SAE 2016 World Congress:トヨタ、現代自、Ford、ホンダ、FCAの出展

新型低燃費/高性能エンジン、HV/PHV用パワートレインを展示

2016/05/20

要 約

SAE 2016 World Congressにおけるヨタ・アイシン合同展示

SAE 2016 World Congressにおける
ヨタ・アイシン合同展示

 SAE 2016 World Congressは、米国ミシガン州デトロイトで2016年4月12日から14日まで開催された。今回のSAEショーのテーマは “Powering Possibilities”。このテーマは、自動車産業における新技術の可能性の探求を指すと同時に、自動車産業の進展には革新技術が必要であることを示している。おそらくこのような革新技術を示す分野の一つとして、SAEショーに参加した自動車メーカーは、様々なパワートレインおよびパワートレインを支える技術を紹介していた。参加自動車メーカー全5社は、1台または複数の環境対応車を出展。トヨタ、ホンダ、Ford、現代自/起亜自は各社の展示場に多様なエンジンを展示し、性能と効率性の進歩を紹介した。


 本レポートは、SAE 2016 World Congressに参加した自動車メーカーの展示概要を紹介する。今回のSAEに参加した自動車メーカーは、トヨタ、ホンダ、Ford、現代自/起亜自、FCAの5社である。