中国市場2018年上半期:販売台数1,400万台超、伸び率5%

吉利(Geely)グループが大幅増、NEVは倍増の41.2万台

2018/08/15

要約

中国自動車販売台数の増減率

  2018年上半期(1-6月) の中国市場の新車販売台数は、1,406.3万台(工場出荷台数ベース、輸出を含む、以下同様)で、前年同期比5.3%増となった。伸び率は2017年上半期の4.3%から回復した。

  グループ別販売台数では、上海汽車グループが引き続き販売台数を伸ばし、市場シェア24.9%を占める。1位から5位までの企業グループのうち、4位の長安汽車グループ以外は前年同期比増と堅調。長安汽車グループと5位の北京汽車グループとの販売台数は僅差で市場シェアはともに8.6%となった。

  車型別では、中国で人気のSUVの伸び率が下がったものの、販売台数は9.7%増の496.5万台となった。一方、近年減少傾向にあった基本型乗用車(セダン・ハッチバック)の販売台数は前年同期比5.5%増の569.4万台、商用車は前年同期比8.8%増の228.5万台と引き続き上昇した。

  中国系メーカーの2018年上半期の乗用車販売台数は、前年同期比3.4%増の507.5万台となったが、市場シェアは43.1%に下がった。自主ブランド車の販売が好調な吉利(Geely)グループは、2017年上半期の58.9万台から今期は83.3万台と大幅に販売台数を伸ばし、3位以下を大幅に引き離した。2017年にTHAADの影響を受け販売台数が減少した韓国系メーカーは、前年同期比28.2%増の55.2万台と回復傾向にあるものの、2011年上半期と同水準にとどまった。

  2018年上半期の新エネルギー車(NEV:New Energy Vehicle)の販売台数は41.2万台。内訳は、EVが31.3万台、PHVが9.9万台。EVの販売台数は前年同期比約95.6%増、PHVは182.9%増となった。

 


*本文中の販売台数は、MarkLinesデータベースより算出


関連レポート:

2018年中国市場予測は2,998万台、メーカー各社は慎重な計画(2018年3月)
2017年中国市場:3%増の2,887.9万台、SUVは1,000万台超(2018年2月)