Anand Automotive Limited 2017年3月期の動向

近年の動向

事業概要 (2017年3月期)

Gabriel India Limited
-2017年3月期の売上高は、前年14,264百万インドルピーから6%増の15,130百万インドルピー。EBITDAベースで11.4%の伸びで、補修部品、乗用車および商用車部門での販売増と原材料コスト抑制などが主な理由。

事業概要 (2016年3月期)

Gabriel India Limited
-2016年3月期の売上高は、前年14,298百万インドルピーから2%減の14,264百万インドルピー。EBITDAベースで9.2%の伸びで、補修部品、乗用車および商用車部門での販売増と経費主に材料費の抑制が主な理由。

事業概要 (2015年3月期)
Gabriel India Limited
-2015年3月期の売上高は、前年12,745百万インドルピーから12.2%増の14,298百万インドルピー。 乗用車向けの売上が減少したものの、2輪・3輪、商用車および輸出向け販売増が売上高を押し上げた。

事業概要 (2014年3月期)
Gabriel India Limited
-2014年3月期の売上高は、前年11,960百万インドルピーから6.6%増の12,745百万インドルピー。
2輪および3輪市場、商用車市場の伸びが乗用車市場の落ち込みを補った。

-2014年3月期の輸出額は前年415百万インドルピーから13.7%減の358百万インドルピー。減少は、主要な輸出先における政情不安によるもの。

Victor Gaskets India Limited
-Victor Gasketsの2014年3月期売上高は、欧州の景気悪化を受けて前年比4.6%減の711.0百万インドルピー。

事業概況 (2013年3月期)

Gabriel India Ltd.
-2013年3月期の売上高は、前年11,153百万インドルピーから7.2%増の11,960百万インドルピー。

-2013年3月期の輸出売上高は前年553百万インドルピーから25.0%減少の415百万インドルピー。

-同社推計によると、インド市場における乗用車向けショックアブソーバー、フロントフォークの市場シェアは45%。同商用車用の市場シェアは80%超。

-ショックアブソーバーおよびストラット式サスペンション24百万ユニット、フロントフォーク2.7百万ユニットの生産能力を保有。

Chang Yun India Ltd.
-シンクロナイザー9百万ユニットの年産能力を保有。

Anand I-Power Limited (旧 Perfect Circle India Ltd.)
-同社製品の約55%が輸出向け。

Valeo Friction Materials India Ltd.
-フェーシング14百万ユニットの年産能力を保有。

合弁

Anand I-Power Limited および Federal-Mogul Anand Sealings India Limited
-2015年3月、同社のシーリング事業およびピストンリング事業をFederal-Mogul Powertrainと合弁事業化すると発表した。同社と少数株主がシーリング会社「Federal-Mogul Anand Sealings India Limited」の株式49%を保有し、Federal-Mogul Powertrainが残りの51%を保有する。また、ピストンリング会社の「Anand I-Power Limited」に関しては、Anand Indiaが過半数を保有する計画。(2015年3月10日付プレスリリースより)

Mando Automotive India Ltd.

-2013年、同社と万都 [Mando Corporation] は、Mando India LimitedとMando Steering Systems India Limitedを統合し、新会社Mando Automotive India Limitedを設立。統合した両社の売上高を合計すると12,350百万ルピー。従業員は約1,200名で、ブレーキ、サスペンションおよびステアリングシステムを製造する。統合は2013年4月を予定している。(2013年2月20日付プレスリリースより)

Mando India Steering Systems Pvt. Ltd.
-2012年、万都 [Mando Corporation] からMando India Steering Systems Pvt. Ltd. (MIS) の株式26%を取得。MISは2006年に設立され、2011年の売上は1,080億ウォン。(2012年10月29日付プレスリリースより)

事業提携

Ansysco
-2015年2月、ニューデリーで開催された展示会「Automechanika」において、ドイツの自動車オイルおよび添加剤メーカーのLiqui Molyとの事業提携を発表。この提携により、Ansyscoは供給製品の拡大を、Liqui MolyはAnsyscoの販売網によりインド市場参入を図る。(2015年2月26日付プレスリリースより)

Gabriel India Limited
-Anandグループの主力会社である同社は、TORRE (Gabriel South Africa) と技術援助契約 (TAA) を締結したと発表した。Gabriel Indiaは今後、Gabriel South Africaに製品・工程について技術援助を行う。Gabriel South Africaは、ショックアブソーバー、ストラット、ストラットカートリッジ、ガススプリング (Gabriel Gas Lift) を生産している。 (Gabriel India investor presentation for Q3, FY 2016-2017より)Anand GroupのGabriel India Ltd. は、TORRE (Gabriel South Africa) と技術援助契約 (TAA) を締結したと発表した。Gabriel Indiaは今後、Gabriel South Africaに製品・工程について技術援助を行う。Gabriel South Africaは、ショックアブソーバー、ストラット、ストラットカートリッジ、ガススプリング (Gabriel Gas Lift) を生産している。 (Gabriel India investor presentation for Q3, FY 2016-2017より)

Ansysco Anand
-同社は、制研化学工業と冷却剤およびブレーキフルイドの製造・販売に関して技術援助契約(TAA)を結んだと発表した。この提携によりAnsysco Anandは、インド国内販売台数の約60%を占める日系自動車メーカーとの取引を促進する。制研化学工業は1959年4月創業、ブレーキ部品やブレーキフルイドの製造および販売を行っており、資本金9千万円、売上高32億円。(2017年1月17日付プレスリリースより)

受注
Gabriel India Limited
-2017年3月、同社はいすゞからタイ・インドネシア向け商用車分野での輸出注文を取得したと通知。これ以外にMahindra GenZe USAからeScooterAmphereの輸出も受注した。同社は東南アジアの国々での補修市場におけるプレゼンスを高めることに注力している。

Ansysco Anand
-同社は、制研化学工業と冷却剤およびブレーキフルイドの製造・販売に関して技術援助契約(TAA)を結んだと発表した。この提携によりAnsysco Anandは、インド国内販売台数の約60%を占める日系自動車メーカーとの取引を促進する。制研化学工業は1959年4月創業、ブレーキ部品やブレーキフルイドの製造および販売を行っており、資本金9千万円、売上高32億円。(2017年1月17日付プレスリリースより)

Mando Automotive India Limited
-2014年、Mando Indiaは日産 「Datsun Go (インド市場)」向け電動パワーステアリングを開発。この電動パワーステアリングは操作性の向上と約12%の軽量化を実現しており、日産より「Best Engineering Support」を受賞。

Spicer India Limited
-2013年、Mahindra & MahindraのSUVおよび小型トラック用プラットフォーム向けにAdvanTEKギア付きSpicerアクスルを納入すると発表。2015年半ばよりインドのChakan拠点でこのアクスルを生産する予定。(2013年10月22日付プレスリリースより)

Henkel Terson India Ltd.
-2012年8月、General Motors IndiaのChevrolet 「CN-100プラットフォーム」向けに製品を供給すると発表。他にも、Ford 「B515プラットフォーム」、Tata向けの受注を獲得。

受賞

-2017年3月期 (Award 2016) 
顧客賞

S.No グループ会社 顧客
1 ANAND Group Mahindra 'Business Partner of the Year-Automotive Division' Award
2 Henkel Anand India Mahindra Outstanding contribution in 'Innovation' in "Automotive and Farm" sector
3 MAHLE Behr India Mahindra Outstanding contribution in 'Sustainability' in "Automotive and Farm sector
4 Chang Yun India Maruti Suzuki India Limited "Overall Excellence Award-Platinum" at vendor ceremony
5 MAHLE Behr India

VE Commercial
Vehicles Limited

Pune plant won "Fuel Economy Enhancement" Award during Annual Supplier Conference
6 MAHLE Behr India

FIAT CHRYSLER AUTOMOBILES India

Best Supplier Award during Quality Month Celebrations
7 Mando India

Hyundai Motor India Limited

'Supply Chain Excellence Award'

-2016年3月期 (Award 2015)
顧客賞

S.No グループ会社 顧客
1 Spicer India Caterpillar Jodalli plant was honored with a Bronze Certification in the SQEP (Supplier Quality Excellence Process) category
2 Anchemco Bosch India Best Supplier Quality
3 Gabriel India Suzuki Motorcycle India Private Limited Best performance in the field of "Cost Reduction-VAVE"
4 Gabriel India Toyota Kirloskar Motor Private Limited "Best Kaizen" Award for Western region and Appreciation Award for "Meeting the Quality Targets"
5 CY Myutec Automotive India Hyundai Motor India Limited "5 star award" and "Overall performance award"
6 Federal-Mogul Anand Sealings India Mahindra "Best supplier" for 2014 by "Mahindra Spares Division"

業界賞

1 Gabriel India International Convention on Quality Circles (ICQC) Gbriel Parwanoo won the 'Silver Award' at the ICQC (International Convention on Quality Circles) competition
2 Gabriel India Federation of India Chambers of Commerce & Industry (FICCI) Dewas plant won Gold Prize (Second) in the Large Size Category of FICCI Quality System Excellence Award for Manufacturing
3 Chang Yun India Automotive Components Manufacturers Association of India (ACMA) Bronze Trophy in the Excellence in Quality & Productivity (Large) category at 55th Annual Session & National Conference of Automotive Component Manufacturers
4 ANAND Group Golden Peacock Awards Won the Golden Peacock Award Innovation Management
5 Spicer India Confederation of Indian Industry (CII) Spicer Jodalli was amongst 12 best companies in Southern Region winning the 4-Star EHS award

売上高見通し

-同社は、2020年3月期の同社売上高1,500億インドルピーを目標としている。

技術提携

会社名 相手方の名称
Faurecia Emission Control Technologies India Private Limited 三五 (日本)
Gabriel India Limited KYB (カヤバ) (日本)
KYBSE (スペイン)
ヤマハモーターハイドロリックシステム (日本)
ITT Corporation (米国)
Mando India Limited Continental Automotive Systems (ドイツ)
Henkel Teroson India Limited サンライズMSI (日本)

Ansysco Anand
-2017年1月、ANAND Automotiveのグループ会社の同社と、SEIKEN CHEMICAL INDUSTRY CO., LTD., JAPAN のグループ会社は、インドでの日本OEMs向けの冷却ブレーキ液の製造および販売の技術援助契約を結ぶと発表した。このコラボレーションはインド自動車市場で約60%の自動車販売を占める日本OEMsへの同社の参入を容易にするであろう。SEIKEN CHEMICAL INDUSTRY は、1959年4月に創設され元々は明治産業株式会社のブレーキおよびブレーキ液の研究所であって9千万円の払込資本で売上高は32億円であった。(2017年1月17日付プレスリリースより)

Gabriel India
-2017年3月、Anandグループの主力会社である同社は、TORRE (Gabriel South Africa) と製品と生産工程における技術を供与する技術援助契約(TAA) に調印した。Gabriel South Africa はショックアブソーバー、MacPherson ストラット、ストラットカ―トリッジ(加圧と非加圧デザイン)、ガススプリング(ガブリエルガスリフト)などを生産している。(2016-2017 第3四半期の投資家への発表より)

Gabriel India Limited
-2014年11月、ITT CorporationのKONIブランドと技術ライセンス契約を締結。これにより、両社はインドの商用車・バス・産業機器市場向けにサスペンション部品の供給体制を強化する。またKONIは、インド、バングラディッシュ、スリランカ、ネパール、ブータンのOEM・アフターマーケット向けにダンパー製品を生産する技術をGabrielに提供する。さらに、今回の契約には高性能ショックアブソーバーの設計・開発・製造に関する分野も含まれているという。(2014年11月18日付プレスリリースより)

研究開発費

(百万インドルピー)


2017年3月
2016年3月
2015年3月
研究開発費 売上高に占める割合 (%) 研究開発費 売上高に占める割合 (%) 研究開発費 売上高に占める割合 (%)
Gabriel India Limited 232.59 1.54 189.81 1.33 176.7 1.2

研究開発体制

ANAND I-Power Limited
-同社は製品試験用の2台の動力計を含む独自の製品検証センターを持っており、その動力計は150HPエンジンまでの範囲をカバーしている。

-同社はコンピューター制御の研削盤のみならず完全自動のCNCプロファイル研磨盤でセルを造る最も精巧な「Dimaco」カム・ターニング・ボーリング機械(スウェーデンから輸入)を持っている。

Mahle Behr India Limited
-同社はR&Dに100名を超える人員を投じている。

Gabriel India Ltd.
-ANANDグループ会社のGabriel India,Chang Yun India,Spicer Indiaは、2016年8月30日名声の高いACMA賞の受賞を認めた。

-Hosurの新しいテクニカルセンターは2017年3月期の第三四半期の運営を予定している。

-R&DセンターはChakan、Hosur、Nashikの3拠点。

Valeo Friction Materials India Ltd.
-毎年、売上高の7%以上を研究開発費に投資。

CY Myutec India Ltd.
-製品は全て韓国のCY Myutec testing facilityでテストおよび評価される。

Mando Automotive India Ltd.
-Mandoは5カ国に11のグローバルR&Dネットワークセンターを持っており、現在Mando Automotive India LimitedのR&Dセンターが開発中である。

研究開発拠点

Faurecia Emissions Control Technologies India Private Limited
-2014年、排ガス制御技術に特化した研究開発拠点「TechCenter」をインドのBangaloreで稼働開始。敷地面積は2,800平方メートルで、約200名のエンジニアが排ガス制御システムの設計、検証を担う。FaureciaはインドのPune、Chennai、Bangaloreにホットエンドおよびコールドエンド部品を始めとした排ガス制御関連部品の工場を保有しており、新拠点はFaureciaによって同国で4番目の拠点となる。(2014年2月4日付プレスリリースより)

研究開発活動

Gabriel India Limited
-2017年3月期の研究開発活動は以下の通り。

  • 小型車/ユーティリティービークルやトラック、バス用の固有のショックアブソーバ―を開発
  • SUV用ロードアダプティブダンパーを含むアフターマーケット用の幾つかの製品を立上げ
  • グローバル競争相手の製品特性やデザインのベンチマーキング
  • 製品とプロセスの複雑さと減らす幾つかの革新プロジェクトを立上げ
  • ショックアブソーバ―と部品の国産化とVA/VE提案を始めた
  • 新製品開発に重要な乗り心地や操作技術を開発する作業をスタート
  • 製品とプロセス特許43件をファイル/登録
  • 道路負荷データ(RLD)取り込み、分析および完成した3プロジェクトの知識やスキルを取得した
  • ”車両騒音”の記録および測定機能を開発
     1. 円筒形用の高周波焼入れシステムおよび円筒形ロッド段の改良
     2. ノジュラークロムの存在を試験/チェックするユニークな方法
  • 減衰力調整可能なダンパーを開発
  • Chakanの4輪(乗用車、商用車およびユーティリティービークル)、HosurやNashikの2・3輪のライドコントロール製品のR&Dセンターが設計、技術、評価および試験など向上した能力でアップグレードし拡張している。同社は収容力と能力の改善を目的としR&Dセンターのベンチテスト設備を追加


-2015年3月期の研究開発活動は以下の通り:

  • 小型車、商用車、トラック、バス向けショックアブソーバーの開発
  • 製品および製造プロセスの簡略化プロジェクト数件を開始
  • ショックアブソーバーおよびその他の部品の製造現地化、価値分析とエンジニアリング提案を推進
  • 乗り心地および操作性を高める新製品の開発

-2015年3月末時点、12部品に関する特許を保有。

-2014年3月期の研究開発活動は以下の通り:

  • 小型車、商用車、トラック、バス向けショックアブソーバーの開発
  • 製品および製造プロセスの簡略化プロジェクト数件を開始
  • ショックアブソーバーおよびその他の部品の製造現地化、価値分析とエンジニアリング提案を推進

-2013年3月期の研究開発活動は以下の通り:

  • 現地の小型車向けショックアブソーバー
  • 製品およびプロセスの簡略化プロジェクトを開始
  • ショックアブソーバー用の最新コーティングシステムを導入

Mahle Filter Systems India Limited
-以下が研究開発の特定分野:

  • 優れた音響性能と最適化された圧力損失を備えたMAFの最適なエアーインテークシステムの開発
  • ディーゼル商用車の燃料フィルターに使われるナノファイバーを使用した高性能な多層フィルターの開発の研究プロジェクトに資金を投入
  • HCV用途のためのより感性の高いかつ騒音制御のための全プラスチックエアーインテークシステムの開発
  • 金属部品を最小限にした大型エアーフィルターエレメントの設計
  • 新しいより耐用年数の長い乗用車用不織布エアーフィルター
  • 空気濾過用圧力センサー
  • ディーゼル水分離器
  • ターボチャージエンジン用オイルフィルターシステム
  • 経済的なメタルフリー燃料フィルターとオイルフィルター
  • ターボファンドライタイプエアーフィルター
  • スピンオンフィルターサイズを縮小する新しいひだの技術
  • 燃料およびオイル用の新しい多層の新しい濾過器
  • 中国 Mahleに燃料・破壊・飛灰等の試験装置の設計、開発
  • パキスタンのガードフィルター用のエアーフィルターリグ(ライフと効率)
  • フィルターの透過性とオイルフィルター試験リグの効果/DHCを予測するソフトウェアの開発

-同社はインドで18の特許を保有している。

Victor Gasket India Limited
-2014年3月期の研究開発活動は以下の通り:

  • エンジン用特殊コーティング、ケミカルシールコーティング技術の開発
  • 高温耐性オイルシール用新材料の開発
  • ディーゼルエンジン用3層ヘッドガスケットの開発

Haldex India Limited
-Haldex Indiaは2012年8月、トラックトレーラー用の横倒れ防止制御機能付き緊急ブレーキシステムを発表。同システムのインドへの投入はこれが初めて。

-2012年、統合型リフトアクスルシステムを開発。さらに、次世代自動ブレーキアジャスターを開発。2013年第1半期に投入予定。

海外投資

Gabriel India Ltd.
-2013年3月、同社初の海外拠点として中国寧波市に事務所を開設。

国内投資

Gabriel India Limited
-2017年7月、顧客サービスのため2016-2017会計年度に2つの新しい工場を開設すると発表。それはKumbalgoduでのサテライト工場即ち最後の1マイルの組立作業の開始である。

-2017年3月、同社はいすずからタイ・インドネシア向け商用車の輸出注文を所得したと通知した。これ以外にMahindra GenZa USAからeScooterAmphereの輸出も受注した。同社は東南アジア諸国での補修市場におけるプレゼンスを高めることに注力している。

-2013年9月、同社は次の5年間で総額120億インドルピーを新製品の開発および生産能力の拡張に投じる計画と発表。この投資は既存工場の増設に充てられる。(2013年9月6日付プレスリリースより)

Ansysco
-2014年3月までに、Parwanooにおいてグループ会社Anchemcoの新拠点が稼働する予定。(2013年10月1日付プレスリリース)

Anand CY Myutec Automotive Private Limited
-2016年2月1日にGurgaonに最先端の事務所および工場を開設することにより同年2月に別の装いを加えた。

-2015年3月30日Guagaonの新しい施設の落成式を行った。

Chang Yun India Limited
-2015年3月30日、Gurgaonの新拠点の稼働を開始した。敷地面積は35,000平方メートルで既存拠点の約4倍の規模となっている。同拠点の開設により、Chang Yun India Limitedの鍛造能力が65%、機械加工能力は25%増強されており、更なる拡大も見込めるという。2017年3月期までにシンクロナイザーリングに関して市場シェア20%を目指すとしている。(2015年3月30日プレスリリースより)

Mando Automotive India Limited
-2014年3月、Mando Automotive Indiaは、インドChennaiに新しい設計拠点を開設する。この拠点はMandoのグローバルハブ拠点として機能する計画。Mando Automotive Indiaのブレーキおよび電動パワーステアリングシステムは、トルコ生産の現代 (Hyundai) 「i10」および「Grand i20」に搭載されており、輸出量が増加している。

Faurecia Emission Control Technologies India Private Limited

-2012年9月、Bidadi工場が稼働。Toyota Kirloskar Motor向けにホットエンド・コールドエンドモジュール、およびインストパネル補強チューブの生産を開始。

Spicer India Limited
-2014年7月、Spicer IndiaはManesarにおいてインドで7番目の工場の稼働を開始。同工場ではアクスルを生産し、まずはMaruti Suzukiに供給する。なお、従業員はインド国内のSpicer Indiaの別拠点から移管された。

-2013年11月15日、Spicer Indiaは、同社にとって6番目となる生産拠点をインドのLucknowに開設。プロペラシャフトを生産し、Tata MotorsのLucknow工場およびJamshedpur工場に納入する。またSpicer Indiaは現在、Satara工場でトラック・バス用ドライブシャフトを生産し、Tataの2工場向けに納入している。(2013年11月15日付プレスリリースより)

Mahle Filter Systems India Limited
-2014年5月現在、Parwanoo工場ではプラスチック部品組み込み式フィルターエレメント、潤滑油、スピンオンフィルター等を生産しており、年産量は18百万ユニット。敷地面積は9,000平方メートルでインドで最大規模のフィルター工場。