マツダ:次期中計期間に第2世代SKYACTIVモデル導入を開始

2020年に、電動化技術と組み合わせて燃費を2008年比50%改善

2015/07/07

要 約

新型Roadster
マツダが2015年5月に発売した新型Roadster(写真:マツダ)

 本レポートは、マツダが2015年4月に発表した次期中期計画「構造改革ステージ2」(2016~2018年度)を中心に、マツダの商品計画と生産体制の計画について報告する。

 マツダの業績は、2008年度~2011年度に最終赤字に陥ったが、2012年からSKYACTIV技術と新デザインテーマ「魂動-Soul of Motion」を採用した新世代商品群を投入し、円安効果もあって大幅に改善している。

 2015年度中には新世代商品を8車種に拡大し、SKYACTIV技術搭載車の割合が85%以上となり、全社平均燃費は2008年比30%向上する見込み。次期中計期間中に、HCCI(予混合圧縮着火)燃焼を採用した第2世代SKYACTIV(SKYACTIV GEN2)搭載車の導入を開始。2019年度からは電動化技術をさらに強化し、2020年に平均燃費を2008年度比50%改善するとしている

 生産体制では、メキシコ、タイ、中国を中心に海外生産を強化し、為替影響を受けにくい体制を構築する。次期中計では、国内稼動を高レベルで維持しながら(国内で85万台以上を確保する方針とされる)、今後の台数成長は海外生産増加で対応するとしている。


関連レポート:
マツダ:為替影響とSKYACTIV車販売拡大により営業利益が3.4倍増(2014年6月)
マツダ:内燃機関技術開発の現状(2015年6月)



次期中計「構造改革ステージ2」期間中に、第2世代SKYACTIV モデル投入開始

 マツダは2014年度決算と同時に、2015年度で終了する現中計「構造改革プラン」に続く、2016年度から2018年度の中期計画「構造改革ステージ2」を発表した。2018年度に、グローバル販売台数165万台、営業利益率7%以上を目指す。

 新世代商品群については、2015年度までの「構造改革プラン」で8車種を投入する。さらに「構造改革ステージ2」では5車種を市場投入する。また「構造改革ステージ2」期間中に、SKYACTIV GEN2モデルの開発・投入も開始する(GEN2モデルの本格展開は、2019年度から始まるさらに次の中計で行う計画)。

 SKYACTIV GEN2では、マツダが究極の燃焼技術とするHCCI(Homogeneous-charge Compression Ignition:予混合圧縮着火)燃焼を実用化するとされている。詳細は、下記レポートを参照ください。


マツダ:内燃機関技術開発の現状(2015年6月)

 

SKYACTIVに加え電動化技術を強化し、2020年の平均燃費を2008年比50%改善

 マツダは、SKYACTIV技術の導入により、2015年に全社の平均燃費を2008年比30%改善する見込み。さらに「構造改革ステージ2」の次の中計(2019年度~)では電動化技術を強化し、第2世代のSKYACTIVと組み合わせて2020年に平均燃費を2008年比50%改善するとしている。電動化に関しては、マツダとトヨタが2015年5月に発表した「商品・技術・地域で最適補完する提携」を活用していく。マツダは、「トヨタの力を借りながら、SKYACTIV技術の価値をより高めていく」方針とされる。

マツダの中期計画

  構造改革プラン 構造改革ステージ2 次期中計
2012-2015年度 2016-2018年度 2019年度~
構造改革による事業構造の転換 質的成長/ブランド価値向上 更なる持続的成長
商品・開発 SKYACTIV<GEN1> ・SKYACTIV商品の継続的進化 ・GEN2本格投入<GEN2>
・GEN2モデル開発・投入開始 ・電気駆動強化
グローバル生産 メキシコ・タイ・ロシア・マレーシア
での生産体制強化
工場稼働率最大化により、
販売拡大をサポート
量的拡大に向けた生産能力拡充
最終年度の数値目標
  2015年度 2018年度
世界販売 149万台 165万台
売上高 3兆3,000億円 3兆7,000億円
営業利益率 6.5% 7%以上

資料:マツダの2014年度決算発表

 

トヨタと協力関係構築に向け基本合意

 2015年5月、マツダとトヨタは、「クルマが持つ魅力をさらに高めていく」ことを念頭に、両社の経営資源の活用や、商品・技術の補完など、継続性のある協力関係の構築に向けた覚書に調印した。今後、両社で組織する検討委員会で、環境技術、先進安全技術といった分野をはじめとする、互いの強みを活かせる業務提携内容の合意を目指す。
 両社はこれまで、トヨタがハイブリッド技術のライセンスをマツダへ供与し、またマツダは、メキシコ工場で2015年夏から新型DemioベースでScionブランド車を生産し、トヨタへOEM供給するなどの提携を進めてきた。
 今回の提携では、分野を限定せず、トヨタからPHV、EV、FCV技術の供与、マツダからSKYACTIV技術の供与、またIT分野での協力などが検討される模様。なお、資本提携は予定されていない。

資料:マツダ・トヨタ共同プレスリリース 2015.5.13/2012.11.9、日本経済新聞 2015.5.14

 

 



新世代商品群:新型CX-9など投入し、2015年度中に8車種に拡大

 マツダは、「SKYACTIV技術」と新デザインテーマ「魂動(こどう)-Soul of Motion」を全面的に採用した新世代商品群として、2012年にCX-5と新型Atenzaを投入。2015年5月に発売した新型Roadsterまでで、日本市場に6車種を投入した。2015年度中に、さらに新型CX-9などの2車種を投入し、2016年3月までに合計8車種とする計画。2015年度のグローバル販売台数のうち、「SKYACTIV技術」搭載車の比率は85%以上になるとしている。

マツダの新世代商品群(日本仕様車)

  日本での発売年月 モデル名 搭載するパワートレイン
ガソリン ディーゼル HV
第1弾 2012年2月 CX-5 2000cc/2500cc 2200cc
第2弾 2012年11月 Atenza 2000cc/2500cc 2200cc
第3弾 2013年11月 Axela 1500cc/2000cc 2200cc
第4弾 2014年9月 Demio 1300cc 1500cc
第5弾 2015年2月 CX-3 設定なし 1500cc
第6弾 2015年5月 Roadster 1500cc 設定なし

資料:マツダの各プレスリリース
(注)上記6車種および2015年度中に発売する2車種は、第1世代SKYACTIV (GEN1)を搭載する。第2世代SKYACTIVは、2016-2018年度次期中計の後半に投入される見込み。

 

新世代商品群:最近1年間で新型Demio、CX-3、新型Roadsterを投入

 マツダは、2014年9月に新型Demio、2015年2月にDemioベースの小型SUV CX-3、5月に新型Roadsterを発売した。Demioは国内防府工場、メキシコ工場、タイ工場で生産し、グローバルで年間20万台販売を計画。CX-3は国内宇品工場で生産し、世界120カ国で販売する。CX-3とRoadsterは、本年の夏からグローバル展開するので、マツダは、2015年度の営業利益は、上半期の950億円に対して、下半期は1,150億円に増加すると予測している。

 

新型Demio CX-3
世界で年20万台販売する計画の新型Demio(2014年9月発売)(写真:マツダ) 日本ではディーゼル車のみ発売した小型SUV CX-3
(2015年2月発売)  (写真:マツダ)

 

マツダが最近1年間に発売した新世代商品

2014年9月 新型Demio  マツダは、新世代商品群第4弾となる新型Demioの、ガソリン車(SKYACTIV-G1.3を搭載)と、新開発のディーゼルエンジン(SKYACTIV-D1.5)搭載車を2014年9~10月に発売した。CX-5から導入している新世代4WDシステムを設定し、12月に発売した。国内販売目標は、月間5,000台。
 ハッチバックとセダンを開発したが、国内ではハッチバックのみを発売。またJC08モード燃費は、ガソリン車(FF、6AT)が24.6km/L、ディーゼル車(FF、6速MT)が30km/Lを達成。受注開始約50日後の2014年10月30日までに、月間販売目標の約4倍の19,233台を受注し、うち63%がディーゼル車だった。
2015年2月 CX-3  Demioベースの小型SUV。エンジンは、国内では1.5Lディーゼル車のみ設定し、6速MT/ATと組み合わせる(海外ではガソリン車も販売する)。最大トルク270N・mと2.5Lガソリンエンジンを上回る大トルクによる優れた走りと、JC08モード燃費25km/L(FF、6速MT車)を両立させた。
 広島市の宇品工場で年間15万台生産し、世界120カ国で販売する。2015年春にオーストラリアで発売、年半ばに米国と欧州に投入する。国内販売目標は月間3,000台。
2015年5月 新型 Roadster  10年ぶりにフルモデルチェンジした4代目Roadsterを発売。前モデル比100kg以上軽量化した新開発のプラットフォームを採用。新開発の直噴1.5Lガソリンエンジン「SKYACTIV G1.5」を搭載。デザインは、25年たっても古くならないタイムレスなデザインを目指した。国内の月間販売目標は360台。

資料:マツダのプレスリリース 2014.9.11/2015.2.27/2015.5.20

 

 



マツダ:国内稼働を高レベルで維持、今後の台数成長は海外生産の増加で対応

 マツダは、2014年度に国内で91.9万台、海外で45.6万台生産した。海外生産比率は、2013年度の23.3%から、メキシコ工場の稼働により10%上昇し32.3%。マツダは、ここ数年国内生産の約8割を輸出している。日本自動車メーカーで輸出比率が最も高いため、世界不況と円高が重なった2008年度~2011年度に最終赤字に陥った経緯があり、メキシコ工場とタイ工場を拡充して、為替に影響を受けにくい体質を構築する。マツダは海外生産比率50%を目指すとされていた。

 しかし円安が定着してきたこともあり、2015年4月の発表では、「国内生産を高いレベルに維持しながら、今後の生産増加は海外で対応する」としている。また、50%達成が目標ではなく、むしろ一極集中の方が効率化する面もあり、効率化と為替リスクのバランスを見ながら進めるため、海外生産比率の見通しは難しいとしている。

マツダの国内生産/海外生産

(1,000台)
2009年度 2010年度 2011年度 2012年度 2013年度 2014年度 2015年度
計画
国内 828 867 847 879 973 919 930
海外 316 411 338 321 296 456 -
海外生産比率 27.6% 32.2% 28.5% 26.8% 23.3% 33.2% -
生産合計 1,144 1,278 1,185 1,200 1,269 1,375 -
輸出台数 649 719 654 703 791 738 -
輸出/国内生産 78.4% 82.9% 77.2% 80.0% 81.3% 80.3% -
資料:マツダの決算参考資料
(注) 1. マツダの海外生産は、中国、タイ、メキシコが中心。他に、ロシア、コロンビア、台湾等8カ国で生産している(2014年に8カ国で8万台強生産した)。
2. Fordと合弁の、米国ミシガン州Flat Rock工場でのMazda6生産は、2012年8月に終了した。
3. 次期中計の最終年度である2018年度に、165万台の販売を目指し、国内生産は85万台を維持する方針とされる。

 

メキシコ工場:Mazda2、Mazda3の量産を開始

Scion iA
マツダがメキシコ工場でDemioベースで生産し、トヨタへ供給するScion iA セダン、ハッチバック車(Scion iM)はトヨタAurisベース車(両モデルとも2015年9月発売予定)(写真:トヨタ)

 マツダはメキシコ新工場で、2014年1月にMazda3(日本名:アクセラAxela)、10月にMazda2(日本名:Demio)の量産を開始した。Mazda2は、欧州への輸出も開始。また10月に、エンジン機械加工工場を稼動させ、欧州向け輸出車に搭載するディーゼルエンジンの生産も開始した。また完成車工場の生産能力を、2016年3月までに年25万台に拡張すると発表した。

 メキシコは安い労働力のみならず、世界の多くの国・地域と自由貿易協定を締結して点で独自の強みを持つ。マツダは、メキシコ工場で、Mazda3/Mazda2を超える中大型車の生産も検討中とされる。マツダの同工場への投資額は、エンジン機械加工工場を含め770百万ドルとなった。


マツダのメキシコでの取組み

2005年  メキシコ市場に参入(輸入販売)。
2011年10月  メキシコ工場の起工式を実施。当初、生産能力は年14万台を計画。
2012年11月  2015年夏頃から、トヨタブランド車を年5万台程度生産し供給すると発表。
2013年1月  2016年3月期に、メキシコ工場の年産能力を23万台に引き上げることを発表。
2014年1月  Mazda3(日本名:アクセラ"Axela")の量産を開始。当初の生産能力は年14万台。
2014年10月  Mazda2(日本名:デミオ"Demio")の量産を開始。
 エンジン機械加工工場が完成し、稼動開始。SKYACTIVエンジンを生産。
 メキシコ工場の生産能力を、2016年3月期に25万台に増強すると発表。

資料:マツダのプレスリリース

 

タイ工場:Mazda2の生産を開始、新トランスミッション工場で稼働開始

 マツダは2014年10月、Fordと合弁のAutoAlliance (Thailand)工場で、タイ政府のエコカー認定を受けたMazda2の生産を開始した。同工場の生産能力は、ピックアップ用第1ラインが年14万台、乗用車用第2ラインの生産能力は12万台。従来は、2つのラインそれぞれをマツダとFordで半分ずつ使用してきたが、第2ラインについては2014年上半期でFord Fiestaの生産が終了し、同下半期から全てマツダ車の生産に利用できるようになった。マツダはエコカー制度に適合させるためにMazda2を将来年10万台生産することが求められるが、その体制が整ったことになる。

 タイでは、さらに2014年11月にエンジン組立工場の建設を発表。また2015年1月に、新トランスミッション工場で自動変速機の生産を開始した。

マツダ:タイの生産体制強化

2014年10月 Mazda2の生産を開始  AutoAlliance (Thailand)の乗用車用第2ラインにて、新型Mazda2の生産を開始した。マツダは、タイのエコカー優遇制度(第2期)に新型Mazda2を申請し、認可を受けている。第2ラインの生産能力は12万台で、これまでFordと共同で使用してきたが、Fordはタイで単独の乗用車工場を稼動させたため、2014年下半期から全てマツダ車の生産に使用できる。
2014年11月 エンジン組立工場の建設を発表  タイで、既に完成したトランスミッション工場の隣に新エンジン組立工場を建設すると発表。2015年第4四半期から、Mazda2に搭載する「SKYACTIV-D1.5」の組立を開始する。新エンジン工場は、タイのエコカー制度の要件に対応して建設するもの。当初年間生産能力3万台のエンジン組立から開始し、その後エコカー優遇制度の要件に合わせて、エンジン機械加工工場を建設、全体の生産能力も拡大する計画。
 マツダのSKYACTIVエンジン生産は、日本、中国、メキシコに続いてタイが4拠点目。
2015年1月 トランスミッション工場で生産を開始  新トランスミッション工場で生産を開始。年産能力は40万基規模で、タイを含むグローバル生産拠点で生産するMazda2、Mazda3やCX-5に搭載するSKYACTIV-DRIVE(AT)を生産する。グローバル年間生産能力は、防府のトランスミッション工場と合わせて約154万基に拡大した。

資料:マツダのプレスリリース 2014.11.6/2015.1.13

 

 



マツダのグルーバル販売と業績、2015年度営業利益見込みは2,100億円(3.5%増)

売上高と営業利益
設備投資と研究開発費

 マツダの2015年度グルーバル販売計画は149万台。世界各地域で拡販を見込む。国内では、新型Demio、新モデルCX-3の発売効果で、日本自動車メーカーで唯一社2015年度に国内販売増を見込んでいる。

 マツダの業績は、2008年度~2011年度最終赤字に陥ったが、2012年度からSKYACTIV搭載車投入と円安効果で大幅回復している。しかし2015年度の営業利益増減要因では、台数・車種構成が400億円寄与するが、ユーロやルーブルなどの通貨安のためロシアを含む欧州への輸出の採算が悪化し、為替影響はマツダ全社で340億円の減益要因となる。営業利益見込みは、過去最高の2,100億円だが、前年度比は2013年度の3.4倍、2014年度の11%増から2015年度は3.5%増にとどまる。

 マツダは、積極的に設備と研究開発への投資を続けている。2013年度・2014年度に、メキシコ・タイの強化など、1,300億円を超える設備投資を行った。研究開発費も年々増加し、2015年度は1,250億円の計画。


マツダのグローバル販売台数

(1,000台)
2009年度 2010年度 2011年度 2012年度 2013年度 2014年度 2015年度
計画
日本 221 206 206 216 244 225 240
北米 307 342 372 372 391 425 449
欧州 239 212 183 172 207 229 240
中国 196 236 223 175 196 215 220
その他 230 277 263 300 293 303 341
1,193 1,273 1,247 1,235 1,331 1,397 1,490

資料:マツダの決算参考資料
(注)マツダの2015年6月軽自動車を含む国内販売(速報)は、21,289台で47.3%増(国内市場全体では2.2%減)。1~6月累計でも139,125台で14.5%増(全体は11.0%減)。

 

マツダの連結業績

(100万円)
2009年度 2010年度 2011年度 2012年度 2013年度 2014年度 2015年度
計画
売上高 国内 575,000 541,500 560,200 588,000 655,700 617,400 640,000
海外 1,588,900 1,784,200 1,472,900 1,617,300 2,036,500 2,416,500 2,610,000
連結 2,163,949 2,325,689 2,033,058 2,205,270 2,692,238 3,033,899 3,250,000
営業利益 9,458 23,835 (38,718) 53,936 182,121 202,888 210,000
営業利益率 0.4% 1.0% -1.9% 2.4% 6.8% 6.7% 6.5%
経常利益 (7,265) 16,081 (55,262) 39,101 140,651 212,566 215,000
当期純利益 (6,478) (60,042) (107,733) 34,304 135,699 158,808 140,000
設備投資 29,800 44,700 78,000 77,200 133,200 131,000 105,000
減価償却費 76,400 71,600 68,800 60,000 57,700 68,900 80,000
研究開発費 85,200 91,000 91,700 89,900 99,400 108,400 125,000
為替レート 円/US$ 93 86 79 83 100 110 120
円/EUR 131 113 109 107 134 139 130

資料:マツダの決算発表資料

 

営業利益増減要因

(億円)
前年度営業利益 台数・車種構成 為替 コスト改善 販売費用 その他 当期営業利益
2014年度 1,821 486 170 175 (150) (473) 2,029
2015年度予想 2,029 400 (340) 155 0 (144) 2,100

資料:マツダの決算発表資料

 

 



LMC Automotive 販売予測:マツダの2018年世界販売は141万台へ

(LMC Automotive社、2015年第1四半期予測)

マツダの販売予測 LMC Automotiveの2015年第一四半期予測によると、マツダの2015年Light Vehicle販売は140万台で2014年比7.6%増加し、2018年には2014年比8.4%増の141万台となる見込み。

 マツダの国別最大市場である米国での販売は、2014年に前年比7.7%増加した(市場全体の伸び率は5.9%だった)。販売拡大のかなりの部分は、2014年に24.6%拡大したCX-5が貢献した。CX-5は2012年に投入され、コンパクトSUV拡大の機に乗じて販売増を続けている。コンパクトSUVセグメントは、米国市場の2014年後半の大幅拡大に貢献した。2014年に、Mazda6の販売も前年比22.0%拡大し、マツダ車の販売拡大に貢献した。

 中国での販売は、2016年に日本の販売(232,856台)を超えて243,794台に増加し、2018年には国別世界第二位の市場として274,961台を販売する見込み。

 日本での2015年販売は、新型Demioと新モデルCX-3の効果で、2014年比13.6%増加し、248,749台の見込み。しかし日本での販売は、2015年をピークに2016年から徐々に減少し、2018年に191,561台と予測している。

 LMC Automotiveは、マツダの国別第四位の市場であるオーストラリアは、2018年まで年間10万台のレベルを維持すると予測している。

 

マツダの2018年Light Vehicle販売予測

2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018
Total 1,208,949 1,250,712 1,297,385 1,395,435 1,394,251 1,355,204 1,406,768
USA 277,048 283,946 305,801 309,294 298,759 283,008 295,176
China 180,010 190,817 200,561 225,507 243,794 253,202 274,961
Japan 218,365 228,088 219,092 248,749 232,856 203,490 191,561
Australia 103,886 103,144 100,704 103,170 102,264 101,211 102,417
Canada 73,598 71,859 72,097 74,636 73,753 71,407 72,568
Germany 40,710 45,060 52,515 60,340 58,758 55,328 57,627
Mexico 25,424 33,348 40,997 47,455 48,393 48,562 52,043
Thailand 73,764 52,644 34,326 36,461 36,935 40,938 38,920
UK 26,184 31,230 37,784 47,473 43,396 37,075 36,401
Iran 15,565 11,565 4,799 20,605 25,849 31,330 36,396
Russia 44,442 43,175 50,716 25,165 20,269 20,883 26,948
Malaysia 6,322 9,198 11,376 19,854 24,486 24,089 23,493
Vietnam 238 5,423 12,025 14,518 13,761 14,921 16,051
Taiwan 13,970 13,900 15,510 14,274 14,464 14,792 14,593
Chile 7,853 11,584 11,404 11,450 12,090 12,787 13,551
Indonesia 12,361 11,235 9,225 10,599 11,098 11,867 12,816
Austria 8,474 9,572 9,389 11,979 11,819 10,806 10,840
Spain 4,602 5,794 9,921 8,806 8,851 8,761 9,846
Colombia 10,798 9,568 11,777 7,402 8,090 8,753 9,219
Ecuador 5,120 6,402 6,916 7,488 8,125 8,671 9,042
Poland 2,416 4,254 7,610 5,861 6,417 6,206 8,704
Switzerland 7,152 7,610 7,526 9,440 9,209 8,438 8,553
France 5,263 6,329 6,125 7,611 7,724 7,398 7,817
South Africa 6,791 5,699 4,982 7,931 7,914 8,348 7,205
Netherlands 6,150 5,344 5,435 6,928 7,314 6,685 6,914
Italy 4,393 4,707 5,419 6,081 6,612 6,337 6,874
Philippines 1,504 2,074 3,631 5,181 5,569 5,977 6,266
Brazil 0 0 0 817 5,496 5,851 6,237
Denmark 2,803 3,315 4,166 5,877 5,141 4,439 4,960
Belgium 3,185 4,136 4,492 4,954 4,896 4,428 4,308
Peru 1,661 2,780 3,997 3,602 3,663 3,797 3,970
Norway 2,544 6,111 6,047 3,658 3,595 3,415 3,815
Ireland 1,434 1,407 1,792 3,340 3,412 3,397 3,673
Sweden 2,226 3,489 4,442 3,878 3,449 3,174 3,416
Finland 1,346 1,762 1,725 2,064 1,997 1,975 2,882
Turkey 1,011 1,380 1,300 1,881 2,525 2,340 2,700
Venezuela 3,102 3,112 0 196 450 1,110 2,047
Czech Republic 1,209 1,780 2,319 1,747 1,711 1,593 1,907
Ukraine 1,715 2,632 2,440 1,353 1,230 1,032 1,605
Hungary 510 854 1,320 1,287 1,431 1,360 1,602
Portugal 424 611 1,092 1,419 1,452 1,300 1,317
Slovakia 740 884 1,327 846 859 756 812
Slovenia 480 575 637 778 799 716 802
Estonia 292 304 416 643 672 588 726
Romania 437 597 802 506 581 575 688
Lithuania 203 135 131 460 450 413 597
Luxembourg 310 361 359 457 452 419 463
Greece 257 246 31 539 558 445 441
Bulgaria 446 512 512 342 369 341 418
Latvia 56 85 115 251 263 253 370
Kazakhstan 0 0 171 203 151 131 122
Uruguay 155 75 89 79 80 86 88
資料: LMC Automotive "Global Automotive Sales Forecast" (Quarter 1 2015)
(注) 1. データは、小型車(乗用車 + 車両総重量6t以下の小型商用車)の数値。
2. 本表の無断転載を禁じます。転載にはLMC Automotive社の許諾が必要になります。
モデル別やパワートレインタイプ別等のより詳細な予測データのご用命、お問い合わせはこちらのページへ

                     <自動車産業ポータル、マークラインズ>