Superior Industries International, Inc. 2013年12月期の動向

ハイライト

業績

(単位:百万ドル)
  2013年12月期 2012年12月期 増減率 (%) 要因
売上高 789.6 821.5 (3.9) 1)
営業利益 34.6 32.9 5.2 2)

要因
1) 売上高
-2013年12月期の売上高は、前年比31.9百万ドル減少し、789.6百万ドルとなった。ホイールの売上高は前年の812.4百万ドルから32.9百万ドル減少し、779.5百万ドル。ホイール出荷量は前年比5%減少し、売上を37.5百万ドル減少させた。アルミ価格は顧客に転嫁しているが、アルミ価格の減少により売上は12.8百万ドル減少した。

-日産、GM、Chrysler、スバル、BMW、三菱自動車、VWに対するホイールの出荷量は減少したが、Ford、トヨタ、Tesla、マツダ向けが増加したことにより部分的に相殺されている。ホイールの開発プログラムの売上は、前年の9.1百万ドルから10.1百万ドルへと増加した。

2) 営業利益
-2013年12月期の営業利益は、前年比1.7百万ドル増加し、34.6百万ドル (営業利益率:4%)。米国における営業利益は前年比で5.3百万ドル増加したものの、メキシコでは2.9百万ドルの減少となった。

受注

-2013年12月期の顧客ごとの出荷動向では、Ford向けは前年比9%増。小型商用車向けが同11%増、乗用車向けが同1%増となった。モデルごとでは、以下のモデルへの出荷量が増加した。
  • F-Series trucks
  • Lincoln MKZ
  • Explorer
  • Edge
  • Fiesta
  • Flex
以下のモデル向けは減少した。
  • Fusion
  • Mustang
-GM向けは、前年比11%減。乗用車向けが同57%減、小型商用車向けが同1%減となった。以下のモデルで出荷が減少した。
  • Malibu
  • Impala
  • Traverse
  • Cadillac SRX
これらの減少は以下のモデルへの出荷増で一部相殺された。
  • Chevrolet Enclave
  • Cadillac ATS
-トヨタ向けは、前年比21%増。乗用車向けが同61%増、小型商用車向けが5%増となった。モデルごとでは以下が増加した。
  • Avalon
  • Sienna.
-Chrysler向けは、前年比17%増。小型商用トラック向けが同19%減、乗用車向けは同7%増。モデルごとでは以下のモデルで減少した。
  • Jeep Grand Cherokee
  • Dodge Journey
  • Jeep Compass
  • Dodge Caravan
  • Jeep Liberty
以下のモデル向けの増加で一部相殺された。
  • Dodge Ram
  • Durango
  • Challenger
-トヨタ以外の米国外OEM向けの出荷は、前年比33%減となった。乗用車向けが同38%減、小型トラック向けが20%減。トヨタとマツダ以外への出荷数量は減少した。日産向けは前年比41%減、スバル向け28%減、BMW向け14%減、三菱自動車向けが98%減となり、VW、いすゞ向けは微減となった。モデルごとでは、日産「Sentra」、「Maxima」、「Altima」、「Versa」、スバル「Outback」、BMW 「X3」、三菱自動車 「Galant」の減少を、日産「Note」向けの大幅増で一部相殺した。

開発動向

研究開発費

(単位:百万ドル)
  2013年12月期 2012年12月期 2011年12月期
合計 4.8 5.8 5.3

研究開発拠点

-米国アーカンソー州Fayetteville、ミシガン州Detroitにテクニカルセンターを保有。

設備投資

海外投資

<メキシコ>
-同社の新工場の建設地をメキシコのChihuahua市に決定したと発表した。投資額は約125~135百万ドルとしており、初期の年産能力はホイール2~2.5百万本を見込む。同社全体でホイール生産能力は年間約12.5百万本となっている。新工場の着工は2013年半ばで、完成は2年後の予定。なお、同社は現在、同市に3工場を保有している。(2013年4月16日付プレスリリースより)