第4回 クルマの軽量化技術展取材報告 (1)

高張力鋼板と軽金属の利用、3Dプリンター

2014/02/13

要 約

ホンダFitのホワイトボディ
エイチワンが展示した、ホンダFitのホワイトボディ

 第4回 クルマの軽量化技術展が、2014年1月15日-17日にかけて東京ビッグサイトでオートモーティブ ワールド 2014の一環として開催された。会場は昨年開催時より来展者が多く、盛り上がりが感じらた。特に、会場入り口付近に設けられていた樹脂関連のブースでは非常に多くの人が集まっていた。

 本レポートでは、超高張力鋼板を使ったフレーム部品などを展示したエイチワンとArcelorMittalの展示、をまず取り上げる。また、マグネシウム、アルミニウムなどの軽量な金属に関する展示と、3Dデータによる積層造形法(3Dプリンター)を中心に報告する。

 第2回目として、樹脂化による軽量化について近く報告する予定。

関連レポート:
第5回 EV・HEV 駆動システム技術展 取材報告(2014年1月)

2013年の展示報告
第3回クルマの軽量化技術展取材報告
(1):積層造形法と軽量金属(2):樹脂化による軽量化