FCA:2017年はJeepとAlfa Romeoの世界展開等で増収増益の見込み

北米ではSUV・ピックアップを増産、自動運転でBMW、Intel、Mobileyeと提携

2017/11/24

概要

FCA Group の連結業績
Jeep Compass
Jeep Compass
ブラジル、中国、メキシコ、インドで生産し、100カ国以上で販売する
5カ年計画を遂行

  FCA Groupは、「2014-2018年 5カ年計画」を引き続き実施しており、2016年にはFerrariを分離してグループの財務状況を改善。2017年には、Jeep車とAlfa Romeo車の世界展開や南米市場の回復により、さらに業績が改善している。2017年通年の売上高は前年比3.6-8.1%増の1,150億-1,200億ユーロ、特別損益を除いた調整後EBIT(金利税前利益)は前年比15.6%増の70億ユーロ以上の見込み。

2018年には新型Ram 1500、新型Dodge Journeyを投入へ

  2017年には、Alfa Romeoブランド初のSUVであるStelvioのほか、コンパクトSUVの新型Jeep Wranglerを投入。南米市場には小型ハッチバックのFiat Argoを投入した。2018年には、ピックアップトラックの新型Ram 1500、中型SUVの新型Dodge Journey、2019年にはJeepの新たな旗艦モデルとなるフルサイズSUVのWagoneer/Grand Wagoneerに加え、Jeep Wranglerをベースとしたピックアップ等の投入が計画されている。

北米工場ではSUV・ピックアップの生産拡大へ

  米国の生産拠点では、SUV・ピックアップトラックへの需要のシフトに対応するため、工場の設備改修を行っている。乗用車のDodge DartとChrysler 200の生産を2016年中に終了し、収益性の高いJeepのSUVとRamのピックアップの生産へ移行を進めている。

自動運転車開発で提携拡大

  FCAは、自動運転技術を進化させるには自動車メーカー、技術プロバイダー、サプライヤーが協力することが不可欠だとして、2017年8月にBMW、Intel、Mobileyeによる自動運転プラットフォームの共同開発に参加を表明した。2016年5月には、Google傘下の自動運転開発会社Waymoとも提携しており、PHVのミニバンであるChrysler Pacifica Hybridを自動運転テスト用に提供している。



関連レポート:

デトロイトモーターショー2017(1):米国メーカーの展示取材 (2017年2月)
FCA:2016年は利幅の大きいSUV等の拡販で大幅増益の見込み (2016年12月)
米国の新型車装備:歩行者対応自動ブレーキ、スマホ連携機能の設定拡大 (2016年8月)
フィアット・クライスラーの新5カ年計画:2018年に世界販売700万台へ (2014年5月)