インド(下):タタは乗用車事業を立て直し、近くコンパクト車ZICAを投入

マヒンドラは小型SUV 3車種を投入、商用車をフルラインアップ化

2016/01/21

要 約

ZICA
Tata Motors乗用車事業再建の起爆剤として期待される
Tata ZICA(写真:Tata Motors)

 本レポート「インド(下)」では、地元資本のタタモーターズ(Tata Motors)とマヒンドラ・アンド・マヒンドラ(Mahindra & Mahindra、以下M&M)の動向について報告する。

 Tata Motorsのインドでの販売台数は、2011-12年度(2011年4月~2012年3月)の84.5万台から2014-15年度の3年間に45.2万台に減少した。乗用車(Passenger Vehicles)は5割以上の減少、商用車(Commercial Vehicles)も首位を維持してはいるが、販売台数が4割近く減少しシェアを落としている。

 Tata Motorsは、商用車での首位を維持するとともに、Horizonext計画に基づき乗用車事業を抜本的に強化する方針。近く、「Tataにとってこれまでで最も重要な乗用車モデル」とされるコンパクトハッチバック車ZICAを発売する。

 M&Mは、UV(Utility Vehicles)でシェアトップだが、競合車の参入によりシェアを落としている。競争力強化のため、2015-16年度にSUV 3車種を投入した。特に、M&MのSUV初のガソリンエンジンも搭載するKUV100は、M&Mの新たな顧客層を開拓すると期待されている。

 商用車については、M&Mは、2015年4~12月にLCVs分野でTataを抜いてシェアトップとなった。さらにM&Mのラインアップに欠けているGVW 9~16tクラスを開発し、2年以内にGVW 3.5~49tのフルラインアップで商用車を展開すると2015年8月に発表した。


(注)現地価格の日本円換算値は、1ルピー=1.8円で計算した。


関連レポート:
インド(上):自動車産業を10年間で4倍にする構想(2015年12月)
インド(中):スズキは25万台の新工場建設、上級車販売チャネルを開設(2016年1月)