自動車生産台数 タイ 2022年


無料会員登録いただくと、世界44ヵ国のモデル別の月次生産台数をご覧いただけます。
この機会に是非ご利用ください。


生産台数速報 2022年

1月, 2月, 3月, 4月, 5月, 6月, 7月, 8月, 9月, 10月, 11月, 12月

2022年5月 生産台数速報

2022年6月23日

*掲載している速報値とデータベースの詳細情報とでは、情報ソースの違い、速報値と確定値の違いなどから、差異が生じることがございます。


タイ、5月の自動車販売は15.7%増、生産は7.8%減 (詳報)
・タイ工業連盟(FTI)が発表したデータによると、2022年5月のタイにおける新車販売台数は前年同月比15.7%増の6万4,735台となった。コロナウイルス流行抑制のためのロックダウンのさらなる緩和の発表と海外観光客受け入れの再開などにより販売が増加した。ただし、FTIは原油価格の高騰、バーツ安、家計債務の増加が購買力低下につながる可能性があるとの懸念を示した。1-5月累計では前年同期比16.6%増の35万9,351台となった。
・Toyota Motor Thailand (TMT)のデータによると、5月販売のメーカー別では、トヨタが前年同月比12.2%増の2万2,181台、シェア34.3%で首位。続いて、いすゞが5.8%増の1万5,728台、ホンダが0.7%増の5,035台、三菱は39.0%増の4,714台、マツダが7.1%増の3,005台となった。
・5月の販売台数を車型別に見ると、乗用車は29.0%増の2万84台、商用車は10.6%増の4万4,651台だった。商用車のうち1トンピックアップトラック(PPV含む)は6.4%増の3万3,822台。
・5月のモデル別販売上位5モデルは、1位がいすゞ「D-Max」で1万6,950台、2位がトヨタ「ハイラックス(Hilux)」で1万3,504台、3位がホンダ「シティ(City)」で4,508台、4位がトヨタ「ヤリス(Yaris)」で2,801台、5位がフォード「レンジャー(Ranger)」で2,596台となった。
・FTIが発表した5月の生産台数は前年同月比7.8%減の12万9,231台。国内販売向け生産が全体の49.05%、輸出向けが50.95%だった。1-5月の累計生産は前年同期比2.4%増の72万7,095台。
・5月の完成車輸出台数は、前年同月比3.2%減の7万6,937台。アジアおよび欧州向けが減少した。完成車輸出は金額ベースでは前年同月比4.5%減の462億バーツだった。1-5月累計では前年同期比3.8%減の37万5,757台となった。

タイの自動車生産・小売販売台数

2022年5月 前年同月比 2022年
1-5月
前年同期比
生産 129,231 -7.8% 727,095 2.4%
国内販売 64,735 15.7% 359,351 16.6%
輸出 (CBU) 76,937 -3.2% 375,757 -3.8%

出所: FTI (Federation of Thai Industries), 各種報道



ページトップへ

2022年4月 生産台数速報

2022年5月23日

*掲載している速報値とデータベースの詳細情報とでは、情報ソースの違い、速報値と確定値の違いなどから、差異が生じることがございます。

タイ、4月の自動車販売は9.1%増、生産は12.9%増 (詳報)
・タイ工業連盟(FTI)が発表したデータによると、2022年4月のタイにおける新車販売台数は前年同月比9.1%増の6万3,427台となった。コロナウイルス流行抑制のためのロックダウンのさらなる緩和が発表され、4月3日まで開催されたバンコク・モーターショーでの受注分の納車が進み、海外観光客受け入れが再開したことなどにより販売が増加した。1-4月累計では前年同期比16.8%増の29万4,616台となった。
・Toyota Motor Thailand (TMT)のデータによると、4月販売のメーカー別では、トヨタが前年同月比13.2%増の2万1,681台、シェア34.2%で首位。続いて、いすゞが11.0%増の1万6,595台、ホンダが5.8%減の5,107台、三菱は5.8%減の3,870台、マツダが24.7%増の2,753台となった。
・4月の販売台数を車型別に見ると、乗用車は20.6%増の2万492台、商用車は4.4%増の4万2,935台だった。商用車のうち1トンピックアップトラック(PPV含む)は3.1%増の3万3,629台。
・4月のモデル別販売上位5モデルは、1位がいすゞ「D-Max」で1万5,050台、2位がトヨタ「ハイラックス(Hilux)」で1万1,181台、3位がホンダ「シティ(City)」で4,124台、4位がトヨタ「ヤリス(Yaris)」で2,485台、5位がフォード「レンジャー(Ranger)」で2,275台となった。
・FTIが発表した4月の生産台数は前年同月比12.9%増の11万7,786台。国内販売向け生産が前年同月比32.3%増となった。ただし、輸出向け生産は一部モデルで半導体・部品不足の影響が続き1.7%減となった。1-4月の累計生産は前年同期比4.9%増の59万7,864台。
・4月の完成車輸出台数は、前年同月比5.3%増の5万5,696台。ピックアップトラックの需要増に加え、アジア、中東、北米、中米、南米向けが増加し、2022年に入って初めて増加に転じた。完成車輸出は金額ベースでは前年同月比11.3%増の335億バーツだった。1-4月累計では前年同期比3.9%減の29万8,820台となった。


タイの自動車生産・小売販売台数

2022年4月 前年同月比 2022年
1-4月
前年同期比
生産 117,786 12.9% 597,864 4.9%
国内販売 63,427 9.1% 294,616 16.8%
輸出 (CBU) 55,696 5.3% 298,820 -3.9%

出所: FTI (Federation of Thai Industries), 各種報道




ページトップへ

2022年3月 生産台数速報

2022年4月26日

*掲載している速報値とデータベースの詳細情報とでは、情報ソースの違い、速報値と確定値の違いなどから、差異が生じることがございます。


タイ、3月の自動車販売は9.1%増、生産は6.2%増 (詳報)
・タイ工業連盟(FTI)が発表したデータによると、2022年3月のタイにおける新車販売台数は前年同月比9.1%増の8万7,245台となった。海外観光客受け入れの再開や、政府による経済活動や消費の振興策が奏功し販売が増加した。バンコク・モーターショー(3月23日-4月3日開催)では四輪車・二輪車合計で3万3,000台超の成約があり、3-4月の販売台数に貢献する。1-3月累計では前年同期比19.1%増の23万1,189台となった。
・Toyota Motor Thailand (TMT)のデータによると、3月販売のメーカー別では、トヨタが前年同月比34.7%増の2万9,997台、シェア34.4%で首位。続いて、いすゞが24.4%増の2万1,801台、ホンダが2.8%減の1万9台、三菱は9.5%減の4,637台、マツダが1.1%減の4,594台となった。
・3月の販売台数を車型別に見ると、乗用車は1.4%減の2万9,771台、商用車は15.4%増の5万7,474台だった。商用車のうち1トンピックアップトラック(PPV含む)は21.7%増の4万6,363台。
・3月のモデル別販売上位5モデルは、1位がいすゞ「D-Max」で1万8,259台、2位がトヨタ「ハイラックス(Hilux)」で1万5,407台、3位がホンダ「シティ(City)」で5,636台、4位がトヨタ「ヤリス(Yaris)」で3,273台、5位がトヨタ「フォーチュナー(Fortuner)」で3,151台となった。
・FTIが発表した3月の生産台数は前年同月比6.2%増の17万2,671台。バンコク・モーターショーと4月のソンクラン休暇の需要に対応するため、国内販売向け生産が前年同月比32.2%と増加した。ただし、輸出向け生産は一部モデルに半導体・部品不足の影響が続き11.4%減となった。1-3月の累計生産は前年同期比3.1%増の48万78台。
・3月の完成車輸出台数は、前年同月比10.2%減の9万3,840台。半導体・部品不足により一部の乗用車モデルの生産が休止したため、アジア、豪州、欧州向けの輸出が減少した完成車輸出は金額ベースでは前年同月比4.4%減の559億バーツだった。1-3月累計では前年同期比5.8%減の24万3,124台となった。

タイの自動車生産・小売販売台数

2022年3月 前年同月比 2022年
1-3月
前年同期比
生産 172,671 6.2% 480,078 3.1%
国内販売 87,245 9.1% 231,189 19.1%
輸出 (CBU) 93,840 -10.2% 243,124 -5.8%

出所: FTI (Federation of Thai Industries), 各種報道

・速報値を含むため、数値に修正が入ることがあります。



ページトップへ

2022年2月 生産台数速報

2022年3月24日

*掲載している速報値とデータベースの詳細情報とでは、情報ソースの違い、速報値と確定値の違いなどから、差異が生じることがございます。


タイ、2月の自動車販売は26.3%増、生産は0.3%増 (詳報)
・タイ工業連盟(FTI)が発表したデータによると、2022年2月のタイにおける国内新車販売台数は前年同月比26.3%増の7万4,489台となった。海外との往来の再開や、小規模店舗での支出に対し支出額の半分を補助する制度や農作物保険スキームなど政府の消費振興策が奏功し販売が増加した。1-2月累計では前年同期比26.1%増の14万3,944台となった。
・Toyota Motor Thailand (TMT)のデータによると、2月販売のメーカー別では、トヨタが前年同月比57.2%増の2万4,998台、シェア33.6%で首位。続いて、いすゞが22.6%増の2万193台、ホンダが21.3%減の7,090台、三菱は26.4%増の4,604台、マツダが8.5%増の3,336台となった。
・2月の販売台数を車型別に見ると、乗用車は19.1%増の2万2,590台、商用車は29.8%増の5万1,899台だった。商用車のうち1トンピックアップトラック(PPV含む)は33.0%増の4万1,447台。
・2月のモデル別販売上位5モデルは、1位がいすゞ「D-Max」で1万3,412台、2位がトヨタ「ハイラックス(Hilux)」で1万2,689台、3位がホンダ「シティ(City)」で4,897台、4位がトヨタ「フォーチュナー(Fortuner)」で2,944台、5位がトヨタ「ヤリス(Yaris)」で2,886台となった。
・FTIが発表した2月の生産台数は前年同月比0.3%増の15万5,660台。ピックアップトラックの生産が国内向けで27.8%増、輸出向けで11.0%増と貢献した。1-2月累計の自動車生産は前年同期比1.3%増の30万7,407台。
・2月の完成車輸出台数は、前年同月比0.02%減の7万9,451台。半導体や部品の不足による乗用車の一部モデルの生産休止により、アジア、豪州、中米、南米向けの輸出が減少。完成車輸出は金額ベースでは前年同月比5.7%増の455億バーツだった。海外の自動車工場の稼働再開に伴い、エンジンや部品の輸出額も前年同月に対し増加した。1-2月累計では前年同期比2.8%減の14万9,284台となった。
・FTIは、バンコク国際モーターショー(3月23日から4月3日開催)に合わせた販売促進キャンペーンが多く行われ、3月から4月にかけて電動化車両などの販売拡大が見込まれるとしている。

タイの自動車生産・小売販売台数

2022年2月 前年同月比 2022年
1-2月
前年同期比
生産 155,660 0.3% 307,407 1.3%
国内販売 74,489 26.3% 143,944 26.1%
輸出 (CBU) 79,451 0.0% 149,284 -2.8%

出所: FTI (Federation of Thai Industries), 各種報道




ページトップへ

2022年1月 生産台数速報

2022年2月25日

*掲載している速報値とデータベースの詳細情報とでは、情報ソースの違い、速報値と確定値の違いなどから、差異が生じることがございます。


タイ、1月の自動車販売は25.8%増、生産は2.5%増
・タイ工業連盟(FTI)が発表したデータによると、2022年1月のタイにおける国内新車販売台数は前年同月比25.8%増の6万9,455台となった。海外との往来の再開や2021年から続くコロナウイルス流行抑制のためのロックダウンの緩和、小規模店舗での支出に対し支出額の半分を補助する制度や農作物保険スキームなど政府の消費振興策が奏功し販売が増加した。3月下旬から4月初めに予定されるバンコク国際モーターショーにより第1四半期の販売は拡大が見込まれる。
・Toyota Motor Thailand (TMT)などのデータによると、1月販売のメーカー別では、トヨタが前年同月比24.7%増の2万2,149台、シェア31.9%で首位。続いて、いすゞが1.2%増の1万5,426台、ホンダが50.7%増の8,525台、三菱は45.6%増の4,834台、マツダが1.9%増の3,230台となった。
・1月の販売台数を車型別に見ると、乗用車は45.1%増の2万3,365台、商用車は17.9%増の4万6,090台だった。商用車のうち1トンピックアップトラック(PPV含む)は16.1%増の3万4,962台。
・1月のモデル別販売上位5モデルは、1位がいすゞ「D-Max」で1万5,549台、2位がトヨタ「ハイラックス(Hilux)」で1万4,426台、3位がホンダ「シティ(City)」で5,141台、4位がトヨタ「ヤリス(Yaris)」で3,077台、5位がフォード「レンジャー(Ranger)」が2,656台となった。
・FTIが発表した1月の生産台数は前年同月比2.5%増の15万1,747台。1月生産のうち国内販売向けは49.2%となり、前年同月比19%超増加した。
・1月の完成車輸出台数は、前年同月比5.8%減の6万9,833台。半導体不足により、豪州と中南米市場を除くほとんど全ての仕向地で減少した。金額ベースでは完成車輸出は前年同月比3.2%増の428億バーツだった。エンジンや部品の輸出額も前年同月に対し増加した。
・FTIは、2022年の自動車生産について、2021年比6.8%増の180万台と予想する。内訳は輸出向けが100万台(4.5%増)、国内販売向けが80万台(9.7%増)となる。

タイの自動車生産・小売販売台数

2022年1月 前年同月比
生産 151,747 2.5%
国内販売 69,455 25.8%
輸出 (CBU) 69,833 -5.8%
出所: FTI (Federation of Thai Industries), 各種報道



ページトップへ