カーシェアリングに関する技術動向

日産、Ford、トヨタのカーシェアに関する近年の特許出願傾向

2019/04/03

要約

  本レポートは、トヨタテクニカルディベロップメント株式会社(TTDC)が提供している「技術情報配信サービス-swimy」の特許情報をもとに、昨今の自動車業界を取り巻く技術トピックスに関するレポートをMarkLinesが作成した。TTDCは、知的財産(IP)事業と計測制御事業を展開。知的財産(IP)事業では世界の自動車開発に関する情報収集と解析を行い、研究企画のコンサルティングをはじめ、外国語特許の出願や技術翻訳を実施している。

  本稿では近年、話題となっているモビリティサービスの一つである配車アプリサービスなどのライドシェア、車を共同利用するカーシェア、従来からあるカーシェアの一形態であるレンタカーに関して、各社の技術開発への取り組み状況について示す。

  カーシェアの特許出願は2011年から2017年の間の近年においては増加傾向にある。日産自動車、Ford、トヨタ自動車、GM、パーク二四、NINGBO SHAREN GO ELECTRIC VEHICLE SERVICE、デンソー、BEIJING DIDI INFINITY TECHNOLOGY & DEVELOPMENT、日本総合研究所、ELECTRONICS & TELECOMMUNICATIONS RESEARCH INSTITUTEなどの出願件数が多く、日産自動車は2011年から2017年の間において継続的に出願を行っている。また、日産自動車では「共用車両管理」に関する開発アイテムの出願件数が多く、Fordでは「RIDE-SHARING LONG-TERM RIDE-SHARE GROUPS」に関する開発アイテムの出願件数が多い。


トヨタテクニカルディベロップメント株式会社
技術情報配信サービス-swimy URL:https://thinktank.toyota-td.jp/