フランクフルト モーターショー 2015 (3) :トヨタ、日産、マツダ、現代自などの展示取材

4代目プリウスがモーターショー初公開、マツダのコンセプトカー「越 KOERU」が人気

2015/10/16

要 約

トヨタプリウス
マツダ越(KOERU)

 フランクフルト モーターショー2015取材レポートの最後となる3本目は日韓メーカーを取り上げる。

 トヨタは、今回がモーターショーでの世界初披露となる、4代目プリウスを出展。技術詳細は会場では公表されていなかったが、10月に入ってから発表があり、その内容も織り込みレポートする。
 また、同社はコンパクトクロスオーバーSUVであるC-HR Conceptの5ドアバージョンも初披露。2016年のジュネーブショーで市販モデルを公開予定。

 日産は、新たなクロスオーバーコンセプトGRIPZを初披露。パワートレインは、シリーズハイブリッド方式を採用。また、Daimlerとの提携に関係した、1トンピックアップNP300と、Infinitiブランド初のコンパクトモデルQ30も出展。

 マツダは、新たなセグメントの確立を目指すクロスオーバーコンセプト「越 KOERU」を初披露。そのスタイルは、欧州のプレス陣からも人気を得ていた。
 ホンダは二輪車と四輪車をイメージしたコンセプトカーHonda Project 2&4 powered by RC213Vを、スズキは新型コンパクトカーBalenoを初披露した。

 韓国ブランドでは、現代、起亜、双竜の3ブランドが出展。現代ブランドは高性能車サブブランド「N」を発表し、高級クーペのコンセプトVision G Coupe Conceptも披露。

フランクフルトモーターショー2015 取材レポート
(1):Daimler、BMW、VWの展示取材
(2):欧州・米国メーカーの展示取材