マツダ、富士重、三菱自がSUVコンセプトを出展:東京モーターショー2015から

ダイハツは生活に寄り添う軽自動車を提案

2015/11/20

要 約

 本レポートは、東京モーターショー2015での、日本自動車メーカー4社、マツダ、富士重、三菱自およびダイハツの出展概要を報告する。

 マツダは、ロータリースポーツコンセプト「Mazda RX-VISION」を、いつかは実現したい夢として世界初公開した。また新しいクロスオーバーコンセプトカー「マツダ 越 KOERU」を、「既存の概念や枠組みを超える価値を提供したい」との思いを込めて新提案した。

 富士重は、高度な予防安全に加え、高速道路上における全車速での自動運転と自動駐車を実現するSUBARU VIZIV FUTURE CONCEPTを出展。SUVタイプのコンセプトカーで、パワートレインは、後輪をモーターで駆動するハイブリッドAWDを採用。

 三菱自動車は、電気自動車コンパクトSUV「eX concept」を出展した。三菱自の電動化技術、四輪制御技術、さらに自動車専用道路での自動運転技術も織り込んだ。

 富士重と三菱自は、ともに2020年をめどに高速道路での自動運転を実用化する計画。

 ダイハツは、本モーターショーのテーマを、「"Possible"明日の[できる]を、ダイハツと」とし、生活の中に生きる軽自動車として、「NORI ORI」「TEMPO」「HINATA」のコンセプトカーを出展し、また内燃機関改善による次世代環境車のイメージを「D-base concept」で表現した。

東京モーターショー2015取材レポート

4代目プリウス搭載部品:デンソー、アイシングループ、豊田自動織機、トヨタ紡織、小糸製作所
・新型プリウスとマツダロータリー:プリウスの進化、マツダのこだわり
東京モーターショー2015:トヨタと日産の出展取材
ホンダの新FCVクラリティと新型NSX、スズキのイグニス、バレーノなど