フランクフルト モーターショー 2015 (2):欧州・米国メーカーの展示取材

PSAが小型EVロードスターを、Renaultが新プラットフォーム採用のMeganeを披露

2015/10/09

要 約

Peugeotのブースの様子

 フランクフルト モーターショー2015取材レポートの2本目は、欧州メーカーのPSA、Renault、FCA、Jaguar、米国メーカーGM傘下のOpelブランドと、Fordを取り上げる。 3本目のレポートは日韓メーカーの予定。

 PSAは、傘下のPeugeot、Citroen、DSの3ブランドで出展。PeugeotブランドではFRACTALと呼ぶEVロードスターを出展。Citroenブランドではマリンスポーツでの利用をイメージしたコンセプトカーCactus M conceptを、また、DSブランドではクロスオーバースタイルの新車種DS4 Crossbackを初披露。

 Renaultは、Renault-日産のモジュール型プラットフォームCMF-C/Dを採用した、Cセグメントのハッチバック MeganeとDセグメントのワゴン Talisman Estateを出展。

 Fiat Chrysler Automobiles (FCA) は、Alfa Romeoブランドでは4ドアスポーツセダン Giuliaを本モーターショーで初披露し、注目を集めていた。また、Jaguarは、ブランド初のクロスオーバーSUV F-PACEを展示。

 GMは、傘下のOpelブランドで、現行モデルより最大200kgも軽量化した、新型Astra Sports Tourerを初披露。Fordは、欧州でSUV販売の強化を狙い、中型SUV Edgeを欧州市場に投入し、2016年にSUVモデルの欧州販売を2013年の約3倍の20万台とする計画。

関連レポート
フランクフルト モーターショー 2015 (1):Daimler、BMW、VWの展示取材