中国の日系部品メーカー(上):華東・華中地域の動向

自動車販売・生産拡大に対応し、部品の増産や生産体制整備を実施

2014/03/03

要 約

 2013年の中国での自動車生産台数は2,211万台(前年比14.8%増)と、9年間連続で成長を続けている。また、自動車販売も2,169万台と過去最高となり、2014年の販売については前年比8~10%増の2,374万~2,418万台と見通しが示されている(2014年1月下旬、中国汽車工業協会 (CAAM)発表)。

 日系自動車メーカーも、2014年はそれぞれ、トヨタは前年比20%増の110万台、日産は11%増の140万台、ホンダは約18%増の90万台超を計画しており、販売拡大を狙う。
 日系自動車部品メーカーは、この需要増に対応するため、中国事業の拡大や生産能力の強化を行っている。

本レポートは、中国における日系部品メーカーの、華東、華中地域の事業動向をまとめた(2013年7月から2014年2月下旬までの約8ヵ月間を収録)。

華南・東北地域などは別途レポートで報告する。

 日系部品メーカー動向関連レポート:
・中南米の日系部品メーカー(下) (2014年2月)
・中南米の日系サプライヤー(上) (2014年2月)
・タイ編(上) (2014年1月)

・タイ編(下) (2014年1月)
・ASEAN編 (2013 年11月)
・欧州編 (2013年10月)
・インド編 (2013年8月)
・中国 (華北/東北/西南地域) 編 (2013年8月)
・中国 (華南/華中地域) 編 (2013年7月)
・中国 (華東地域) 編 (2013年6月)
・米国編 (2013年7月)

華東周辺地図
華東周辺地図
華中周辺地図
華中周辺地図