VW Polo 分解調査 (上)

サプライヤーリストとエンジンルーム、運転席周りの分解

2014/11/28

要 約

VW Polo
分解中のVW Polo
*写真はクリックすると拡大されます

 VW Poloの車両分解見学会が、2014年11月5日と6日の2日間開催された。公益財団法人埼玉県産業振興公社 次世代自動車支援センター埼玉と、一般社団法人日本自動車部品工業会の共催で、分解作業は埼玉自動車大学校内整備工場において行われた。2014年11月19日には、埼玉県産業技術総合センターにて分解部品の一般公開が行われた。

 今回分解されたPoloは、日本では販売されていない1.2Lディーゼルエンジンを搭載した英国仕様の2012年モデル。
 PoloはBセグメントの中でも小さいサイズであるにも関わらず、優れた快適性(性能、広さ)を高く評価され、それを理由にヨーロッパカーオブザイヤー を2010年に受賞している。その他に、同年の世界カーオブザイヤー、日本インポートカーオブザイヤー、RJCインポートカーオブザイヤーを受賞している。
 今回のレポートは、その快適 性を着眼点としたエンジンルーム/運転席周りの構造と、主要部品のサプライヤーリストを紹介する。

 分解作業は、初日にエンジンおよびトランスミッションの取り外しを、2日目は主に取り外したエンジンの分解が行われた。見学会後は、内装部品などの分解が行われ、その後の部品展示会で展示された。また、Poloに搭載されている1.2Lガソリンエンジン(2011年製造)の分解部品の展示も同時に行われた。


過去の分解レポート:

日産 ノート (2014年9月掲載)
  (上):主要安全技術と先進運転支援システム
  (下):スーパーチャージャーを採用したドライブユニット

ホンダ アコードハイブリッド (2014年2月掲載)
  (上):PCUとシャシ関連部品
  (中):電池関連部品と電動サーボブレーキシステム
  (下):ドライブユニット

ホンダ フィットハイブリッド (2013年12月掲載)
  (1) 電池関連部品と電動サーボブレーキシステム
  (2) エンジンとモーター内蔵7速デュアルクラッチトランスミッション

トヨタ アクア (2012年11月掲載)
  (1) 主要部品サプライヤーと電池関連部品
  (2) 燃費35.4km/Lを達成したハイブリッドシステム

日産 リーフ
  (1) 分解調査(2012年2月掲載)
  (2) 主要部品の分解展示報告 (2012年9月掲載)
  (3) カットボディーの展示取材報告(2012年11月掲載)

トヨタ プリウス (2010年3月掲載)
  プリウスの分解実験