トヨタの米国事業:ToyotaブランドはTNGA車、LexusはGA-L車を本格投入

SUVやピックアップトラックを増産

2017/09/06

要約

新型LS500の外観、新開発GA-Lプラットフォームにより、これまでの4ドアセダンとは一線を画す斬新なクーペシルエットを創りだした。(写真:トヨタ)

 本レポートは、トヨタの米国事業について、商品計画、小型トラック系車種の増産、北米事業の収益性の悪化、について報告する。

 商品計画では、ToyotaブランドはTNGAベース車、Lexusブランドでは、FRユニボディ車種向けのGA-Lプラットフォーム採用車を本格投入する。Toyota Camry、Lexus LC、Lexus LSを相次いで投入、いずれも省燃費、低重心によるスポーティな走りとスタイルを実現し、生産工程のフレキシビリティも高めるとしている。他にも、これまでToyota、Lexusのラインアップに欠けていたサブコンパクトCrossover(Toyota C-HR、Lexus UX Concept)、乗用車ベースSUVの3列シート車(Lexus RX)などを投入する。

 米国市場は、ここ数年で急速に乗用車からSUVやピックアップトラックなどの小型トラック系車種へ需要が変動している。従来乗用車が強みであったトヨタは、小型トラック系車種の供給が不足しているため、日本やメキシコでの生産を含め、米国向け同車種の増産を急いでいる。トヨタの北米における営業利益は2016年度後半から急減、2017年4~6月期は前年同期より半減した(892億円)。米国市場全体の伸び率停滞による価格競争の激化、乗用車系車種へのインセンティブ増加などが減益の要因と見られる。

関連レポート
トヨタのEV/PHV戦略:マツダとEVを共同開発(2017年8月)
(本レポートで紹介する新型車が搭載するパワートレインについては、下記参照方)
人とくるまのテクノロジー展 2017:トヨタの新開発パワートレインの出展(2017年6月)



Toyotaブランドの北米モデル計画

 Toyotaブランドは、TNGAベースの新規モデル、サブコンパクトCrossoverの C-HR(2017年4月発売)と、新型Camry(同年秋に投入)に期待している。TNGA車は重心を低くとり、スポーティな走りとスタイルを実現、生産のフレキシビリティも高まる。

 なお、New York Auto Show 2017(4月開催)に、C-HRとプラットフォームを共有するConcept FT-4Xを出展した。アウトドアの活動に向いたCrossoverの位置づけで、オートショーでの注目度が高く商品化を検討するとされる。

 下表のモデル計画のうち、太字で表示したモデルは次の更新でTNGAベースに移行すると見られる。当面TNGAベースに移行しないモデルや、ライフサイクルの長いbody-on-frameの車種は、従来のペースでの更新を予定している。



Toyotaブランドの北米モデル計画

2017年 2018年 2019年 2020年 2021年
前半 後半
C-HR、
Prius Prime (PHV)
Camry 新型Avalon
新型RAV4
新型Corolla、
新型Corolla iM、
新型86、
新型Sequoia、
新型Tundra、
新型Sienna、
Supra後継車
新型Yaris、
新型Highlander、
小型FCV
新型4Runner
資料:Automotive News 2017.7.31
(注)1. 青太字はTNGAベース車となる見込み。
2. Corollaはセダン、Corolla iMはハッチバック。



<C-HRとConcept FT-4X>

 2016年6月、これまでToyota車が空白であったサブコンパクトCrossover市場に、C-HRを投入した。Priusと共通のTNGA Cセグメント プラットフォームベースで、米国仕様車は、2.0LエンジンとCVTを搭載。ショックアブソーバーのチューニングなど、欧州車に負けない走行性能を追求した。C-HRはトルコ工場で生産される。

 トヨタは、2017年4月のNew Yorkオートショーに、C-HRとプラットフォームを共有するCrossover Concept FT-4Xを出展。若者を対象としアウトドア活動に向いたモデルとして注目を集めた。特に男性顧客へのアピールを期待し、市場の反応を見て商品化するとされる。

写真左はサブコンパクトCrossover C-HR、(左からアイディアスケッチ、初期モデル、最終プロダクト)。

写真右は、2017年4月のNew Yorkオートショーに出展したConcept FT-4X、野外活動向けのCrossoverと訴求(写真:トヨタ)



<Camry>

 Camryはこれまで、「トヨタのグローバルミッドサイズセダン」として、米国で15年連続乗用車販売台数No.1を獲得。また100カ国以上の国や地域で販売し、累計1,800万台超を達成している。

 新型Camryは、「前例のない変革」をスローガンに、全ての部品をゼロから開発・刷新した。TNGAをエンジンや変速機などのパワートレインも含めて全面採用した第1号モデルで、新開発のプラットフォームがもたらす重量バランス、車両安定性の向上により上質な乗り心地を実現。エンジンおよび乗員レイアウトを下げることで、低重心シルエットのデザインを実現した。

 北米仕様は2017年秋に、新開発の4気筒2.5Lエンジンと8速ATを組み合わせて発売し、順次新開発6気筒3.5Lエンジンとハイブリッドシステム搭載車も発売される。安全面では、衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense P」を全車に標準装備した。

 北米市場では乗用車比率が低下しているが、2017年にはCamryに加えホンダAccordが発売され、2018年以降に日産Altima、現代Sonataなど中型乗用車が相次いで更新されるので、再度顧客の注目が集まり、SUVにはない乗用車本来の運転の楽しさが見直されることも期待されている。

新型Camryの外観、低重心とワイドなスタンスを強調、前モデル比で全高を25mm下げ1445mmに、全幅を15mm拡大し1840mmに、全長を35mm延長し4885mmとした。(写真:トヨタ) 新型Camryのインテリア、スポーティなコックピット空間と広がり感を両立した(写真:トヨタ)



ケンタッキー州Georgetown工場で新型Camryの生産を開始

 トヨタは、ケンタッキー州Georgetown工場に、工場全体の刷新を含めて13億ドルを投資し、2017年6月から新型Camryの生産を開始した。米国でTNGA車を生産するのはCamryが初めて。

 TNGAは、生産面においても、効率とフレキシビリティをより高める効果があり、顧客の嗜好が多様化するなかで大きなメリットを生む。トヨタは、ここ数年米国市場の小型トラックへの移行に追いつくのに苦労してきたが、TNGA車ではunderbody構造を共通化することにより、乗用車・Crossoverにかかわらず、フレキシブルな生産が可能になるとのこと。

 エンジン組立ラインは、4気筒、6気筒、およびハイブリッド用エンジンを、従来のように個別のステップを追加することなく同一ラインで生産できる。ラジエーターも組立前にエンジンに組み込まれているので、取り付け作業が省かれている。

 モジュール生産により、組立工程はより小さいスペースで済むようになり、その分工場の生産能力が拡大し、新たな車種をフレキシブルに生産することが可能になるとしている。

 Georgetown工場の年間生産能力は、完成車が55万台、エンジンが60万基。組立ラインは3本あり、Camry、Avalon、および2015年からLexus ESを生産している。AvalonとESも、2018年にフルモデルチェンジされる見込み。



Lexusブランドの北米モデル計画

 Lexusは、2017~2018年に発売するLexus LC/新型LSから、TNGAのLexus版である後輪駆動用GA-L(Global architecture for luxury vehicles)プラットフォームを採用した。GA-Lプラットフォームは、今後はさらに小型のモデルも含めてLexusのFRモノコックボディのモデルに順次適用される。

 Lexusは、現在のラインアップに欠けているサブコンパクトCrossover(UX Concept)と、乗用車ベースSUVの3列シート車(RX)を投入する。現在はGS FとRC Fの2車種にとどまっている高性能車Fシリーズも多くのモデルに設定する見込み。また、Teslaやドイツメーカーに対抗する高級EVも検討中としている。



Lexusブランドの北米モデル計画

2017年 2018年 2019年 2020年 2021年
前半 後半
LC500 新型LS、
新型ES、
RX 3列シート車
新型IS、
新型NX、
UX
新型GS、
新型GX
新型RX、
新型LX
資料:Automotive News 2017.7.31
(注)1. 青太字は、GA-Lベース車となる見込み。新型ESは、Camry、Avalonと共通のTNGAプラットフォームを採用する見込み(GA-Lベースになるという報道もある)。
2. UXは、サブコンパクトCrossoverの新規モデルで、C-HRと共通のTNGAプラットフォームを採用する見込み。



<LC>

 Lexusの新しいフラッグシップクーペ。GA-Lプラットフォームにより、低重心かつ低い全高とワイドな全幅のスタイルを実現。フロントミッドシップレイアウトを採用し、エンジンなどの重量物を車両中心近くに配置。さらに軽量なCFRPやアルミ部材の採用で、重心高を下げている。

 日本では2017年3月、米国で5月に発売、価格はガソリン車(5.0L V8とDirect Shift -10ATを搭載)が92,000ドルから、ハイブリッド車(3.5L V6とマルチステージハイブリッドトランスミッションを搭載)が96,510ドルから。元町工場のLC専用組立ラインで生産する。

ラグジュアリークーペLC500、低重心かつ低い全高とワイドな全幅で、アグレッシブなスタイルを実現(写真:トヨタ) LC500のコックピットと内装(写真:トヨタ)



<LS>

 5代目となる新型LSを、2017年秋に日本で、2018年前半に米国で発売する。パワートレインは、「LS500」(V6 3.5Lツインターボエンジン + Direct-Shift-10AT)と「LS500h」(V6 3.5L 2GR-FXSエンジン + マルチステージハイブリッドシステム)を設定した。

 新開発GA-Lプラットフォームにより、重心を低くしたスタイリングを実現。これまでの4ドアセダンとは一線を画す斬新なクーペシルエットを創りだすため、6ライトキャビンデザイン(車体側面にウィンドウガラスを片側3枚ずつ(計6枚)配置)を採用した(下記写真左参照方)。

 前席のインテリアについては、上部を水平基調のインストルメントパネル・ドアトリムで広がり感のある構成とし、下部は厚みのあるソフトなコンソール・アームレストにより、心地よい安心感を創出した(写真右参照方)。

 安全面では、世界初の技術を満載した「Lexus Safety System + A」を設定。従来の予防安全パッケージ「Lexus Safety System +」に、世界初の「アクティブ操舵回避支援」や交差点での出会い頭事故の予防に寄与する「フロントクロストラフィックアラート」が追加される。

 また、自動運転につながる高度運転支援技術「Lexus CoDrive」を設定した。Radar Cruise Control、Lane Tracing Assistの基本機能に、Lane Change Assistを加えた3機能を連携させ、高速道路や自動車専用道において、ドライバーの運転意図と調和した操舵支援や、レーンチェンジの運転支援を実現した。複数の操作をシステムが行うレベル2の自動運転技術に相当するが、トヨタは「自動運転につながる技術」の説明にとどめている。

新型LS500の外観、新開発GA-Lプラットフォームにより、これまでの4ドアセダンとは一線を画す斬新なクーペシルエットを創りだした。(写真:トヨタ) 新型LS500のインテリア(写真:トヨタ)



<UX Concept>

 UX Conceptは、Lexusが提案する新たなサブコンパクトCrossoverのコンセプトモデルで、2016年9月のパリモーターショーに出展された。コンパクトなボディと快適性を両立させ、先進的な都市生活者の期待に応えることを目指す。トヨタC-HRと共通のプラットフォームを採用する見込み。

UX Concept(写真:トヨタ) UX Conceptの前後席それぞれが異なる趣のインテリア空間(写真:トヨタ)


米国での販売と生産:供給不足の小型トラックを増産

インディアナ工場では、SUV Highlanderを増産する(写真:トヨタ)

 トヨタの米国Light vehicle販売は、2015年の250万台がピークで、販売台数、シェアとも下降気味。

 米国Light Vehicle市場では、ガソリン価格の低下に伴いSUVなど小型トラック比率が高まり、2014年に50%を超え、2017年1~8月では63.4%に達した。トヨタの米国ベストセラー車種は、2016年までのCamryから2017年1~8月期はRAV4に代わった(Camry:24.8万台、RAV4:27.0万台)。

 同期間のトヨタの小型トラック販売比率は57.3%にとどまる。乗用車モデルの販売では、Camry、Corolla、Priusの主力車種を始め軒並み前年割れ。レクサスの乗用車も全モデルが前年を下回っている。一方、売れ筋の小型トラックは生産が追い付いていない状態で、特に小型ピックアップトラックのTacomaは、北米のみで生産しているため日本からの輸入で調整することができず、Chevrolet Colorado/GMC Canyonなどに市場を侵食されている。トヨタは、日本の工場、インディアナ工場、メキシコのTijuana工場で米国向け小型トラックを増産して対応、またメキシコGuanajuatoに建設中の新工場では、当初予定のCorollaの替わりにTacomaを生産すると発表した。



米国向け小型トラックを増産

日本  Priusは、堤工場で生産している。Priusの生産計画を縮小し、2016年秋から予定していた高岡工場でのPrius生産は凍結して、RAV4を増産する。
インディアナ  インディアナ工場に6億ドルを投資し、2019年秋からHighlanderの生産能力を4万台増強するとともに、工場全体を刷新する。2017年1月に発表した、「今後5年間で米国に100億ドルを投資」する計画の一環。
テキサス  TacomaとTundraを生産するテキサス工場で、2016年春から土曜日の操業を開始した。
メキシコ(Tijuana)  2017年末または2018年初めまでに、メキシコTijuana工場のTacoma生産能力を現在の10万台から16万台(3直稼働ベース)に増強する。
メキシコ
(Guanajuato)
  マツダと合弁の米国新工場建設計画に伴い、メキシコGuanajuatoに建設中の新工場では、従来計画していたCorollaに替わりTacomaを生産する(米国に建設する新工場でCorollaを生産する)。部品供給網を再構築するため、生産開始時期を2019年半ばから2020年前半に延期した。
資料:トヨタプレスリリース 2017.1.25、Automotive News 2017.8.7/2017.8.14



トヨタ(Lexusを含む)の米国販売:乗用車と小型トラック

2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2016年
1~8月
2017年
1~8月
台数 乗用車 1,241,979 1,294,557 1,318,168 1,303,048 1,147,557 784,977 686,069
小型トラック 840,525 941,485 1,055,603 1,196,271 1,302,073 840,220 918,778
合計 2,082,504 2,236,042 2,373,771 2,499,319 2,449,630 1,625,197 1,604,847
比率 乗用車 59.6% 57.9% 55.5% 52.1% 46.8% 48.3% 42.7%
小型トラック 40.4% 42.1% 44.5% 47.9% 53.2% 51.7% 57.3%
合計 100.0% 100.0% 100.0% 100.0% 100.0% 100.0% 100.0%
トヨタの米国シェア 14.3% 14.3% 14.4% 14.3% 14.0% 13.9% 14.1%
米国Light vehicle市場:乗用車と小型トラック
  2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2016年
1~8月
2017年
1~8月
比率 乗用車 51.6% 50.1% 48.0% 43.3% 39.3% 40.4% 36.6%
小型トラック 48.4% 49.9% 52.0% 56.7% 60.7% 59.6% 63.4%
合計 100.0% 100.0% 100.0% 100.0% 100.0% 100.0% 100.0%
Light vehicle全需 14,492,398 15,603,678 16,531,070 17,482,841 17,539,052 11,676,422 11,358,405
資料:Automotive News



北米事業で営業減益

 米国でのLight vehicle需要は、2017年1~8月累計で2.7%減少した。競争激化によりインセンティブ支出が増大、またリース終了後の中古車価格が下落して各社の営業利益を圧迫している。トヨタは、2017年度の北米販売台数見通しを、5月発表の282万台から8月発表では278万台に4万台下げた(連結(世界)販売台数は、他の地域で調整し890万台で変わらない)。

 トヨタの北米の所在地別営業利益は、直近では2014年の5,845億円をピークに減少傾向にある。2016年度後半から特に減少し、2017年4~6月期は892億円に前年同期比で半減し、営業利益率は6.5%から3.3%に低下した。販売諸費用の増加が響いたとのこと。



北米の所在地別営業利益

(億円)

2013年度 2014年度 2015年度 2016年度 2017年度
4-6月 7-9月 10-12月 1-3月 年度計 4-6月
北米 3,260 5,845 5,288 1,714 1,398 706 (707) 3,111 892
連結 22,921 27,506 28,540 6,422 4,746 4,385 4,389 19,944 5,742
資料:トヨタの決算発表資料
(注)北米所在地別営業利益は、北米で生産されたモデルの販売による営業利益。日本からの輸出による利益は「日本」地域セグメントに分類されているので、北米事業の貢献度は実際はもっと大きく、2014~2015年度は連結営業利益の4割程度であったとされる。


LMC Automotive販売予測:2020年のトヨタグループの販売は1,032万台

LMC Automotive 2017年第2四半期)

 LMC Automotiveの販売予測(2017年第2四半期)によると、トヨタグループのLight vehicle販売は2017年に997万台となり2016年比1.0%増加する。2017年から 2020年の間の伸び率は0.6%~1.7%と緩やかで、2020年には1,032万台(2016年比4.6%増)と予測している。

 米国は、2020年もトヨタの最大市場であり続けると思われるが、販売台数は232万台で2016年比5.5%減少すると予測している。2016年に、トヨタの米国販売は2%減少し、シェアは2011年以来初めて14%を下回った(13.97%)。LMC Automotiveは、2017年の販売はさらに3.0%の大幅減と予測。販売減少の多くは、Camry、CorollaおよびLexusブランド乗用車がもたらすとしている。

 トヨタグループのシェアは下降を続け、2024年までには2017年対比でさらに1.0%ポイントの下落を予測。LMC Automotiveは、トヨタはGM、Fordに次ぐ第3位のメ-カーにとどまるが、シェアが14%台にもどるとは期待しない。要因としては、消費者のSUV志向がCamry、Corollaに影響し、ガソリン価格の低下がハイブリッド車間の競争を激化させ、プレミアムセグメントでの競合がLexus乗用車に影響するなど、多くが重なっている。さらに、トヨタは既に多様な商品構成をもっており、今後新たな量販モデルのラインアップへの追加は期待しがたい。

 日本では、トヨタグループの2018年販売は227万台で、2016年比4.5%増加するが、2020年には191万台と2016年比12.2%減少する見込み。2017年4月までの結果は、2017年通年に換算すると518万台のレベル(2016年4月時点では490万台)であった。日本の安定した経済は、市場の予想を超える拡大をもたらした。しかし中長期の見通しとしては、LMC Automotiveは、日本国内需要は徐々に縮小し、440万~450万台レベルに落ち着くとの見解を変えていない。

 2020年のトヨタの中国での販売は128万台で、2016年比3.0%の伸びにとどまる見込み。中国市場全体の2017年販売のスタートはやや弱く、4月に204万台を販売し、4月単月で3%減、4月までの累計で4%増であった。中国市場の成長率は徐々に低下すると思われる。販売台数が大きくなり、そこからの大幅な伸びが困難であることに加え、保有台数が大きくなり、新たな車の保有に対する圧力が増している。

 上記3カ国以外を見ると、最も顕著な伸びがみられるのはインドで、2020年に、トヨタグループは2016年実績の倍を超える27.7万台を販売する見込み。LMC Automotiveは、インドでのLight vehicle販売は、2019年10月に導入される新たな安全基準や、2020年に導入される環境規制Bharat Stage Ⅵ(Euro Ⅵ相当)などの課題を乗り越えて、今後7年間年平均8%の拡大を続けると予測している。



トヨタのライトビークル販売予測

(主要54カ国*の販売予測データはこちらからダウンロード可能です。)

(台)

COUNTRY GLOBALMAKE 2014 2015 2016 2017 2018 2019 2020
  Toyota 8,264,257 8,181,512 8,226,927 8,276,943 8,360,405 8,530,474 8,602,310
  Daihatsu 1,000,659 873,601 902,530 1,048,826 1,085,286 1,049,797 996,755
  Lexus 578,421 642,790 675,313 620,625 623,055 655,892 700,650
  Hino 21,817 22,892 23,979 22,416 21,481 23,279 23,010
  Scion 44,264 42,376 37,165 283 0 0 0
Toyota Group Total 9,909,418 9,763,171 9,865,914 9,969,093 10,090,227 10,259,442 10,322,725
USA Toyota 2,020,477 2,114,631 2,082,130 2,096,108 2,039,586 1,995,522 2,020,123
Lexus 311,389 344,601 331,228 279,686 260,610 275,461 295,162
Scion 41,907 40,081 36,229 225 0 0 0
USA sub-total 2,373,773 2,499,313 2,449,587 2,376,019 2,300,196 2,270,983 2,315,285
Japan Toyota 1,499,643 1,439,542 1,518,162 1,404,310 1,485,817 1,422,055 1,235,622
Daihatsu 719,089 620,794 597,934 700,591 717,990 662,360 600,230
Lexus 44,245 48,228 52,149 50,943 61,808 66,043 66,180
Hino 6,596 6,750 6,664 7,284 6,134 7,565 7,199
Japan sub-total 2,269,573 2,115,314 2,174,909 2,163,128 2,271,749 2,158,023 1,909,231
China Toyota 1,023,558 1,083,148 1,132,099 1,156,972 1,068,711 1,132,612 1,148,233
Lexus 74,553 85,740 111,447 113,589 125,623 128,011 132,069
Scion 36 3 3 0 0 0 0
China sub-total 1,098,147 1,168,891 1,243,549 1,270,561 1,194,334 1,260,623 1,280,302
Indonesia Daihatsu 252,300 225,454 282,691 325,848 341,735 358,912 369,373
Toyota 321,225 259,792 287,602 269,160 268,593 278,827 288,764
Hino 2,545 3,055 2,040 2,031 2,490 2,761 2,993
Lexus 627 648 1,024 947 667 735 834
Indonesia sub-total 576,697 488,949 573,357 597,986 613,485 641,235 661,964
Thailand Toyota 326,390 265,181 244,317 260,408 285,144 303,228 315,482
Lexus 571 832 770 726 724 800 812
Hino 0 255 1,551 1,142 408 394 354
Thailand sub-total 326,961 266,268 246,638 262,276 286,276 304,422 316,648
India Toyota 132,778 139,820 134,141 153,349 161,992 201,177 276,352
Lexus 0 0 0 270 342 362 382
India sub-total 132,778 139,820 134,141 153,619 162,334 201,539 276,734
Australia Toyota 201,386 206,062 209,597 214,318 220,878 221,018 223,679
Lexus 6,998 8,691 9,027 9,719 9,978 10,218 10,392
Hino 1,587 2,112 2,047 434 0 0 0
Scion 232 174 13 0 0 0 0
Australia sub-total 210,203 217,039 220,684 224,471 230,856 231,236 234,071
Canada Toyota 180,793 184,915 194,369 199,114 184,360 182,675 191,360
Lexus 17,565 22,025 22,509 24,197 22,972 23,618 23,374
Scion 2,088 2,110 915 57 0 0 0
Canada sub-total 200,446 209,050 217,793 223,368 207,332 206,293 214,734
Brazil Toyota 195,387 175,755 180,358 176,458 182,903 211,587 201,343
Lexus 324 723 474 512 755 866 1,035
Brazil sub-total 195,711 176,478 180,832 176,970 183,658 212,453 202,378
Philippines Toyota 96,567 111,179 139,628 156,081 149,082 160,913 165,891
Daihatsu 9,062 13,433 18,430 17,464 17,827 20,185 18,429
Hino 1,256 744 1,329 947 1,213 1,336 1,404
Lexus 454 563 670 888 714 782 810
Philippines sub-total 107,339 125,919 160,057 175,380 168,836 183,216 186,534
Source: LMC Automotive "Global Automotive Sales Forecast (Quarter 2 2017)"
*国名は一部抜粋のため、主要54カ国の合計値は表中のToyota Group Totalと一致しません。
(注) 1.データは、小型車(乗用車+車両総重量 6t以下の小型商用車)の数値。
2.本表の無断転載を禁じます。転載には LMC Automotive 社の許諾が必要になります。
モデル別やパワートレインタイプ別等のより詳細な予測データのご用命、お問い合わせはこちらのページへ

------------------
キーワード
トヨタ、北米、TNGA、GA-L、Camry、C-HR、LC、LS

<自動車産業ポータル マークラインズ>