ITS世界会議東京2013:トヨタ・ホンダ・日産の自動運転技術展示

富士重工は次世代アイサイトの詳細を披露

2013/10/31

要 約


ホンダの自動運転デモンストレーションの様子(音声案内あり)
(撮影:MarkLines取材班)

 第20回 ITS世界会議 東京2013が2013年10月14日から18日にかけて開催された。主会場の東京ビックサイトでは様々なシンポジウム・研究発表の他、展示会・デモンストレーションが行われた。本レポートでは、日本の自動車メーカーの展示・デモンストレーションを報告する。

 注目を集めていたのは、いわゆる「自動運転」に関する展示。トヨタは、車車間通信利用レーダークルーズコントロールと新たに開発したレーントレースコントロールからなる高度運転支援システムを搭載した車両を用意して、首都高速道路で実演。実演中にシステムを作動させた場合は、高速道路の急カーブ部でも運転手の操縦なしに走行できることを示した。

 ホンダは、会場の駐車場に特設コースを設けて、自動運転と自動駐車システムを紹介。インフラ・車両間の協調によって、車載側では安価な装置を既存車両に追加することで、自動運転が実演できることを示した。

 日産はEVリーフを改造した自動運転実験車を展示。富士重工は、日本で自動ブレーキ装備が注目されるきっかけとなった、アイサイトの次世代モデル(2014年に投入予定)の詳細を展示した。

 取材した複数の自動車メーカーの担当者は、「自動運転」を実現していくためには「詳細な地図情報が必要」と口をそろえていた。

 
関連レポート
自動運転の現状と将来:ITS世界会議を取材して 急速に高まる期待と自動車・部品メーカーの思惑(2013年10月)
ITS:交通情報提供システムの普及と運転支援システムの実用化 (2013年4月)