最新のヘッドアップディスプレイ/ライティング技術

人とくるまのテクノロジー展2015から:カルソニックカンセイ、日本精機、三菱電機、矢崎総業、小糸製作所、市光工業、Hella

2015/06/29

要 約

 2015年5月20~22日に開催された「人とくるまのテクノロジー展2015(公益社団法人 自動車技術会主催)」では、ヘッドアップディスプレイ(HUD)の展示が注目を集めていた。カルソニックカンセイは、HUDを搭載したコックピットモジュールのコンセプトを展示。日本精機は2画面HUDを、三菱電機はレーザー方式/液晶方式の2つの方法によるHUD技術を、矢崎総業は開発中の次世代HUDの展示を行った。

 ランプメーカー各社はそれぞれの最新技術をアピール。小糸製作所はレーザー/有機ELを使ったランプコンセプトを、市光工業は最新のヘッドランプシステムと汎用型LEDユニットを、HellaはAudi A7に採用されているマトリックスヘッドライトを展示した。
 また、Continentalは次世代コンビメーターを、Valeoはサイドミラーに代わるカメラモニタリングシステムを出展。

 本レポートでは、これらのサプライヤーの展示概要をまとめる。


関連レポート:2015年人とくるまのテクノロジー展 取材レポート

Post 2025年の乗用車用パワートレーンの主流は?
   「日本メーカー編」「欧州動向編」
・トヨタとホンダが直噴ターボエンジンを出展
・日本メーカーの最新パワートレーン技術
・マツダデミオの最新車体技術
・自動車メーカーの安全装備と自動運転の出展
・部品メーカーの出展(中)最新の自動運転/ADAS技術
・部品メーカーの出展(上)トヨタミライ搭載部品