車載インフォテインメントによるユーザー体験の進化

ユーザーとの対話方法とインフォテインメントシステムの改善点:TU-Automotive Detroit 2015より

2015/07/09

要 約

TU-Automotive Detroit exhibition floor
TU-Automotive Detroit展示会場

 TU-Automotive Detroit 2015展示会は、2015年6月3日・4日に米国ミシガン州Noviで開催された。2日間の会期中、3,000人以上が来場。展示会と討論セッションでは、テレマティクス、モビリティ、自動運転車という3つの主要テーマが取り上げられた。技術の進歩により、顧客は高機能のインフォテインメントシステムを利用できるようになった。そのため、このようなインフォテインメントシステムとユーザーの対話をテーマとして、複数のセッションで討論が行われた。


 本レポートは、インフォテインメントシステムに関するユーザー体験の進化について考察する。本稿で取り上げたのは、

・システムを必要以上に複雑なものにする業界の傾向、
・すぐれたインターフェースを構成する特性、
・サービスを向上させるための基本概念

等の問題である。


 本レポートは、TU-Automotive Detroitの討論セッションについて報告する3本のレポートのうちの3本目である。1本目は、TU-Automotive Detroitで提示された自動運転車に関する考察や概念の概要を紹介した。2本目は、テレマティクスサービスが企業・顧客・社会に対して提供することが可能な便益を取り上げたものである。


関連レポート:TU-Automotive Detroit 2015
•自動運転技術実現への社会的な課題と、ドライバーの関与のありかた

•自動車のコネクティビティ技術が提供する新たな収益源と利便性: 企業・個人・社会を潤すコネクティッドシステムの潜在能力