トヨタ:TNGAの導入で商品力の向上と原価低減を同時に達成

2015年にTNGA一号車次期型Priusを導入、パワートレインも標準化

2014/01/09

要 約

 本レポートは、トヨタの商品開発戦略TNGA(Toyota New Global Architecture)の推進について報告する。

 トヨタは、2013年にダイハツ・日野を含むグループで、世界の自動車メーカーで始めて1,000万台を生産・販売する規模に達したが、ただ量を追うのではなく、常によりよい車を顧客に届け、持続的な成長を目指すと繰り返し強調している。TNGAの導入により、商品力の飛躍的向上と原価低減を同時に推進する計画。

関連レポート:トヨタ:2013年度に経済危機前の最高利益水準へ回復(2013年11月掲載)