富士重工:2012年度の販売台数、売上高、各段階の利益が過去最高

国内の登録車販売が7年ぶりに10万台、米国販売は5年連続で前年超え

2013/03/28

要 約

 主要地域別連結販売計画富士重工の2012年度連結販売台数予想は72.2万台、売上高は1兆8,900億円、営業利益1,070億円、純利益760億円で、いずれも過去最高となる見込み。

 富士重工は、2008年4月にトヨタ・ダイハツとの開発・生産での提携を拡大し、順次軽自動車の開発・生産から撤退し(2012年2月で全ての軽自動車の生産を終了)、BOXER(水平対向)エンジン、四輪駆動、衝突回避技術 "EyeSight"など独自の技術を活かし、付加価値の高い小・中型乗用車の開発と生産に集中する体制とした。

 その結果、2012年にはBRZ、Legacy大幅改良車、新型Impreza XV、新型Foresterなどの有力新型車を相次いで発売し、国内で販売する登録車は、2005年以来7年ぶりに10万台を超え(10.8万台)、また初めて軽自動車販売(7.0万台)を上回った。利益率の高い商品が売れ、工場の稼働率も高いことが、利益の順調な拡大にも繋がっているとしている。

 米国をメインターゲットとする商品開発が実を結び、米国販売は5年連続で増加し2012年は33.6万台、2013年には36.5万台販売を見込む。

 中国では、計画していた現地生産は2015年度までの実現が困難な状況だが、販売体制を強化し輸入車を拡販して、2015年度10万台販売を目指している。

 富士重工は2011~2015年度中期経営計画 "Motion-V"を進めており、2015年度に世界85万台販売を目指している。今後の販売拡大は、北米、中国、その他地域(ロシアや東南アジアなど)で計画している。

2011~2015年度中期経営計画"Motion-V"の進捗状況

収益目標  2015年度:連結営業利益 1,200億円、連結営業利益率 6%レベル
2015年度
連結販売計画
当初計画  世界で90万台(うち米国で35万台、中国で18万台)
2012年5月
に修正
 中期経営計画期間中の中国現地生産が困難になったため(2013年中に年産5万台で生産を開始し、2015年に15万台生産する計画であった)、世界で85万台(北米41万台(うち米国38万台)、中国10万台、出荷ベースでOEM・CKD込み)に再設定した。

富士重工の地域別連結販売台数

(1,000台)
2008年度 2009年度 2010年度 2011年度 2012年度
実績・見込
2015年度
計画
北米 207.1 249.8 307.1 308.6 389.8 410
中国 26.2 48.9 62.4 48.3 50.2 100
日本
欧州
オーストラリア
178.8
56.8
36.7
171.3
37.3
35.0
158.1
48.2
41.2
172.3
39.1
36.9
159.6
47.1
38.7
日欧豪3地域小計 272.3 243.6 247.5 248.3 245.4 270
その他 49.7 20.5 40.0 34.6 36.8 70
合計 555.3 562.8 657.0 639.9 722.3 850
資料:富士重工の決算発表資料から作成
(注) 1. ロシアはその他地域に含む。
2. 北米は、上記の計画(2015年度41.0万台)以上に拡大するとされている。


関連レポート: 2012年の軽自動車市場は200万台水準、乗用車でのシェアは34%(2012年11月掲載)