で生産されている。

・新型「トルネオ クーリエ」には、Trend、Active、Titaniumの3グレードが設定されている。改良型1.0L 3気筒ターボガソリンエンジンを搭載し、最高出力は従来モデル比25%増の125PSを発揮する。また、荷室スペースも44%拡大した。

・新型「トランジット クーリエ」には、Base、Trend、Active、Limitedの4グレードが設定されている。最高出力125PSの1.0L 3気筒ターボガソリンエンジンまたは6速MTと組み合わされ100PSを発揮する1.5L 4気筒ターボディーゼルエンジンを搭載する。標準モデルの積載量は最大680kgで、前モデル比50%増の845kgまで拡張が可能。

・両モデルとも、最新の小型車プラットフォーム(VWのMQB)をベースとしており、6速MTに加えて、7速DCTも選択可能。両モデルとも、車線支援、カメラとレーダーによるプリクラッシュアシスト、インテリジェントスピードリミッター、リアパーキング・パイロットシステムのセンサーが装備されている。

フォードのリリースをみる 1 /2

2024年01月09日(火)

Continental (コンチネンタル)は、同社の総合ソリューション部門ContiTechがルーマニアのティミショアラ(Timisoara)工場に太陽光発電(PV)システムを設置したと発表した。この太陽光発電システムは年間約930MWhのゼロエミッション電力を生産する。

・ContiTechは2024年にセルビアのスボティツァ(Subotica)、ハンガリーのセゲド(Szeged)、ポーランドのワグロヴィエツ(Wagrowiec)、ドイツのヴァイスバッハ(Weissbach)、中国の常州、インドのカルヤニ(Kalyani)、メキシコのチワワ(Chihuahua)でも太陽光発電プロジェクトを承認している。これらの施設では年間5,900MWhの発電量が見込まれる。

・同社は常州、カナダのグランビー(Granby)、ドイツのダネンベルク(Dannenberg)の3工場でパイロットプロジェクトを推進してカーボンニュートラルな操業に向けた最善のアプローチを見出す。各工場は2030年までにCO2ニュートラルに到達する予定で、成功すれば他工場で同様の対策を施して2040年までにスコープ1と2のカーボンニュートラルを達成するための規範となる。(2024年1月5日付プレスリリースより)

2024年01月04日(木)

・フォードは12月25日、トルコの子会社Ford Otomotiv Sanayiがルーマニア・クラヨバ(Craiova)工場での生産を2023年12月27日から2024年1月5日まで休止すると発表した。うち、1月1-2日は祝日となる。

・同社によると同工場の生産休止が年間生産計画に与える影響は軽微である。

Based on Ford press release