Maxion Wheels [Hayes Lemmerz International Inc.]

会社概要

■URL

http://www.maxionwheels.com/

■本社所在地

39500 Orchard Hill Place, Ste. 500 Novi, MI 48375 USA

業容

-1908年に設立した、乗用車および小型トラック用アルミ/スチールホイール、商用トラックおよびトレーラー用スチールホイール製造メーカー。

-2012年2月、ブラジルの大手ホイール・シャシーメーカーであるIochpe-Maxionが同社を買収し、Maxion Wheelsを設立。

-ホイール生産量は年間65百万ユニット、年間売上高は2,000百万ドル、グローバル従業員数は約1万名。

資本構成

-Iochpe-Maxion S.A. 100%

主要製品

-乗用車および小型トラック用アルミ/スチールホイール (Aluminum / Steel wheels for passenger cars and light trucks)
-商用車用スチールホイール (Steel wheel for commercial vehicles)

沿革

1908年 Hayes Wheelとして設立。
1927年 K.H Wheel Companyと合併し、Kelsey-Hayes Wheel Corporation.設立。
1993年10月 チェコでNova Hut a.s. Ostravaと合弁会社Autokolaを設立。
1993年12月 Matalugica FPS do Brazilの株式49%を売却。
1993年 Hayes Wheels, S.P.Aの持比率を75%から100%へ引き上げる。
1994年 Kelsey Hayes de Espanaの残りの株式10%を取得し、100%子会社化。
1994年 Kelsey-Hayes Companyのブレーキ事業を$2,000,000で買収。
1995年06月 ヴェネズエラの合弁会社Ruedas de Vevezuela C.A.の持株比率を30%から49%へ引き上げる。
1996年10月 Hayes Wheels Autokola N.Hの持株比率を45%から58%へ引き上げる ($6,000,000の寄付の対価として)。
1997年06月 Lemmerz Holding GmbHを買収。
1997年09月 Bosch Braking Systems Corporationのハブ&ドラムとスチールホイール事業を買収。
1998年03月 Automotive Overseas Investments Limitedの35%を取得 (同社はNF Die Casting (Pty.) Ltd.を所有)。
1998年03月 Alumitechの残りの株式50%を取得し、100%子会社化 (Alumitech:旭テック、トーメンの合弁会社、アルミホイールを生産。ケンタッキー州に30万平方フィートの工場を保有)。
1998年05月 ブラジルのBorlem SA Empreendimentos Industriaisの株式を51.1%追加取得、持株比率を98.7%に引き上げる。
1998年06月 Automotive Overseas Investments Limited.の株式を16%追加取得 (同社はNF Die Casting (Pty.) Ltd.を保有。従って、当社が保有するNF Dieへの持株比率は51%となる)。
1998年06月 MIN-CER, S.A.de C.V. (メキシコのハブ、ドラム、ホイールの最大手) の株式100%を取得。
1999年02月 CMI International Inc. (CMI) を、605百万ドルで買収。
CMI International Inc.はアルミ・鉄鋳物、高度ポリマー製品を供給する独立系サプライヤー。マニホールド、シリンダーブロック、ヘッド、シャシー部品などを主に生産。
1999年08月 AlcoaとCMI Internationalの合弁会社A-CMI (1995年設立) の所有権50%を売却。
2000年 NF Die Ltd. (Alrode, 南アフリカのアルミニウムホイールメーカー) の所有権25%を7.2百万ドルで追加獲得し、所有権を51%から76%に引き上げ。
2001年07月 Petersburg (ミシガン州) の工場を年度末に閉鎖を発表。
2001年11月 Bowling Green (ケンタッキー州) の生産拠点の閉鎖計画を発表。
2001年12月 Hayes Lemmerz本体、米国の完全子会社30社、メキシコの完全子会社1社はDistrict of Dekawareの連邦破産裁判所に破産法第11条による再建救済を自主的に申請。
2002年01月 ノンコアビジネスであるSchedl Automotive System Service Beteiligungsgesellschaft GmbH & Co. Verwaltungs - KG (ドイツ) を売却。
2002年02月 Somerset (ケンタッキー州) の生産拠点閉鎖。
2002年06月 Metallwerke Klo GmbH (MWK) へSchenk (Maulbronn, ドイツ) 鋳造工場を売却。
2003年 トルコのスティールホイール事業の合弁会社であるJantas Sanayi ve Ticaret A.S.の株式の過半数を取得。
5月、District of Delawareの連邦破産裁判所は子会社とともに提出された修正再建計画を承認。
12月、普通株式がNASDAQ市場に上場。
2004年 Hayes Wheels Aluminio (メキシコのアルミホイール生産) を取得し、Hayes Wheels Acero, S.A. de C.V. (メキシコのスティールホイール生産) の40%の株式を売却。
トルコのアルミホイール事業の合弁会社、Jantas Aliminyum Jant Sanayi ve Ticret A.S. を設立し、40%の所有権を保有。
Howell (ミシガン州) の鋳造アルミホイール生産拠点の閉鎖を発表。
2005年 La Mirada (カリフォルニア州) のアルミホイール生産拠点の閉鎖を発表。
Jantas Aliminyum Jant Sanayi ve Ticret A.S.の持株比率を40%から60%へ引き上げ。
Campiglione (イタリア) のアルミホイール生産拠点の閉鎖を発表。
Cadillac (ミシガン州) のダクタイル鋳鉄工場を個人投資家グループに売却。
2006年 Southfield (ミシガン州) のダクタイル鋳鉄製サスペンション製品の加工拠点を個人投資家グループに売却。
Huntington (インディアナ州) の鋳造アルミホイール生産拠点の売却を発表。
ロシアのスティールホイール製造メーカーのTolyatinskiy Zavod Stalnih Kolyosと技術ライセンス契約を締結。
2007年 アルミサスペンション製品工場をDiversified Machine Inc.に売却し、自動車製品グループの本部と技術センターをミシガン州Northvilleに移転。
193百万ドルの株式、私募取引での売出しを完了し、関連債務のリストラに着手。
MGG Group (欧州向け熱交換器、インテークマニホールド、鋳造アルミ製品の製造) をECF-Groupに売却。
インディアナ州のアルミパワートレイン製品の生産拠点であるWabashをHarvey Industriesに売却。
2012年 ブラジルの大手ホイール・シャシーメーカーであるIochpe-Maxionが同社を買収。
2016年06月 ブラジルのサンパウロ州Limeiraに小型車向けアルミホイール工場を開設。

補足 1