現代グループの中国事業: 2015年年産体制は乗用車 190万台強、商用車市場へ参入し30万台へ

北京現代は 新型ハイエンド車を強化、東風悦達起亜は SUV/スポーツセダンに注力

2011/06/27

要 約

 現代自動車グループの2010年販売実績は 570万台 (前年比19.8%増) で世界 5位に躍進した。うち、中国における乗用車販売台数は109.3万台 (内、輸入販売5.7万台) とグループ全体の約19%を占め、グループの成長に大きく寄与した。

 中国乗用車事業はここ数年急激に伸長しており、2009年の中国現地生産車販売は 81.2万台と前年比 86%の増加、2010年は生産能力不足に影響されたものの 103.6万台と前年比 27.6%増加した。今後の販売計画は、2011年 115万台、2015年には少なくとも 200万台を超える見込み。一方、生産能力は2011年6月時点で103万台、2012年163万台、2015年までには193万台規模まで整備する計画であるが、当分の間は生産能力が不足すると推定される。

 また、商用車では、中国政府が推進する西部地域開発政策での需要拡大を見込み、四川南駿汽車と提携し、商用車市場に本格的に参入する。


 以下は、中国における現代自動車グループの最新動向である。

現代自動車グループの中国事業計画の概要

  北京現代汽車有限公司
(Beijing Hyundai Motor Co., Ltd.)
東風悦達起亜汽車有限公司
(Dongfeng Yueda Kia Motors Co., Ltd.)
事業方針  中国乗用車メーカーの中で、2011年に製品品質はトップ 3入り、2014年に製品ブランドイメージは業界トップ 5入りを目指す (北京現代汽車 "GQ-3.3.5.5"自社品質改良戦略より)  2011年、販売台数で中国乗用車メーカートップ 10入りを目指す 北京現代汽車と差別化を図り、若者向け SUV/スポーツセダン等に注力、小型車の投入を拡大していく
 2015年までに、乗用車5工場体制を構築、売上高利益率は 10%超 (新エネルギー車を含めて、全車種の営業利益を黒字化)
 2015年までに中国現地生産車ラインアップを約 20車種まで拡大、HEV を含む新型ハイエンド車種投入を強化
販売目標  2011年は 72万台 (内、中高級車 25.2万台/全体の 35%)  2011年は 43万台
 2015年は 120~150万台 (中国乗用車シェア 7%超)  2012年までに 73万台
生産体制  2010年末の 60万台から、2012年7月 90万台、2015年までに 120万台超、2016年以降 160万台  2010年末の 43万台から、2012年末 73万台
販売体制  「4S」 販売代理店は、2009年10月 約400店舗 (他にサテライト販売代理店 110店舗、サービス店舗 130店舗)、2010年末 420店舗 (他にサテライト販売代理店 180店舗)、2011年末 520店舗 (他にサテライト販売代理店 200店舗)  「4S」 販売代理店は、2009年末 290店舗、2010年末 359店舗、2011年末までに 440店舗超
 「4S」 販売代理店における新しいコーポレート・アイデンティティー (CI ) 活動を推進 中小都市での販売店拡大、中部・西部地域で集中的に新店舗を建設、小型車で顧客を増やし、ブランド知名度向上を図る

出典: 北京現代汽車第 12次 5カ年計画 (2011~2015年)等より
(注) 「4S」は、Sale (販売),Sparepart (部品・備品供給), Service (アフターサービス), Survey (情報フィードバック)の頭文字で、その機能を持つ販売代理店を「4S」販売代理店をいう。