デトロイト3はともに北米では好業績だが、欧州は赤字解消できず

中国販売で、GMが316万台、Fordが94万台、FCAは5万台と大きな差

2014/03/04

要 約

 米国市場は2008-2009年の「大不況」から回復し、2013年は前年比で7.6%増の1,560万台となり、ほぼリーマンショック以前の需要レベルとなった。持続的な米国経済の回復、消費者心理の改善、古い車の買い替え需要、低金利や魅力的なリースなどで、好調な販売が続いている。

 このような米国自動車市場の回復の中で、2013年の特徴は「トラックの年」と呼ばれるほど、大型ピックアップと小型・中型SUVの販売が活況を呈したことであった。特に大型ピックアップを持つ米国3社には有利な市場環境で、マーケットシェアを45.1%から45.7%へ0.6%ポイント奪回した。日本車も円安で余裕が生まれたことから、攻めの販売姿勢に転換して37.1%から37.4%へ0.3%ポイントシェアを増加させた。

 米国3社の中では、フォードが「One Ford」戦略を推進して全世界で販売を伸ばし、営業利益と純利益で3社中では最も高い収益を上げた。北米地域の収益でもフォードがGMを凌駕した。GMは数多くの新型車を投入したにもかかわらず、シェアアップにはつながっていない。フィアット・クライスラーは、UAW の退職者向け信託基金 (VEBA)が持つ、残りの41.5%の株式の買い取り交渉を粘り強く続けて、2014年1月にようやく完全買収が完了した。フィアットは1月末に役員会を開催して、新統合会社(親会社)の名前をFiat Chrysler Automobiles (FCA)と決定した。

 米国3社は北米で大型ピックアップやSUVで大きな収益を上げる一方、欧州では大きな赤字を抱えるという点では共通している。大きな相違点は中国での販売状況で、GMは11.4%増の316万台、フォードは49%増の93.6万台、フィアット・クライスラーは5万台弱にとどまっている。

2013年 3社損益比較表 (単位:100万ドル)
GM Ford FCA
売上高 155,427 146,917 118,938
EBIT 8,578 8,569 4,071
(EBIT/売上高) 5.5% 5.8% 3.4%
純利益 5,346 7,155 2,673

注1、EBITは利払/税引前利益(Earnigns Before Interest and Taxes)を表す
注2、フォードのEBITの数字は、税前利益
注3、FCAのドル金額は、1ユーロを1.37ドルで換算
注4、GMの販売台数は、SGMWのWulingブランドを含む
 

関連レポート
デトロイトモーターショー 2014 (1):米国メーカーの展示取材 2014年2月
回復する米国のピックアップトラック市場 2013年11月

米国3社地域別販売台数

米国3社の地域別EBIT


GM:新型車攻勢をかけるもシェアは増加せず

 

Government MotorsからGeneral Motorsへ復帰

 米財務省は2013年1月から市場などを通じて保有するGM株式の売却を進め、2013年12月9日にGM株式の売却を完了したと発表した。

時期 政府持ち株 概要
2009年6月 61.8% GMが破産、495億ドルの融資の対価として株式を保有
2010年10月 約30% GMが再上場に伴い株式の一部を売却
2012年12月 5億10万株 財務省が保有株式5億10万株をすべて放出すると発表
2012年12月末 3億10万株 GMが2億株を財務省から買い取る
2013年1月 財務省が保有株式3億10万株の市場放出を開始
2013年12月 0% 財務省がGM株式の売却を完了した

出所:米財務省2013/12/9 Press Release - Treasury Sells Final Shares of GM Common Stock

 

GM救済のプラス・マイナス
プラス マイナス
(財務省による報告)
・37万人の新規雇用創出
・米国3社の健全化
(GMによる報告)
・2009年に120万人の雇用を維持できた
・2009~2010年に394億ドルの個人所得ならびに社会保障税を確保できた
・総額495億ドルの公的資金を提供したが、回収できた金額は約390億ドルにとどまり、約105億ドルの損失となった


 現在のGMの主要株主は、全米自動車労組(UAW)の退職者向け医療保険基金(VEBA)が9.2%、カナダ政府が7.2%となる。

 

PSAへの資本参加を解消

PSAとの戦略的提携関係の経緯
時期 概要
2012年2月 GMとPSAはグローバル規模で提携することで合意
2012年3月 GMはPSA株式7%を取得
2013年12月 PSAは東風汽車と増資を含む提携拡大協議を進めていることを公表
2013年12月末 GMはPSA株式7%を売却、条件付きで共同購買や相互生産は継続を確認
2014年2月 PSAは東風汽車との提携を発表、東風汽車と仏政府から14%出資を受ける

 

アカーソンCEOが退任し、自動車業界初の女性CEOメアリー・バーラが選任された

 2010年9月1日からGMの再建を担ってきたアカーソン(Dan Akerson)CEOは、GMの業績が回復したこと、財務省によるGM株の放出が終了したことで一区切りがついたとして、2014年1月15日に退任。後任は商品開発・購買・サプライチェーン担当副社長だったメアリー・バーラ(Mary Barra)が選任され、自動車業界初の女性CEOとなった。

 

2013年は最大級の新型車投入、商品力強化でもシェアは伸びず

GMの商品戦略:2013年には18の新型車を投入し、年末までにラインナップの70%を更新
プラス マイナス
・Cadillac CTSが米国カーオブザイヤー
・Corvette Stingrayが北米カーオブザイヤー
・Chevrolet Silveradoが北米トラックオブザイヤー
・Chevrolet Impalaがコンシューマーレポートから大絶賛
(重要なセグメントで、セグメントリーダーを脅かせずマーケットシェアを上げることができなかった)
・Silverado/Sierraはモデル末期のフォードFシリーズに差を広げられた(2012年7.0万台差から、2013年は9.9万台差へ)
・マイナーチェンジしたMalibuはカムリとアコードに歯が立たず(2013年Malibuは20.1万台、カムリ40.8万台、アコード36.7万台)


 2014年も、GMはミッドサイズ・ピックアップのChevrolet Coloradoと GMC Canyonや4車種の大型SUVなど15の新型車を発売する。

 

GMの2013年業績と2014年見通し

 2013年の売上高は前年比2.1%増の1,554.3億ドル、EBITは9.1%増の85.8億ドルと改善したが、純利益は税負担が高くなったために前年比13.6%減の53.5億ドルとなった。利益に関しては北米事業へ依存度が高い。

 2014年の業績は、北米と中国事業の収益が向上し、約11億ドルのリストラコストをカバーして、2013年の業績を小幅ながら上回ると予想している。

 大規模なリコールで、改修に多くの工数がかかることや不具合で死亡・傷害事故も報告され訴訟のリスクもあることから、業績への悪影響が懸念されている。

 

GMの2011-13年決算 (単位:100万ドル)
2011年 2012年 2013年 13/12比
売上高 150,276 152,256 155,427 2.1%
自動車部門 148,869 150,293 152,100 1.2%
 北米(GMNA) 90,233 89,910 95,099 5.8%
 欧州(GME) 26,757 20,689 20,110 -2.8%
 南米(GMSA) 16,877 16,700 16,478 -1.3%
 その他地域(GMIO) 24,761 22,954 20,263 -11.7%
EBIT 8,307 7,859 8,578 9.1%
 北米(GMNA) 7,194 6,470 7,461 15.3%
 欧州(GME) -747 -1,939 -844 ---
 南米(GMSA) -122 457 327 -28.4%
 その他地域(GMIO) 1,897 2,528 1,230 -51.3%
純利益 7,585 6,188 5,346 -13.6%

出所:2014年2月6日付GM発表と2013年2月14日付GM発表より抜粋

 

GMの2011-13年世界販売台数とシェア (単位:1,000台)
地域 2011年 2012年 2013年
販売台数 シェア 販売台数 シェア 販売台数 シェア
北米(GMNA) 2,925 18% 3,019 16.9% 3,234 16.9%
欧州(GME) 1,751 9% 1,611 8.5% 1,557 8.3%
南米(GMSA) 1,066 19% 1,051 18.0% 1,037 17.5%
その他地域(GMIO) 3,281 10% 3,616 9.5% 3,886 9.5%
 うち中国 2,542 n.a. 2,832 n.a. 3,156 n.a.
全世界合計 9,024 12% 9,297 11.5% 9,715 11.5%

出所:2014年2月6日付GM発表より抜粋

 



フォード:「One Ford」戦略で好調を維持

 

「One Ford」戦略が販売増と効率化に貢献  ムラーリー(Alan Mulally)CEOが進めてきたプラットフォームを削減し、グローバル戦略車を世界中に販売する「One Ford」戦略が販売増と効率化に大きく貢献し、好業績を達成した。小排気量ターボのEcoBoostエンジンを多くの車種に設定し、燃費改善でも北米3社の中では一歩先を進んでいる。グローバル戦略車の中でも、特にコンパクト車のFocusは、トヨタのカローラを抜いて世界一の量販車になったとフォードは主張している。
重要セグメント(スーパーゼグメント)に資源を集中し、シェアアップ  フォードは、ディーラーに車を最初に買いに来る顧客の3分の2はFord EscapeとFord Fusionを買うという調査結果に基づいて、コンパクト・カー、ミッドサイズセダン、コンパクトSUVをスーパーセグメント車と位置付け、拡販努力を集中してきた。この結果、Escapeは前年比13.4%増、Fusionは22.4%増を達成した。
 また、大型ピックアップのF-150には、モデル末期であるにもかかわらずCNG車の設定、EcoBoostエンジンの展開、スポーツトラックTremorの投入などの商品施策に加えて、インセンティブなどの販売施策で、大型ピックアップセグメント首位の座を守った。この結果、フォードは米国市場でのマーケットシェアを2013年は15.6%から16.1%へ0.5%ポイント増加することに成功した。
リンカーンの再生は課題のまま  リンカーン再生のため4年間に4車種が投入されるが、その第1弾となったミッドサイズセダンのLincoln MKZは品質問題で立ち上がりが大幅に遅れた結果、年間ではリンカーン全体で0.6%減となってしまった。
 2014年は第2弾となるコンパクトSUVのLincoln MKCが投入されるが、リンカーン再生の救世主役が期待されている。しかしながら、北米以外への販売拡大が遅れている。
2014年、全世界で23の新型車、北米で16の新型車を投入  フォードは、2013年12月12日全世界で23の新型車、北米で16の新型車を投入すると発表した。その中でもフォードの最量販車種F-150が軽量化のためにアルミボディ化されることで、コスト増やディーラーでの修理が懸念されている。

 

フォードの2011-13年決算
2011年 2012年 2013年 13/12比
売上高(10億ドル) 136.3 133.6 146.9 10.0%
自動車部門(10億ドル) 128.2 126.6 139.4 10.1%
 北米 75.0 79.9 88.9 11.3%
 南米 11.0 10.1 10.8 6.9%
 欧州 33.8 26.6 27.9 4.9%
アジア太平洋・アフリカ 8.4 10 11.8 18.0%
税引前利益(100万ドル) 8,681 7,966 8,569 7.6%
自動車部門 6,332 6,256 6,897 10.2%
 北米 6,191 8,343 8,781 5.2%
 南米 861 213 -34 ---
 欧州 -27 -1,753 -1,609 ---
アジア太平洋・アフリカ -92 -77 415 ---
純利益(100万ドル) 20,213 5,665 7,155 26.3%

出所:2014年1月29日付発表より抜粋

フォードの2011年-2013年卸売台数(単位:1,000台)
地域 2011年 2012年 2013年 13/12比
 北米 2,686 2,784 3,088 10.9%
 南米 506 498 538 8.0%
 欧州 1,602 1,353 1,360 0.5%
 アジア太平洋・アフリカ 901 1,033 1,344 30.1%
卸売台数 合計 5,695 5,668 6,330 11.7%

出所:2014年1月29日付発表と2012年アニュアルレポートより抜粋

 

2014年業績見通し

 フォードは、2014年には多くの新型車の市場導入で生産の中断が発生し、ローンチコストがかかるために営業利益率が若干低下し、2013年よりも少し低い70~80億ドルの税引前利益を予想している。

 

 



FCA:フィアットがクライスラーを完全買収

 

フィアットが残り41.5%をVEBAから買い取ることで合意

 フィアットは2014年1月、UAW の退職者向け信託基金 (VEBA)から、クライスラー株の残り41.5%を43.5億ドルで取得した。新設される親会社は、フィアット・クライスラー・オートモビルズ(FCA)で、新会社のFCAはオランダで設立され、納税居住地登録は英国となる。フィアットとクライスラーの統合で、トヨタ、GM、VW、ルノー・日産、現代・起亜、フォードに次ぎ、世界第7位のグローバル企業となる。しかしながら、 フィアットとクライスラーを合わせた2013年の販売台数は約440万台で、トップグループのトヨタ、GM、VWの半分以下、フォードの3分の2の規模にとどまる。

 

フィアットによるクライスラー株式の購入履歴
出資比率 概要
2009年6月 20.0%  Fiat は、小型車・中型車の技術および海外流通網をChryslerと共用することを条件に、20%の株式を取得。
2011年1月 →25.0%  出資比率引き上げの条件(1)が実現:Chrysler のミシガン州 Dundee 工場で、Fiat の 低燃費 エンジン FIRE (米国向け Fiat 500用の 1.4L 直4 Multiair エンジン) の生産開始。
2011年4月 →30.0%  出資比率引き上げの条件(2)が実現:2009年 6月の新会社発足以来、Chryslerの北米以外での売上高が累計 15億ドル。また、ブラジルと欧州での Chrysler車の販売が実現。
2011年5月 →46.0%  Chrysler が米国・カナダ政府からの借款を全額返済した時点で、Fiat がコールオプションを行使し、12.68億ドルで Chryslerの株式 16% を追加取得した。
2011年7月 →53.5%  Fiat は、米国政府が保有していた Chrysler株 6% を 5億ドルで、カナダ政府が保有する 1.5% を 1億2,500万ドルで取得。これで両政府が保有するChrysler株の売却が完了。
 Fiatは、両政府が保有する、UAW 退職者向け信託基金の Chrysler株を購入するオプション (購入権) を7,500万ドルで取得 (米国政府に 6,000万ドル、カナダ政府に 1,500万ドル支払う)。
2012年1月 →58.5%  出資比率引き上げの条件(3)が実現:Alfa Romeo の Giulietta に採用した Fiat の小型車プラットフォームをベースに、小型セダン Dodge Dartを開発し、燃費 (combined) 40mpgを達成。イリノイ州 Belvidere工場で生産する。
2013年9月  残りの41.5%の株式買い取り交渉で譲渡価格が折り合わなかったため、VEBAは譲渡価格を上げることを狙ってクライスラーにIPOを要求し、クライスラーは9月にIPOを申請した。10月以降にIPOの準備を進める中で、クライスラー株の市場価格がほぼ判明した。
2014年1月 →100.0%  FiatとVERAが株式買い取り交渉で合意、総額43.5憶ドルがVEBAに支払われることになった。IPOは中止。フィアットは1月29日取締役会で、親会社の社名FCAと登録地オランダ、納税居住地英国を決定。

出所:Fiat Q4 & FY 2011 Results Review, Fiat Press Release 2011.1.21/2011.4.21, Chrysler Press Release 2012.1.5
Chrysler Release 2014.1.2, 2014.1.29

 

2013年業績と2014年見通し:北米は好業績だが、欧州は赤字

 2013年の出荷台数は欧州で3.3%減、南米で3.0%減となったが、北米で5.8%増となってカバーし、グループ全体では2.9%増となった。米国では全需が7.6%伸びて好調だったが、クライスラーは9.0%増となってマーケットシェアを11.5%から11.6%へ0.1%ポイント向上させた。

 2013年夏にはコンパクトSUVのJeep Cherokeeが販売開始となるはずだったのが、品質問題で出荷が遅れて10月末まで販売できなかったマイナス要因があったものの、ラム・ピックアップ(21.2%増)、フルサイズSUVのダッジ・デュランゴ(42.6%増)、ジープ・グランドチェロキー(12.6%増)などピックアップとSUVの販売が好調だった。9速ATの投入やターボディーゼルの投入で他社に先行した。

 フィアット・クライスラーの2013年の最終損益は19.5億ユーロの黒字だが、フィアットだけでは9.1億ユーロの赤字であった。地域別売上高では、北米は前年比5.2%増、アジア太平洋地域は中国での販売が本格化し始め47.7%増とプラスを計上しているが、欧州は2.1%減、南米が9.8%減となっている。高級車部門(フェラーリ、マセラティ)の売上高は31.4%増と好調。

 2014年の財務目標としては、売上高約930億ユーロ(7%増)、営業利益36~40億ユーロ、純利益6~8億ユーロを目標としている。FCAの大きな事業課題は米国と中国での拡販。2014年は米国乗用車市場の最大セグメントで競争の厳しいミッドサイズセダンに、クライスラー200の新型車を投入して、カムリやアコードに挑戦する。このほか、進出が遅れていた中国でのジープ・チェロキーの生産認可がおりる見込みで2014年末から生産が開始になる。

 

フィアットグループ 2013年決算 (単位:百万ユーロ)
2011年
6月連結
2011年
1月連結*
2012年 2013年 13/12比
売上高 59,559 74,949 83,957 86,816 3.4%
営業利益 2,392 3,232 3,541 3,394 -4.2%
純利益 1,651 --- 896 1,951 117.7%

出所: Fiat Chrysler 広報資料
*2011年1月連結はクライスラーが1月から連結と仮定した比較のための試算値、実際は6月1日以降に連結

 

地域・部門別売上(単位:百万ユーロ)
地域・部門別 2011年
6月連結
2011年
1月連結*
2012年 2013年 13/12比
北米 19,830 33,800 43,521 45,777 5.2%
欧州 19,591 20,078 17,800 17,420 -2.1%
南米 10,562 11,068 11,062 9,973 -9.8%
アジア太平洋 1,513 2,086 3,128 4,621 47.7%
高級車部門 2,686 2,699 2,898 3,809 31.4%
部品部門 5,489 8,122 8,030 8,080 0.6%
その他 617 1068 979 929 -5.1%
調整   -3,972 -3,461 -3,793 N/C
合計 60,288 74,949 83,957 86,816 3.4%

出所: Fiat Chrysler 広報資料
*2011年1月連結はクライスラーが1月から連結と仮定した比較のための試算値、実際は6月1日以降に連結

 

地域・部門別EBIT(単位:百万ユーロ)
地域・部門別 2011年
6月連結
2011年
1月連結*
2012年 2013年 13/12比
北米 1,087 1,770 2,491 2,290 -8.1%
欧州 -941 -897 -737 -520 -29.4%
南米 1,331 1,385 1,025 492 -52.0%
アジア太平洋 63 119 255 318 24.7%
高級車部門 358 358 392 470 19.9%
部品部門 -110 -110 165 146 -11.5%
その他 -108 -108 -149 -167 12.1%
調整 1787 1,788 -38 -57 50.0%
合計 3,467 4,305 3,404 2,972 -12.7%

出所: Fiat Chrysler 広報資料
*2011年1月連結はクライスラーが1月から連結と仮定した比較のための試算値、実際は6月1日以降に連結

 

地域別出荷台数(単位:千台)
地域別 2011年
6月連結
2011年
1月連結
2012年 2013年 13/12比
北米 1,033 1,783 2,115 2,238 5.8%
欧州 1,166 1,180 1,012 979 -3.3%
南米 910 929 979 950 -3.0%
アジア太平洋 53 74 103 163 58.3%
合計 1,855 3,966 4,209 4,330 2.9%

出所: Fiat Chrysler 広報資料
※高級車部門(フェラーリ、マセラティ)の出荷台数は含まない。
*2011年1月連結はクライスラーが1月から連結と仮定した比較のための試算値、実際は6月1日以降に連結

                     <自動車産業ポータル、マークラインズ>